« GWツーリング計画 | トップページ | 輪行バックの使い方 »

2006年4月19日 (水)

パンク修理に挑戦

いざという時のために、パンク修理くらいは覚えておかなくちゃいけないなと。。

最初のツーリングのとき、見事にパンクして、みんなの足を止めてしまい、器用なまっきーがものの2、30分くらいで直してくれたのが忘れられない。
それまでは、パンクは自転車屋さんに持っていくものだと思っていた。2,3回、ママチャリがパンクしたときは、すごすごと引いてジャスコに持っていって直してもらっていた。
自分で修理するなんて、かなりな驚きだった。

いや待てよ、これ、自分でできるようにならなくちゃいけないのか。
山の中でパンクしたら誰も直してくれない。車だとJAFが来てくれるのかもしれないけど、自転車ってそんなの聞いたこともない。。
うわー、どうしよう。 覚えないといけないかなー、と思っていたら、耳寄りなニュースがあった。

自転車を買ったワイズで定期的に初心者セミナーを開いていて、自転車のトラブルシューティングをやる、とのこと。これは、何をおいても、いかなくちゃ!

この日は、会社の宴会をパスして、ワイズの初心者セミナーに向かった。
皆さん、ごめんなさい。大事な用事があるんです。それに、宴会のメンツ、タバコ吸う人が異様に多いからそれもいやなんですー。許してください。酒は飲めても他人のタバコは嫌なんですー。

どんな人たちが来ているのかな?というのも興味があった。
自転車乗りたての人たちがわんさといるかもしれない、と思ったら、この日の参加者は二人だった。
私もふくめてもろ会社員ルックのふたり。会社帰りだし、さすがに、自転車をつれてはいけないし、いたしかたない。

もう一人はえらく若い感じのおにーちゃんだった。
待っている間、ぽつぽつと会話。
「少し前にここで買ったんですが、トライアスロンに出ようと思っているんですけど、メンテの仕方がわからなくて。アンタレスというのを買ったんですよ。」
ほー、ここの組み上がりのやつだ。

わたり>>どうですか、アンタレス。

「サイズ合わせてあるし、乗りやすいですよー。」

乗り降りも怪しい私とは偉い違いだ。トライアスロンをやるくらだから、体力あるんだろうなー。

しばし、待って、パンク修理がはじまった。

自転車を買ったときに相談にのってくれたスタッフの方が担当だった。

まずは、一連の手順を通して実演してもらう。
タイヤには、向きがあるので、間違えないようにすること、それから、空気圧はタイヤに書いてある、MAXというのが最高の気圧で、ロードレーサーの場合は、1CMくらいしか路面につかないので、体重の重い人ほど気圧が必要なのだそうだ。
ほ~、やっぱり、来てよかった。勉強になるなー。

「やってみますか?」
と言ってくれたので、チャレンジしてみることにした。
人生初、パンク修理。

まずは、タイヤの空気を抜く。
穴のとこを上にして、タイヤの溝にこて(?)をいれて、タイヤを半分はがしていく。
こてがすべってうまくタイヤがはがせない。こてを3つ使ってようやくはがす。
次にチューブをはずす。
もう半分をはがして、タイヤをはずす。

パンク部分をよーく見て、何かささっていたら、とる。

タイヤをホィールの溝に片方だけいれる。
チューブに少しだけ空気をいれて、それをタイヤの金具に入れる。(きれいに入れるこつ、とのこと)
チューブを片側だけホィールの溝に入れていく。このとき、きれいに溝にそって入れるようにする。(ここがポイント!)
こてをうまくつかって、チューブを傷つけないように入れていく。

見ているときは、すいすい簡単にやっているのだけど、いざやると、うまくいかない。うまくこてが引っかからなくて、なかなか入らない。

反対側のタイヤもホィールの溝にいれる。

最後に空気を入れる前に必ず、両側をめくってチューブがはみでていないかぐるっと確認する。
OKだったら、ここで空気を入れてよし。

ここまでで、所要時間 ??? かなり使ったことは間違いない。
もう一人の参加者もやってみたかったのかもしれないけど、あまりのとろさに、タイムオーバー。。ごめんなさい。

さて、空気入れ。
Panaracerと入った空気入れを上からしゅこしゅこ押すが、どんなにふんばってみても5気圧から先にメーターが動かない。空気がはいらないよ。7気圧は入れなくちゃいけないのに。。。

結局、見るに見かねたスタッフの方が最後に入れてくれた。

自分で全部できなくて、ちょっと悲しかった。

まいったなー。空気も入れられないなんて。女性にも入れやすいものはないのかな。女性自転車乗りはどうしているんだろと思って、ネットで知り合った女性自転車乗りの方に聞いてみた。
同じPanaracerを使っていて、入れ方にコツがあるとのこと。私の入れ方が悪かったのかもしれないなー。

矢口渡の帰り道は、トライアスロンにーちゃんと一緒だった。
がしがしと乗っているらしく、話を聞いているとなんだかうらやましい。
トライアスロンの練習を毎週しているそうで、女性もけっこういますよ、と言っていた。
あまり、私のまわりには、いないんだけどなー。広い世間は、出るとこに出たらいるんだなー。どこかで出会えるといいな。

今週、木曜にようやく自転車屋さんにいけそうなので、使いやすいのを選んでこよう。
それから、夜用にライトを買っておこう。GWツーリングで明るいうちに、実家につけるかどうかは謎だし、準備はしなくちゃ。

ふくちゃんさんのブログにパンク修理の心得がのっていたのでトラックバック。

|

« GWツーリング計画 | トップページ | 輪行バックの使い方 »

コメント

はじめまして、鉈でココと申します。
ワタシはロードバイクに乗り始めて10月程になりますが、今月初めてパンクしました。
これってかなりヘコむもんですね、でも思ったより簡単に直せましたよ。やってみれば出来るもんですねwww
また、遊びに来ます、よろしくお願いしま~す。

投稿: 鉈でココ | 2006年4月19日 (水) 16時29分

私もパンク魔王の訪問を受けてしまいました。
それもすぐにお帰りにならず
ご宿泊までされてしまいました。
その様子をTBしてみましたので
よろしければ見てみてくださいね。

投稿: 自転車通勤チャリダー | 2006年4月20日 (木) 01時08分

当然のことですが、タイヤがパンクしないとパンク修理できないですよね。
だから、パンク修理の腕が上達するためにはパンクが絶対必要です。

普段は歓迎されないパンクですが、
パンク修理の腕を上げるためにはむしろパンクしてくれ!!みたいな(笑)

お店からいらないタイヤをもらって、
パンクさせて直して修理の練習をするのもいいのではないでしょうか?

空気を入れる練習なら、
タイヤから空気抜いて入れればいいからすぐ出来ますね。

投稿: hiro | 2006年4月20日 (木) 07時06分

昨日新車がやって来ました。
小径車とは比べものにならない位軽くて速くてびっくりしています。

タイヤに高圧を入れるのってホント大変ですよね。
私は今まで携帯ポンプで済ませていましたが、これからはちゃんとしたフロアーポンプを使わないとダメだと言われたので、早いうちに購入する予定です。
女性でも比較的簡単に高圧に入れられる空気入れはないものでしょうか。
わたりさん、買われたら使い心地をブログに書いて下さい!ちなみに私はゼファールのを狙っています。

投稿: nebochito | 2006年4月20日 (木) 23時48分

鉈でココさん、 はじめまして!
hiro さん、自転車通勤チャリダー さん、コメントありがとうございます。まだ数回しか乗ってないので、パンクはしてないのですが、いつくるかわからないですもんね。そんなときに、さっと対処ができるようになりたいなーと思います。

nebochito さん、新車の到着おめでとうございます!いよいよロードレーサー生活の始まりですね。空気入れ、今日ようやく買いました。週末使ってみようと思います。

投稿: watari | 2006年4月21日 (金) 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71515/1464460

この記事へのトラックバック一覧です: パンク修理に挑戦:

» パンク魔王降臨 [自転車通勤チャリダー]
今日もいい天気。 ちょっと肌寒いが自転車に乗るには この位が丁度いい。 気分がいいので環状2号ルートで通勤。 南陣が下高架橋の脇の森は ついこないだまで芽だった葉が 青々と茂っている。 良く見ると花をつけている木もある なんという花や木か分からないが 今度図鑑で調べてみよう。 環状2号のアップダウンを乗り越えると ベーカリーアウトレットで買い物ができる 今日はアップルパイ2個いりを... [続きを読む]

受信: 2006年4月20日 (木) 01時05分

« GWツーリング計画 | トップページ | 輪行バックの使い方 »