« 鴨川から行ってみよう | トップページ | 銚子センチュリーラン »

2006年7月17日 (月)

128号線ひたすら走る

鴨川を出発して、天津小湊あたりをすぎて、勝浦までは、房総半島の海岸線を走ります。
というと、聞こえはいいのですが、房総半島の海岸線ラインは海のすぐ横は山、というなかなか急な地形。

ということはですよ、当然、道路はトンネルばっかりです。

明日の出走規定で、自転車にリフレクター(赤ランプ)とライトが必須だったので、走る前に自転車につけておいたのが幸いしました。リフレクターはリュックなどにもひもでつけられるタイプのものです。

トンネルに入る前に、両方とも着けておきました。

それにしても、、、トンネルを越えるとまたトンネル。
少し登ってたりするトンネルもあったり。車道が狭い場所もたくさんあって、わきのぎりぎりをダンプが通りすぎます。

とにかく、トンネルはいったん入ったなるべく急いですぐ抜ける。
なぜかクラクションを鳴らす車もけっこういますが、よけられないのでしかたありません。
トンネル出たらすぐ左に寄せて、ダンゴになった車に先にいってもらう、と、ひたすらそれを繰り返しました。

ようやく、勝浦です。Image019
それにしても暑い。あまりの暑さに、海水が霧になってしまうのか、あたりはガスっています。

家から持ってきたバナナとお菓子を食べて、また、出発。

まだまだ、トンネルは続きます。というか、トンネルだらけです。この128号というやつは。
うひゃ~。

トンネル三昧を抜けて、茂原まであと20キロ。
だんだん車が増えてきました。
このあたりは、大きめの郊外店が通り沿いに並んでいるので、そこに出入りする車が多くて、なかなか緊張します。また、店に入るためにダンゴになって車が並んでいて、その割に道は狭く、なんだかだんだん走っているのが辛くなってきました。

茂原到着。すでに5時。

いけるところまで、とは思ったのですが、道に迷ってしまい、茂原駅周辺で1時間ロスしてしまいました。128号を外れて別の道に行きたかったのですが、何度いっても、128号に戻ってしまうのです。
暗い中を走りたくはないですし、明日のこともあるし、道もわからないし、茂原からは輪行することにしました。

成田到着は8時半。

さて、ホテルへ、と思ったら、またも忘れ物です。
ホテルの地図がありません。うわー、参った。忘れ物にもほどがあるよ。

ホテル名もうろ覚えだし、電話しようにも、電話も控えてないし。
なんだったっけ。
たしか 『はやしや』とかそんな名前だったような。
とにかく、104番に電話です。

まずは、うろ覚えの名前で探してもらいました。
「その名前ではお届けはありません。」
違った。。

まてよ、『はやし』 って、ホテルに併設された食事場所の名前だったような。

―飲食店で、『はやし』はどうです?

「東町にございます、ひがし屋ホテルと併設されていますよ。」

―あ、それです!その番号教えてください。

あー、ホテルがわかってよかった。

夜9時。ホテルにようやくチェックイン。

フロントに言ったら、自転車は部屋に持ち込んでも大丈夫とのことだったし、レース中の荷物も夕方まで預かってもらえることになりました。

名前に助けられたので、晩御飯はその『はやし』で食べることにしました。
が、朝ごはんが7時からでレース開始に間に合わないので、コンビニに行って朝ごはんを買っていたら、のれんをしまっているではないですか。。。あらら。
営業時間が終わってしまいました。
フロントで聞いてみたら、ぎりぎりで注文は受け付けてくれて、さらには部屋まで持ってきてくれるとのこと。何とか晩御飯は食べられることになりました。

部屋で、荷物を広げて、明日の準備をします。

大会要綱の規定を読み直していると、はたと。
グローブ(軍手)、ヘルメット(借り物)、リフレクター、ライト、ベル・・・!
ベルが無い。
ロードレーサーにベルをつけている人ってあまりいないし、売っているのもあまりちゃんと見たことが無い。ベルないよ。どうしよう。
音が出るものといったらこれしかない。家の鍵につけている鈴。
ダメもとで着けておこっと。

トントン、とドアがたたかれて、ご飯がやってきました。

きたきたー!もう 腹ぺこです。

Image022 成田といったら、やっぱり鰻を食べなくちゃ!と、選んだのが蒲焼ご膳。もちろん、地酒をお銚子2本つけて。

猛然と食べて、全部完食。

明日は6時から受け付けスタート。早いので、お風呂入って寝ることにしました。

|

« 鴨川から行ってみよう | トップページ | 銚子センチュリーラン »

コメント

トンネルはほんとに怖いですね。
長いトンネルだと反響する音も凄いし。

ライトなしで峠のトンネルを3つほど抜けたときは冷や汗ものでした。

しかし、、、大会の前でも地酒を飲むなんて、さすが酒飲みの鑑!!

大会の様子も楽しみにしてますよ~

投稿: hiro | 2006年7月17日 (月) 20時18分

思わず笑ってしまいましたw
失礼だとは思いますが・・・。
軍手グローブと借り物メットに鈴ベル。。
なんか色々と綱渡り的に危なかったですねw
あとはわたりさんのサバイバル術というか、問題が起きてもどうにかしてしまう凄さに感動しました。
疲れたでしょうからゆっくり休養してください♪

投稿: ヤムリ部長 | 2006年7月17日 (月) 23時43分

hiroさん、ははは。。。なんか景気づけにのんじゃいました。美味しかったですよ。

ヤムリ部長、笑ってやってください。自分でも笑えます。ほんとに。うっかりは直りません。

投稿: watari | 2006年7月19日 (水) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71515/2692132

この記事へのトラックバック一覧です: 128号線ひたすら走る:

« 鴨川から行ってみよう | トップページ | 銚子センチュリーラン »