« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

初レース雑感

ツール・ド・美ヶ原完走の喜びも早5日。

帰ってきた私を待っていたのは、少し気が重い仕事でした。。。う~。

昨日までで一段落はついたので、ようやく更新できます。

まずは、応援コメントと、たくさんのアドバイス、完走おめでとうコメントたくさんたくさん、本当にありがとうございました。

携帯では書ききれなかったことをちょっと書きます。

■布団電柱巻き

美味しい蕎麦を食べて外に出たら、不思議なものが!
町の電柱が布団巻いてます。

060624_1239 なんだこれ、と思ったら、どの電柱もみんな布団巻き。

どうやら、レースのために、まいてあるようです。電柱保護のためなのかな。
不思議な光景でした。

■ハイテクセンサー

前輪のホィールにセンサーをつけて、前日にチェックをしました。ゴール時はこれでタイムがわかるようになっています。こういうものを使うなんて知らなかった。ほ~。

■でかいよ、ゼッケン

かなりでかい紙のゼッケン。2枚入っていて、横から見られるように両方張れと大会のしおりには書いてありました。前日、着ていないときに安全ピンでつけたのですが、これがなかなかつけづらい。指は指すは、まがっちゃうは。おまけに、横2枚は女子の背中にはどうみてもでかすぎます。。うーん。結局、すこしはじをおって、2枚並べるようにつけてました。

レース当日、みんなの背中を見ると、だいたい1枚。たしかにそのほうがシンプルです。ゴールはセンサーでわかるようになってるし、見ている人にわかるように、としか、ゼッケンの意味は無いんだよな。。。

それにしても、でかいよ。あのゼッケン。

■たくさんのエール

沿道で、エールを送ってくれた、町のみなさん。走っている最中も、がんばれーと声をかけてくださって、とても元気がでました。道案内をしてくれたり、お水を差し出してくれたり、どれだけ助けられたかわかりません。

前日の受付のときにいただいた参加賞の袋に入っていたしおり。裏に地元の小学生の直筆応援メッセージが入っていました。

「最後までがんばれ!あきらめなければ、いつか抜けるチャンスがある!」

はい。がんばりましたよ。なんだかうれしいものですね。

レースって町を上げてのイベントなんだな~。
みなさま、お世話になりました。

それから、ブログで応援してくれた方たち、ありがとうございました。

■ 寒いよ、上は!

なんとかゴールしたのはいいのですが、集団で下山するまでには少し時間が。
汗びっしょりかいているのもあるのですが、とにかく寒い。

パーカーと補給食を入れたバックを走る前にあずけてあって、それをゴールで受け取れるのですが、パーカーが大活躍でした。

■ 走り終わって

いちおう、反省点。
その1:朝ごはんを食べすぎました。
 走っているうちに、胸にこみ上げるものが。。。あー辛かった。
 食べてすぐエネルギーにできないのに、間際で食べてしまったのが敗因でした。
 身体づくり、もっとがんばらねば。

その2:激坂惨敗
美鈴湖までの16%の勾配のある激坂。2箇所ほど、どうしても登れず、歩いてしまいました。試走のときも登れなかったのですが、本番もやはり無理。練習のときにダメなものはダメなのですねー。

そして、美鈴湖をすぎてからも、えんえんとえんえんと登り。とにかく坂は辛く、いつまで登るんだよ~!!!と、ぶちきれそうになりながら、一番軽いギアで余裕のない崖っぷちでこいでました。

エンジンのある乗り物なら21キロの登りなんて一瞬なんだろうけど、なんでこんなに辛い思いをして登るのかな。自転車乗りは、基本的にマゾだという話は本当かもしれないな。

060625_1034 でも、そのかいあってか、帰りの頂上からの景色は最高でした。
今がシーズンのれんげつつじがオレンジ色にあちこちを染めて、まだ柔らかな緑とのコントラストをなし、遠くの山々がかすんでいて、とにかく、なんてきれいだったんだろう。
この光景はきっと、一生思い出すだろうな。

美ヶ原の名前にふさわしいこの景色が最高のご褒美でした。

リザルトで確認したタイム:2時間5分

次はどうしようかな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

ゴ−ルの味

ゴ−ルの味

ゴ−ルしました。2時間10分くらいかかりました。さすがにへろへろです。ゴ−ルの山頂でもらったトマト。うまかった−!

| | コメント (13) | トラックバック (0)

いよいよスタート

060625_0647 女子の部は7:31スタートです。会場にぞくぞく選手が集まってきています。 いよいよだ−!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

試走!すごい坂

試走!すごい坂

もうギアありません〜。 噂の激坂、歩くのもつらい

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エントリ−

エントリ−

会場はすごい人!どこを見ても自転車乗りいっぱい。町中自転車乗りだらけです。ゼッケンをもらいました。選手気分が盛り上がりますね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅間温泉で

浅間温泉で

長野といったら蕎麦。浅間温泉のアルプスで十割蕎麦をいただきました。 なんとブログにコメントをいただいているLORISさんと体面。ご飯中も激坂の話題でもちきりです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

談合坂SA

談合坂SA

サ−ビスエリアで休憩。自転車つんだ車がいます。良い天気だし、これからどっか走りにいくんだろうな〜

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バス間に合いました

ワイズの集合は七時。迷ってガス橋からうろうろしていたらようやくワイズ発見。 皆様乗り込んでいて、視線が痛かった。。遅くなってすみませんm(__)m。輪行袋に入れる間もなく自転車ごと乗せられて出発。 座ってほっとしていたら、朝食べたお焼きが胸に重苦しくせまってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

いよいよ秒読み

ついにきました!
今日、会社から帰ってきて郵便ポストを開けたら、ツール・ド・美ヶ原の大会のしおりがきてました。

060620_0053 今週の土曜にワイズのバスツアーで出発して、本番は日曜日。
自走して待ち合わせ場所のワイズまでいくので、遅刻しないようにしないとな~。

まだまだ先だと思ってたんだけど、早い。

いろいろアドバイスをいただいたので、山を登るためにギアカセットを軽いものに変えようかなとかいろいろ考えたのですが、素人すぎて、その効果すらよくわからないので、このまま標準装備で行くことにしました。
だめならだめで、それも実力。
次はギアを変えたりなんだりの装備がいるってことがわかりますし。

ようやく走行距離600キロを超えたロードレーサーはチェーンがまたも黒々してきたので、レースに備えて、今日は洗ってやってから寝ることにします。

携帯がつながるようなら、現地から更新します。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

夏草や・・・・・

多摩川、大井埠頭と、自転車で走っていて最近困っていることがある。
こういった場所には天敵がいるのだ。
↓これは多摩川でとってきてた私の敵。
060610_1415

川原や少しの空き地など、どこにでも生えている夏草で、ただの雑草なのだが、実はこいつが私にとって一番の敵なのです。

杉の花粉症は国民病か!?くらいの勢いなので、春の花粉症は周知のことになっていて理解もあるのですが、杉のほかにも、実は、いろいろなアレルギー元となる花粉があって、反応してしまう人はしてしまうんです。。

私の場合、主に反応するのが、カモガヤ、スズメノテッポウなどのイネ科の植物。イネ科の雑草は、生命力旺盛であちこちに生えています。

参天製薬のサイトに写真入りで詳しくのってます。
見ているとなんだか嫌になってきます。

花粉症との付き合いは、3歳くらいから始まって今に至る。
杉ももちろん発症するのだけど、夏の花粉症は目にくる。ほんとに、痒くて、かゆくて、たまらない。
みんなでツーリングに行った多摩川のときは、うっかりとしていて薬を飲まなかった。
ところが、、たちまち結膜炎で、目が真っ赤。かゆいこと限りなし。
くしゃみ、鼻水~。。走りながら、これって、えらく辛い。
ワイズバイクパークでくしゃみを連発していたのは私です。

なので、このところ、外に走りに行くときは、必ず、薬&目薬を忘れないようにしています。

東京に住むようになってからは、雑草があまり近くにないので、夏場の花粉症はそうひどくならずにすんでいましたが、鴨川の実家にいたころは、毎夏、けっこうたいへんな思いをしてました。

自転車に乗るようになってから、走りにいく場所は外なので、また、こうやって症状が出てきてしまいした。。

年々、花粉症がひどくなっている気がするなー。嫌なのは、花粉症は海外にいってもしっかりとあること。何の花粉に反応しているかは良くわからないのがこれまたこまる。

6月のイギリス、郊外は花が咲き乱れ最高でしたが、くしゃみ鼻水でとにかく最悪でした。
5月のニューヨーク。オークの花粉にやられ、鼻水&目がかゆくてまいりました。
2月の台湾。ホテルの部屋のハウスダストに苦しめられ、ホテルに帰るたびに、ハクション大魔王。

近いうちに、病院で血液検査&バッチテストをしてもらおうかな。

ほんとに花粉症はやっかいです。
花粉症自転車乗りは、けっこう悲しいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

やっぱり買い物

池上通りをひたすら漕いで、家路を急いでいると、パン屋さんを発見。

明日の朝ごはんにちょうどいいかも。ということで、今日もパンをお買い上げです。

持ち帰りは、、、いつもは、ウエストバックからぶらぶらと下げていたりするんですが、今日は秘密兵器があります!
ちょっとは学習しましたよ!

その名も『サコッシュ』060617_1748

チームのロゴ入りで、お買い物用のエコバックみたいな感じなのですが、さすがは自転車用。たすきが長くて、肩がけできるようになっています。
ロードレーサー師匠によると、ツール・ド・フランスとかのレース中に自転車選手が補給用の食料なんかを入れて手渡してもらい、食べたあと、道にパーッと投げるんだそうです。
少し、たすきが長いので、縛って背中にしょいます。
ちょっとは、ロードレーサー乗りっぽくなってきたかな。

雲がますます重く、湿気てきました。
ああ、布団が!!家路を急ぎます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

多摩川もう少し

自転車止めて水分&栄養補給していたら近くに自転車乗りがいたので少し立ち話し。
聞くと、この先にも、川沿いに道が40キロくらい続いているとのこと。

少し入り組んでいるようなので、そこまで道を案内してもらいました。
住宅地をぬけて、小川を渡って、ちょっと複雑な道です。が、なんだか見覚えがあると思ったら、高尾山に行くときに使ったような気がします。

でも、一人では行き方がわかりません。こんなに細い道なのに、けっこう自転車乗りにすれちがいます。サイクリングコースって、暗黙の道があるんですねー。

道を教えてくれた方は、グランフォンド福井のレースに出た話をしてくれました。今中大介さんが走っていて、意外に小柄でとっても気さくな方だったと、いってました。

川原にようやくでました。

多摩川もう少し

実は、布団を干しっぱなしで出てきたので、もういいかげん帰らないとやばいのです。
この先を攻めたいのをぐっと我慢して、とにかく家路を急ぎます。

道を教えていただいた自転車乗りの方、お世話になりました!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

多摩川折り返し

多摩川折り返し

ワイズパークをすぎてさらに進むとサイクリング−ドが最後みたいです。
自転車乗りが引き返しているので私も戻ることにします。
雲行きがちょっとあやしくなってきました。戻るまで雨降りませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩川遡り

多摩川遡り

今日はちゃんと多摩川を遡ってます。あつ〜い。これは焼けるな。 水門から道まちがえて行き止まり。戻るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

バーチャルと現実

美ヶ原ヒルクライムレースまであと10日。
練習しなきゃー!。。とはいっても、雨だったり用事だったりで、なんだかあんまり自転車に乗れてません。
これは、まずいと思っていたら、ワイズで毎週水曜にやっているマシンを使ってやる自転車漕ぎ『スピニング』で美ヶ原対策をやるとのこと。

これは行くしかありません!

会社を飛び出て、集合時間ぎりぎり7:30に駆け込みました。
こういう急いでいるときにかぎって、出がけに何かあるんですよね。。。

ワイズの3Fがスピニングルーム。

トライアスロンのお友達がいるはずなのですが、姿が見えません。

すでに何人かが、マシンに腰掛けて、ものすごい勢いでこいでます。

060614_2127 女性の方がきたので、着替え室を教えてもらったら、そこに知っている顔がありました。
よかった!

教えてもらって、自転車から外してきたペダルをつけます。六角レンチで裏側からまわして止め、しっかりとつけます。
ちゃんとつけられました。
ロードレーサー師匠に習ってきたかいがありました。
それから、マシンのサドルの高さや位置をあわせます。

あたりは、みんな、ジャージにレーサーパンツ。15人くらいはいるでしょうか。始まる前から、しゃかしゃかこいでいて、えらく気合が入っています。

それに比べると、ただのTシャツのわたし。

まあ、まあ。。。

音楽をかけながら、スピニングがスタート。
最初は、最初の激坂を想定して、負荷を思いっきりかけて漕ぎます。
ここは立ち漕ぎということで、しばらくがんばります。
負荷をかけすぎたのか。。重い。

だんだん、息がきれてきて、汗びっしょり。

でも、まだまだ、えんえんと上りなんだそうで、、、先は遠いー。
えんえんと。えんえんと。
えっちら、おっちら。

ケイデンス、回転数が何回とか言ってますが、ケイデンスがわかるメーターをもってないので、そこはなんちゃってです。坂がきついといわれれば、負荷をかけて、ひたすらしのいでいきます。

最後のほうは、アップダウンを想定してのラストスパート。数十秒単位で、鬼漕ぎ!
うわー、あんなには漕げません。

おわったー。
マシンに乗ったまんま、足を伸ばしてストレッチして、下りて、ストレッチして、終わりです。

下りたら、足ががくがくしてた。しぼれるんじゃないか、くらいの勢いで汗もすごい。
あまりの汗に自分もびっくり。

着替えて、ワイズを後にしました。
駅まで歩く途中、どうにも足がくらくらしていて、、、まいりました。
負荷をかけすぎたようです。

美ヶ原のレースに最初に立ちふさがる激坂4キロ。
最初に立ち漕ぎしたせいか、スタミナが最初もうきれてしまい、後のことを考えるとこれでは走りきれません。
ペース配分しないと、完走は難しいのかもしれないなー。
正直、あまり自信がないけど、余裕があれば、やってみよう。

それにしても、美ヶ原の実際の『激坂』。
スピニングのメニューはそれを想定しての練習だったけど、はたして、現実はどんなだろう。
当日のお楽しみ(?)といったところかな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

プロテイン試飲会

勢いでお徳用1キロを買ってしまい、激マズであんまり飲んでいなかったプロテイン。
運動2時間前とか、運動した日の寝る前とかに飲むと筋肉には良いらしいのですが、どうにも味が。。。。。

ロードレーサー師匠がある日、「はい、これ」と、シェーカーをくれました。
これは、プロテインを積極的に飲めということでしょうか。

う~、まずいんだってば。

あまりにまずいので、まずい、まずい、言っていたら、社内で、どんなものか飲んでみたいとの声が。

要望にお答えして、今日のお昼にプロテインを振舞うことにしました。
私と一緒にランチを食べているみんなは当然、道づれです。
ふふふー。覚悟!

会社のビルに入っているampmでお昼のお弁当と一緒に牛乳を買ってきました。
これで準備OKです。

美味しくご飯を食べ終わって、プロテイン登場。
袋に小分けにする時間がなかったので、1キロパックでそのまま会社に持ってきました。
堂々たるものです。

060606_1250 シェーカーに大匙3杯。牛乳を開けて、さて、シェイク!

あ、閉め方があまかった。
牛乳が飛び出ました。ぎゃー!
ちちくさい。

お手拭で拭いたのですが、見るにみかねて、ランチ仲間がシェイクしてくれました。

紙コップを5つ用意して、等分に配ります。

>>まずいんだよ~

いっせいに、いただきます。

「あ、大丈夫かも、飲める、飲める」

「うん、これなら平気」

「べつに、普通だよ」

「プロテインって初めて飲んだけど、ミロみたいに飲めるよね、これ」
 ゴクゴクごくごく。。

>>・・・・・・・・

みんなには、あんまりまずいものではなかったみたいです。ふつーに飲んでました。

そうなのか。これは飲みやすいほうなのか。。

我慢して、飲むか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

第1回 自転車部会合

060612_1233 今日はお昼休みランチタイムに記念すべき自転車部の会合が開かれた。
最近会社に入ってきた発起人が、社内の自転車乗りをつてをたどって一人ひとり呼びかけて、集めたものだ。

同じ部署にMTB乗りの同僚がいたので、一緒に参加した。

初顔合わせは9名。中華料理の円卓を9名がそろって囲んだ。

お昼ご飯は、めいめい頼むのだけど、自転車部発足を祝して、ちょっと奮発することにした。
蟹のあんかけ炒め焼きそば 1890円。600円のお弁当からすると、いつもの3倍の値段。
でも、今日くらいはいいもの食べたい。

発起人が声をかけて、会合は始まった。

まずは自己紹介から。
部署もさまざまで、はじめて顔を合わせる人も多い。
自転車歴や、今乗っている自転車、楽しみ方などをそれぞれ話す。

小径車はやはり人気で乗り手が多い。MTBに、珍しい小径のロードレーサー。

社内にも、サイクリストはけっこういるのだ。

自転車話で盛り上がって昼休みはあっという間に終わった。

まずは、メーリングリストを立ち上げて、これから自転車情報を共有したり、サイクリングをしたりしよう、ということで、今日はお開きになった。

自転車の種類や住んでる場所もいろいろなので、みんなで走るのはなかなか難しいかもしれない。でも、乗って楽しむファンライドや、自転車に興味がある人を誘っての初心者サイクリングなんかを、これから計画していきたいな。

できたら、ロードレーサーでレースに出る人なんかももっと増えるといいけどな。
発起人は、おそろいでジャージを作ったりして、レースに出たいらしい。

私も、ロード買って3ヶ月の初心者なのだけど、スタートはみな同じ。
自転車好きなのも同じ。

楽しい自転車部にしていきたいな!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

江戸前佃煮を買う

釣り船とか、あきらかに海が近い様子がありありとただよってきました。

大きな橋が見えてきました。大師橋と書いてあります。大師って一瞬、『川崎大師』のことかと思ったのですが、まわりの住所標識は大田区になっていたので、あの川崎大師とは関係はないみたいです。

すでに、2:30。そろそろ帰らないと夕方の待ち合わせに間に合いません。

060610_1423 ふと、橋の横を見ると佃煮の文字が。

060610_1424 大谷政吉商店 農林水産大臣賞 若炊あさり 黄色いのぼりがたってます。
佃煮屋さんです。

個人名の名前なのが、もうたまりません。横には工場があって、海草をえりわけてたりして、あきらかにここで作っているのがわかります。個人創業のちゃんとした作り手のお店にきまってます。

東京湾、江戸前の佃煮。おおー!これはうまそう!

お酒のつまみにもよさそうだし、これは、見過ごすことはできません。
お財布には、1000円だけ入れてきたので、これで何か買えるものを探すことにしました。

>>すいませんー。お勧めはどれですか?1000円しかないんですけど。。

本日のお買い得、山菜あさり。安くなってます!これは買いです。
松の実入りあみ。ご飯に載せたり、おにぎりにしたらうまそう!
ここですでに、700円超。うーむ。農林水産大臣賞 若炊あさりもいいけど、お金足りないー。
どうしよっかなー。

あれこれ悩んでいたら、お店の方が、声をかけてくれた。

「これ、よかったら差し上げます。試食用のなので少ないんですけど、味見してみてください。他にもいろいろありますから、ぜひまたお立ち寄りくださいね。」

若炊あさりの試食をいただいてしまいました。うれしい~!

買い物するつもりできていないので、持ち帰りのバックは何もありません。しまったー。
でも、大丈夫です。秘密兵器、ビバ、ウエストバック!
ウエストバックの腰紐に袋をぶらぶらと下げて、家路を急ぎました。
(あいかわらず、みっともないロードレーサー乗りです。。)

迷っている時間はないので、ガス橋まで出て、池上通りをひたすら走りました。
家には3:40到着。ふ~。

今日、道をたずねた回数:5回
みなさま、親切にありがとうございました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

多摩川逆走

多摩川逆走

遡っているはずだったのですが、ここは羽田のようです。飛行機が見えます。 この先は海。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ようやくつきましたが

ようやくつきましたが

帰りを考えるとあまり走れませんね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩川どこ〜?

ここまでで道を聞いた人三人。 何回かきてるんだけどな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、行きますか

さて、行きますか

自転車出してこれから走りに。夕方用事があるので四時まで走る時間があります。 多摩川あたりならちょうどいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

インターマックスで乾杯

面白いワインがあるから、と、いただいたのがこれ。
060603_2139_1 

山梨の甲州ワインのラベルには、『InterMAX』のロゴが!
私が乗っているロードレーサーはKuotaといって、インターマックスから販売されているものです。
インターマックスといえば、日本人で初めてツール・ド・フランスに出たという今中大介さんがやっているブランドです。

本社は甲府にあるので、甲州ワインなんですねー。
インターマックスのブログでプレゼントをやっていたのは知っていたのですが、実物が飲めるとは!

今中大介といえば、自転車雑誌に出ていないときはないんじゃないかというくらい、よく載っています。朝、不思議なことに二度寝してたら、なんと、今中大介が夢に出てきました。
動いている姿はあんまり見たことがないので、本に載っていた『自転車の正しいフォーム』の姿そのままで、マンガの透過線が走る背景を背にしてしゃーっと通りすぎていきまし
た。今思うと何だったんだろう。まあ、、、夢だし。

少し甘めの白ワインはキリッと冷やしていただきました。
自転車乗りにはこんなぴったりなお酒はないですねー。

部屋には、でん、とKuota。
自転車話をしながら、『InterMAX』ワインを空けました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

体当たりレディース

今日は、ワイズのセミナーで知り合ったトライアスロン・レディースのお二人が、大井埠頭に来てくれました。

雨が降ったり、私の予定が会わなかったりで、ようやく一緒に走れることに。
女性同士でロードレーサーに乗って走るのは初めてなので、すごく楽しみにしていました。

待ち合わせは、10:30ジャスコ前。
すでに二人は到着。

さて、いくぞ、と思ったら、自分だけ産業道路の反対車線に行きかけてしまい、車に怒られました。たよりない案内役です。。

気を取り直して、もういちど、産業道路を使って、大井埠頭に突入です。
大井埠頭は何度か走っているので、道を教えることはできるので、私が先行して走ります。
1ヶ月前に初めて大井埠頭を走ったときを思い出しました。なんだか、不思議ですねー。

いつもは自分が走るだけで精一杯なのですが、今日は後ろをついてくる二人がいるので、ときどき後ろを振り返って、きてるかなーと確認したり、曲がります、と手信号出したり。
なんだか、ちょっと先輩な感じです。

まずは、道を知ってもらうのに、ゆっくりと1周しました。
二人とも、まだあまり外では走っていないので、22~23キロのペースでまずはゆっくり。

三人とも、走りながらは水が飲めないので、公園で自転車を降りて水分補給。
女性三人なので、話がはずみます。女性同士で走るのって、なかなか楽しい。

曇っていた空がだんだん晴れてきました。

次は、27キロくらいのペースで走りました。ちゃんとついてきています。さすが、トライアスロンをやる人たちは体力があるなー。

1周ごとに休みながらさらに3周。約50キロ。

少し走り足りなかったので、二人には公園で待っていてもらって、もう1周だけしてきました。
ラスト1周は、スピード勝負。そういえば、ビンディングに換えてから大井埠頭に来るのはじめてだ。

さて、どのくらい出るかな。

普通のペダルだと、27キロくらいがやっとで、30キロ出すと続かなかったのですが、今日は30キロ越えるくらいのペースが楽に作れます。

1周19分。最初、30分くらいかけていたのを思うと、だいぶ、早くなってました。
いちおう進歩しているみたい。うれしいなー。

さて、公園に戻ると、二人が待っていてくれました。

060604_1106 二人が乗っているロードレーサーは、ワイズのオリジナルのアンタレスと、ビアンキ。
まずは、自転車話で盛り上がります。

>>ビアンキの色、いいよねー。タイヤもおそろいだし、メーターも緑であわせてあって、かわいいなー。

「じつは、これ、ほとんど新古に近い状態で、もう乗らないからと安く譲ってもらったの」

>>えー!いいなー! 私のKuota 高かったよー。

「でもさ、気に入ってるんでしょ。愛車って感じで、かっこよくていいじゃん。」

>>うん、気に入ってる。

>>このシューズ、二人とも、おそろいだ。色もかわいいね。

「これ、トライアスロン用なんだよ。後ろに、ほら、ひっかけるところがついていて、すぐ脱げるようになってるんだ。」

>>あ、ほんとだ。私のとはちがうね。とめる場所も、私のは三箇所だけど、1箇所しかないもんね。

「今週末、大島にトライアスロンをしに行くんだけど、昨日はじめて、ウェットスーツを着て、外海を泳いできたんだー。」

>>ええー!?

「ビンディングつけて走ったのは今日初めてで、40キロ以上走ったのも今日はじめて。」

す、すごい。

私も、初心者なのに激坂のレースにエントリーしてみたり、自分が無謀な行動をしているなーと思ったのですが、もっと上手がいました!

泳ぐは、走るは、自転車のるは、で、トライアスロンは、スポーツの中でもっとも過酷なものじゃないかと思っているのですが、その過酷な競技に体当たりでぶつかる二人。
すごいなー。私も、がんばらなくちゃ。

トライアスロンチャレンジに、自転車レースチャレンジ、お互いにがんばろうと、エールを送りあって、わかれました。いろいろと話しながら自転車乗れて、楽しかったなー!

二人とも今週末、がんばって!
また一緒に走ろうね!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

社内自転車部結成か!?

ロードレーサーを買ってからというもの、だれか自転車乗りいないかなー、自転車いいよー、と、会社で自転車、自転車と広報活動を盛んにやっていたところ、同僚から、他の部署に自転車乗る人いるよーと情報が集まってくるようになりました。

それによると、社内にも数人自転車乗りがいるらしいというのはわかってきましたが、何かする機会はこれまでまったくありませんでした。

「わたりさん、他の階の人だけど、自転車乗る人がいるから、紹介するねー」

今朝、同じ部署の人からそんな話が出たと思ったら、定時後、本人にお目見えする機会がありました。

同じ会社でも、階が違うと顔と名前はなかなか覚えられません。一度、仕事でご一緒したことがあるのですが、自転車の話題なんて出ないので、まさか自転車乗りとは知りませんでした。

「何乗ってるんですか?」
>>あ、ロードレーサーです。2ヶ月前に買ったばかりで、あんまり乗れてないんですけどねー。

「僕の知っている範囲では、5,6人はいるんですよね。」

ノートにおもむろに書き出す。
  A部長:ロード
  Bさん:ロード
  Cさん:小径車(これからロード買うらしい)
  Dさん:ロード(かも?)
  わたり:ロード

>>けっこう、いるんですねー。A部長まで。。。

「これだけいれば、社内チーム作れますよ。みんなでレース出ましょう!」

おおー、すごい前向きな言動。ついに会社で、自転車部結成か!?

本人は、現在、クロスバイクに乗っていて、これからロードレーサーを買って、ツール・ド・沖縄に興味がある様子。

「せっかく、会社にいるのだから、これくらい楽しみがないと!!」

>>そうですねー。たしかに!

社内でこうやって自転車乗りのつながりができるとは、あちこち、自転車、自転車言って見るものですねー。

Team結成の会をしようということで、話は終わりました。

今日は自転車部発起の日になりました。
会社が別な意味で、楽しくなりそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »