« 輪行バックの使い方 | トップページ | 大井埠頭50キロでへろへろ »

2006年4月23日 (日)

2時間ジャスト迷走自転車ポタリング

今日は、自転車日和といいっていい、あたたかい、いい天気。

前日、2:30までえんえんと飲んでいたので、起きたらいい時間。
スロースターターになってしまった。

せっかくの天気なのに、用事があったので少し遠くまで、とはいかず、、2時間一本勝負で、帰ってくることにした。

前々から、朝ごはんを食べに築地市場に行きたいと思っていたのだけど、いきなり行くのも場所がわからないし、偵察がてら、いってみよう。このとき3時。

第一京浜よりは走りやすいと聞いたので、海岸通りを銀座方面に向かうことにした。
車の邪魔にならないように、スピードを出すときはがんばって出すようにした。(つもり)
分岐の交差点で、赤信号だけど左折OKのところがあった。
ん、これを左折すると、違う場所にいってしまう。
少し後ろからレーンが分かれていて、中央のほうにいかないと、直進ができない。

うわー、どうしよ、と思ったら、左折車にクラクションをならされた。
こわこわ。あわてて降りて避ける。
ちょっと歩いてもどって、車が左側に来ないのを見計らって、中央のレーンに進む。
後ろから車きたら、直進するのが怖い。
ここはもう、交差点をわたりきるまで、レーンの中央に陣取るしかない。

青だ! こげこげー。
ようやく、交差点を通過。道を知ってれば、なんてことないんだろうけど、あー怖かった。

地図をまたもやあんまり見ていないので、標識をたよりにすすむ。銀座までいけば、道はわかるし。と思って、新橋・銀座方面とあるほうを進んだつもりだった。。

060422_1553 あれれ、。。芝浦埠頭にでてしまったよ。前の会社がこのへんだったので、ちょっと懐かしい。
埠頭に少し寄り道。
修学旅行かなかんか、かな。学生服来た子がたくさんいる。東京湾花火のときは、ここはすごいことになるのだ。

さて、時間ないし、進まなきゃ。
浜松町だから、目的地には近いのだろうけど、ここからどういくんだろう。とにかく新橋方面に向かおう。
でも、ほんとに新橋のほうにいくと、車通りが激しいので、海側をうまく通る道はないものか、とうろうろ。

浜離宮の横を通り抜けて、道なりに進むと、右側に、「築地市場 青果門」 と書いた看板が!あったー!到着。

ここから先は、自転車をひいて歩く。

道横に緑のガードレール発見。今度来た時には、こういうとこに自転車が置けるかな、とチェック。

夕方に近いので、ほとんどのお店は閉まっている。
まだ何か売っているお店をちょっとのぞくと、魚屋のおじちゃんが、「どっからきたのー?」と聞いてきた。おじちゃんと店のにーちゃん、何人かに囲まれる。
店のにーちゃんが、「これ、何キロですか?、さわってもいい?」と自転車持ち上げ。自転車好きの魚屋なのかもしれない。(!?)

手ぶらで帰るのもつまらないので、ウエストポーチに入れていた1000円で何か買うことにした。

わたり>>1000円で何か買えますか?

「あるあるー!この鰹のたたき、1さく1000円だけど、もう終わりだから、2さくでサービスするよ!」

やったー。と、買ってはたと気がついた。

リュックもないし、どうやってもって帰ろうか?

060422_1623 おじちゃんが、ここしかないでしょ、とフレームに袋をぶら下げてくれた。

でも、これ、乗れないんでは、と思ったけど、やっぱりこの場所にかさばるものがあるとペダルがこげない。
しかたないので、ウエストポーチのひもに、袋をぎゅっと結んでお尻の後ろあたりにぶらさげて走ることにした。あー、かっこ悪い。もちろん、ビニール袋には堂々と○○水産の文字が。

夕方の用事の時間が迫っているので早く帰らなくちゃ。

帰りは知った道なので、さくさくとこいで帰ってきたが、途中、工事中のところを抜けるときに、路面にプラスチックの板みたいなのが粉々になって落ちていた。
上り坂のあとの下りになったところだったので、見つけたときには遅かった。

自転車がぐらぐらゆれる。
一瞬、倒れるかも、と思ったけど、サドルが低いのが幸いして、足をついて持ち直した。
そのまま走ってもタイヤは異常なさそうだし、とりあえず一安心。

路面を見ての一瞬の判断って必要なんだなー。あんなものが落ちているなんてびっくりした。

足ついたときに、ペダルでふくらはぎが擦り傷だらけ。
先週もひとつ傷作っているけど、またやってしまった。
これから、生足なシーズンになるけど、この足はみっともなくて出せないなー。。。

家について、ジャスト5時。
060422_155400 今日は20キロしか乗れなかったけど、たっぶり4人前はある鰹も買えたし、まあ、いいか。

それにしても、あんまり練習になっていない気がする。

|

« 輪行バックの使い方 | トップページ | 大井埠頭50キロでへろへろ »

コメント

カツオをぶら下げたサイクリスト・・・、お茶目ですねぇ。(笑)
以前、友達の家に行った時に新巻き鮭を1本貰いまして、当然ウエストバッグに入らないので背負って帰ったことがあります、せめて切り身にして欲しかったとあれはあれで恥ずかしかった。(^_^;

投稿: loris | 2006年4月23日 (日) 09時11分

初めまして。
トップチューブに荷物もぶら下げても、何とか走れますけど、危ないですよね。
私はちょっと前にマースバーにイチゴをぶら下げて走りましたが(汗)

投稿: 847 | 2006年4月23日 (日) 21時43分

loris さん、
巻き鮭まるまる1本ですか!
ワイルドな自転車乗りですねー。

847さん、はじめまして!
コメントありがとうございます。
トップチューブはまいりました。
こげるかなと試してみたのですが、もう、無理。ハンドルのとこのいちごもキュートですね。

でも、意外にみなさん、自転車でいろんなモノを運ぶはめになっていて面白いですねー。

投稿: watari | 2006年4月24日 (月) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71515/1505025

この記事へのトラックバック一覧です: 2時間ジャスト迷走自転車ポタリング:

» 鰹のたたきドットコム【かつおのたたき専門店】@高知 [鰹のたたきドットコム【かつおのたたき専門店】@高知 ]
鰹のたたきのおいしいものをご紹介します。もちろんお取寄せもOK!父の日のプレゼント、お中元にも。かつおのたたき専門店です。 [続きを読む]

受信: 2006年5月29日 (月) 14時45分

« 輪行バックの使い方 | トップページ | 大井埠頭50キロでへろへろ »