« 128号線ひたすら走る | トップページ | 160キロ走ってみて »

2006年7月19日 (水)

銚子センチュリーラン

目覚ましは6時にセット。
起きてすぐに、コンビニで買っておいたおにぎり、薄皮クリームパンとオレンジジュースで朝ごはん。

出走時間はばっちりと封筒に書いてあったので、出走順は受付順ではないし、7時までに行けばOKとのことで、会場には6時半くらいに向かいました。
宿から、スタート会場の東町市営駐車場までは、わずか1分。
このホテル、近くてほんとにラッキーだったなー。なんて便利!

まずは、受付でゼッケンとマップケースをもらいます。ゼッケンはシールになっているので、ヘルメットの左側にぺたっと張りました。

さて、次は車検です。

自転車を持っていくと、開口一番、言われました。

「ベルなんだけどね、道路交通法上これではダメです。
 あそこに、セオサイクルさんがいるから、そこで買ってください。」

やはり、家の鍵についていた鈴では無理だったか。。。

驚いたことに、会場に自転車屋さんが出店を開いています。
助かったー!
ベルは500円で売っていたので、即、買いましたが、ハンドルが太すぎて私のロードレーサーにはつけられません。

「これでなんとかしてください」

とビニールテープを差し出されてたので、えいやとくくりつけました。
もう1回、車検に向かいます。

「はい、OKです。」
ほー、よかった。
Image025_2_1 受付でもらったマップケースをハンドルにくくりつけて、あとは出走順を待つだけです。

銚子センチュリーランは、160Kmのコース中に3つのチェックポイントがあって、そこを制限時間内に通過して、ゴール可能になっています。
長いコースなのですが、このために道路を封鎖したり、車を制限したりはしていないので、渡されたシートをみて、道路の分岐を確認しながら走るようになっています。もちろん、信号は遵守しなくてはいけません。

さて、いよいよスタートです。

Image027 10台づづならんで、1分おきにスタートがかけられていきます。
自分の番が呼ばれました!ロングライドのスタートです。
いっせいに走っていきます。

最初は、みんなで走っているので、シートを見なくてもついていけば大丈夫。
とにかく、必死でついていきます。

が、最初の上り下りが続くと、だんだん、ばらけてきました。
できれば自分と同じか少し早い人についていくのがいいのですが、なかなかそうもいきません。
後ろから抜いていった集団がいたので、それについていくことにしました。
なんといっても、道がわからないので、はぐれたら終わりです。
コバンザメ走法で必死でついていきます。

富里のあたりか、このへんはスイカあります!の看板がいっぱい。
あー、いいな、いいな、スイカ。
何℃あるかしらないけど、上から下から、熱気が上がってきます。
あつ~い。
水分を取らないともう、無理です。フレームの下についているボトルゲージにスポーツドリンクは入れてきているのですが、止まって飲んでいたら、置いていかれれてしまいます。
今までは、怖くてあまりやれなかったのですが、とにかく、走りながら飲むしかなく、何回かやっているとだんだんできるようになってきました。

芝山はにわ道。
道の横になにやら、はにわが立ってます。
不思議な道路だー。

さて、第一チェックポイントが近くなってきました。
チェックポイントをやりすごして、飲み物引き換え券をもらって、ようやく最初のチェックポイント、道の駅 オライ蓮沼に入れました。

あー、冷たい水ってなんてうまいの!
飲んでも飲んでも足りません。頭から浴びたいくらい。

補給食でもってきていたクリームパンをぱくつきます。

ボトルにもスポーツドリンクを入れてもらって、補給完了。
さて、次は第2チェックポイントです。

まずは、九十九里ビーチラインを目指します。民家と田んぼなどが多いエリアを走っていると、途中、横をドドドドとすごい音を響かせてバイク集団が。

こういう集団はなぜかゆっくり走行する。
早い自転車なら、追い越せるのだろうな、と、思いつつ、ずっと一緒だとうるさくてかなわないので、先にいってもらってホッとした。
それにしても、あのお姿。パーマに濃い化粧、黒い長袖学ラン(?外気温35度とかだよ!)
学生のときに読んだマンガに出て来た姿とまったくおんなじ。ヤンキーはまだまだ健在!?ある意味、すごい。

九十九里ビーチライン、残念ながら、最後のほうまであまり海は見えません。途中、有名な九十九里サイクリングロードと横並びになって、そのへんからようやく眺めがよくなってきます。九十九里サイクリングロードは、噂通り、とてもきれいに整備されていて、走りやすそうなサイクリングロードでした。

九十九里を抜けて、第2チェックポイントの銚子、犬吠崎を目指してひた走ります。ゆで落花生ののぼりがあちこち、いっぱい。

銚子に入りました。
いわし丼、とか、焼き牡蠣とか、美味しそうなのぼりが立ち並んでいます。うーわー。銚子の魚介って美味しいんだろうな。がまん。がまん。走らなきゃ。

目の前を1両しかないチョコレート色の銚子電鉄が通り過ぎるのをまって、また、走行スタート。

Image028 犬吠埼へのコースを取ると、待ち構えていたのがじんわりした登り。すごい坂ではないけれど、スタミナがあまり無いので身体に応える。

登りきって、下りて、曲がると、そこは犬吠崎、千葉県の突端です。元千葉県民なのに、犬吠崎に来たのは初めてです。電車でも、車でも、きたことが無いのに、自転車で来てしまうとは、なんだかびっくりです。

Image030_2 第2チェックポイントではスイカが。
はい、どうぞ。
冷えてる、甘い!うまい!
カッコもへったくれもありません。
種もお構えなしに、とにかく、底まで食べる食べる。

もう1個!
今度は、塩をたっぷりのっけてシャクっと、そして、食べる食べる。

あ~、美味しかった。しみいるうまさでした。
ほんと、走っているときのこういう心遣いは格別です。

さて、また走りますか、と思ったら、同じタイミングで走り出す人がいません。だれかいないかなーと思ったのですが、なかなか、同じくらいのスピードで走る人がつかまらず、道を確認しながら、行くことになってしまいました。

一人走りはせつない。
ほんとにこれでいいのか自信がないので、どんどん、スピードが落ちていく。
しばらく一人で走っていると、横のコンビニに出走者がわんさかいるのを発見。ドリンクを買って少し休むことにしました。
近くにいた人に、あと第三ポイントはどのくらいですかねー、道がわからなくて、と聞くと、よろしかったらご一緒しますか?と。

ぞれは、ぜひに、とひっぱっていってもらうことにしました。

コンビ二で一緒になった二人づれの方に先行してもらって、まずは、利根川サイクリングロードまで出ました。28~31キロペースで走ってくださっているので、自分と同じくらいのスピードです。ほんとうにラッキーでした。

さて、利根川サイクリングロードです。
ずーっと一本道。多摩川はけっこう道があちこち迂回しているのだけど、ここはほんとに1本。

右は、利根川。渡し船が止まっていたり、なんだか風情がある。
左は、小さい川がもう一本。そして、田んぼ。真ん中をサイクリングロードが1本。
ずーっと、ずーっと続いている。

なんてきれいなんだろう。

Image032 第三チェックポイントは麻生屋本店前というところ。利根川サイクリングロードの途中になっていた。
麻生屋本店ののぼりに元祖すずめ焼きと書いてあった。すずめ焼きって何?まさかあのすずめ?と思って調べてみたら、違った。小さなフナなどの小魚を串にさして焼いたものなんだそうだ。ほー。お酒のつまみにはよさそうだなー。

冷たいタオルをもらって、顔を拭く。
くわー!!!気持ちいい。
バナナをもらって、ぱくつく。持ってきたお菓子を食べて栄養補給。
さて、これで、3つのチェックポイントを時間内に通過したので、あとはもう、ゴールにたどり着くだけです。

もうしばらくサイクリングロードを進んで、橋を折れて、一般道を成田方面に向かいます。
この道路は、車がスピード出しているので、車道を走るのがちょっと気が引けます。とはいっても、路側帯の上も危険。路側帯にがたがたした突起が埋め込まれていて、走れません。

大きな道路を外れると、成田までの道をひた走る。
でもこの最後の道が辛かった。サイクリングロードの平地に慣れた足を、すり鉢状のアップダウンが繰り返して攻める。のぼりがちょっとでも辛い。

上を見ると、飛行機がでかい!成田が近いのがわかる。
もう少しだ。

そして、ようやくゴール。

ゴールには、カキ氷が用意されていました。
ほてった状態でのカキ氷。たまりません!
く~!!これまた旨い。

出走カードと引き換えに、完走証と記念品をもらってセンチュリーラン終了です。

160Kmを7時間2分で完走しました。

第二チェックポイントの後半からゴールまでご一緒していただいたお二人の自転車乗りの方、本当にありがとうございました。

|

« 128号線ひたすら走る | トップページ | 160キロ走ってみて »

コメント

初めまして。こちらのブログにたまたま通りすがりました。銚子センチュリーラン、私もMTBで参加いたしました。
わたりさん、ひょっとしたら。。。利根川サイクリングロードに入る直前の交差点で止まった際に声を掛けていただいた方でしょうか?
車の多い銚子市内を抜けて気が抜けていたもので、なんか変な挨拶?をしてしまいまして、すみませんでした。
お二人連れかと思ったのですが、お一人でしたか?
完走、お疲れ様でした。

投稿: 香月 | 2006年7月19日 (水) 01時09分

完走おめでとうございます!
そして、お疲れ様でした。

ホノルルの予行練習はこれでばっちりですね!

道を知らないというのは経験上精神的にきついものと思っています。
一緒に走ってくれる人がいてよかったですね!

完走証見せたら、お母さんも考え変えるかも?

投稿: hiro | 2006年7月19日 (水) 01時22分

Av23km/hで一般道160kmとは立派です!
走りながらのボトル飲みも習得されたようで^^b
次は集団走行でハンドサインが出せれば大井でかっちょいいですね!
兎に角、お疲れ様でした!

投稿: ヤムリ部長 | 2006年7月19日 (水) 01時45分

完走おめでとうございます。

初センチュリーって事でしたが、見事ですね。

レース中も酒のつまみをチェックされているあたりはさすがと唸ってしまいました。(笑)

お疲れ様でした。。。

投稿: tictac | 2006年7月19日 (水) 09時23分

すごい、です。
梅雨が明けたら、ぜひ大井埠頭で。

投稿: terry | 2006年7月19日 (水) 09時39分

お疲れ様でした。
前日のドタバタした夜にも、お銚子2本を外さないところも、男前です。
走りながら給水も出来るようになったし、後はクリートを一発で決められれば言うことなしです。(笑)

投稿: loris | 2006年7月19日 (水) 09時55分

海の嫌いな自分も子供らが小さい頃、海水浴の為、芝山はにわ道を通り蓮沼海浜公園に行った事が有ります。
あの道は、夜とか通ったら、道端に「ぬぼぉ~っ!」立っているはに輪が怖そうだなと思った事を思い出します。
なんか気付いたら自分トコのブログがリンクされていましたので、負けじとワタシもリンクさせていただきます!(笑)

投稿: ナカ | 2006年7月19日 (水) 18時13分

先日はお疲れ様でした。二人の自転車乗りの歳が行っている方です。わたりさんと走って、ずいぶん早い女性の方だなあと率直に思いました。ブログを読むと努力されている方なので当然ですね。女性の中では、一番にゴールしたのではないでしょうか。私としては、9日前にこの行事にあわせてロードレーサーを購入し、クリートのシューズに至っては金曜日に着いたばかりの有様で、ぶっつけ本番のような状態でした。タイムは自分の現状では満足の行くものでしたし、何よりも無事に?(血を流しながら)走り切ったことに充実感をおぼえています。
今、出走前に転倒し負傷した膝の傷がうずいている自転車乗りより。

投稿: sawa | 2006年7月19日 (水) 23時25分

おぉ、早い!
ハワイは10時間位かかったような気が・・・

投稿: たにやん | 2006年7月20日 (木) 00時11分

すてきな夏をすごしてらっしゃいますね~♪
たのしそう。おいしそう。気持ちよさそう。

投稿: ぽれこ | 2006年7月20日 (木) 23時53分

香月 さん、はじめまして。コメントありがとうございます。MTBの方、見かけました。いやー、あの距離をMTBで!根性入ってますね。

hiro さん、実は今年はホノルルはあきらめちゃいました。そのかわり、他の国内レースに何かでようと思ってます。母上は、やっぱり難攻不落です。料理とか習うんだったら拍手喝采だったのでしょうけども。。

ヤムリ部長 ありがとうございます!もう少しがんばれたかなー、とも思いますが、まず完走目標が果たせたので、満足です。今週また大井埠頭に行こうかと思ってます。


tictacさん、いろいろ美味しそうなものいっぱいでしたよ。すずめ焼きは機会があったら食べてみたいです。

terry さん、夏はやっぱり、大井埠頭で朝練ですね!

loris さん、、わかってらっしゃる。クリートはあいかわらず、へたくそです。右がぁ。。。はまりません。

ナカ さん、はにわ道、ナカさんも知ってたんですねー。リンクありがとうございます。ひっそりと先にリンクしてしまいました。

sawa さん、センチュリーラン、ほんとにお世話になりました。私も無謀なほうだと思いますが、前日にいきなりビンディングというのはすごすぎます。恐れ入りました。

たにやん、コメントありがと!ホノルルみたいに心臓やぶりの坂はないからねー。

ぽれこさん、来年よかったらご一緒しませんか?楽しかったですよ。

投稿: watari | 2006年7月21日 (金) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71515/2713051

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子センチュリーラン:

« 128号線ひたすら走る | トップページ | 160キロ走ってみて »