« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

裏磐梯ヒルクライムと勝負運

Image142

目覚ましは、6:00にセット。
会場集合は、7:30。

朝ごはんは、民宿のおかみさん心づくしの、おにぎり。
うーん、でかい。でもご飯が美味しいので完食。食べ過ぎたか!?

勝負パンツはCW-X。Terryの青ジャージの右にゼッケンを安全ピンで留めて、会場に向かいました。

昨日は閑散としていた会場はすでに車でいっぱい。
続々と自転車を積んだ車が集まっています。
あー、レースの朝って感じ。

Image144_1

少し時間があったので、桧原湖の周辺をちょっとだけ走ってきました。
朝やけが湖を照らしてえらくきれいです。

開会式で偉い人の挨拶がおわって、アナウンスが入ります。
いよいよスタートです。
一番早いチャンピオンクラスが先頭で、その後はみんな一斉になだれスタート。
おーっと。うかうかしているうちにおいていかれました。

最初はじわじわした登り。
早くも、苦しい感じになってきました。
最近、山登ってないもんな~。。あー、辛い。

またもや、朝ごはんを食べ過ぎたので、だんだんと胸にこみあげる『何か』

とにかく、もくもくと漕ぎます。
身体がとっても重い感じで、息の荒さが5メートル四方に聞こえるくらいな勢い。

とにかく、もくもくと漕ぎます。

途中で、スタッフの方たちが「あと○キロ」ですよー、と声をかけてくれます。

ラスト3キロ。
登りがきつい。Rもきつい。
とっくの昔にギアはもう残っていません。
力をこめて漕ぐしかありません。

残り2キロ。
前を走っていた女性の自転車乗りを追い越しました。

残り1キロ。
おや、平坦になりました。でもまだ、先が登っているかも、とギアはあまり重くはしすぎず漕いでいると、さっき抜いた人に抜かれました。 かなりスピード出してます。
もしや、ここは飛ばすとこ!?
必死に追いかけましたが、すでに、そこはゴール。

ゴール前のスプリント(おおー!なんかスポーツものっぽい表現!)で負けてしました。
ゴール直前の表示が49分58秒。実際のタイムは50分でした。

Image149_1 下山して会場に戻ってくると、無料の豚汁サービスが待ってました。
ごろごろ野菜の入っていて、具沢山。
うー、塩辛いものが旨い!

レースのリザルトが発表になったので見に行くと、女子14人で7位。
表彰は6位までなので、あと一人抜いていれば、表彰台に立てたということのようでした。 あらー。。 あの最後の追い込み、あれで負けてしまった。。
コースをちゃんと下見していればなー。。。。
タイム差10秒。は~。あとちょっとだったのにな。

6位の私を抜いて行った人は、この付近の人でした。
ジモティ強し!

民宿に戻ると、おかみさんが、 「どうだったー?」
>>表彰台のがしちゃいましたよ。

「そうー、がんばったねー。お風呂入って汗流しな」

おかみさんのご好意に甘えてお風呂を使わせてもらい、さっぱりとなったところで、気持ちを切り替えて、また猪苗代駅まで自走です。
Image155 お世話になった宿のみなさんにお礼を行って、民宿ひばらを後にしました。

電車まで時間があったので、ついでに猪苗代湖のあたりを走ってきました。
このあたりは、野口英世記念館とか、観光設備がたくさんあります。
お土産屋さんで、味噌団子をご飯がわりにいただきました。
味噌だれに荏胡麻(えごま)を使ってあって、それがまたなんとも味わいのある美味しい団子でした。

帰りは、新幹線に座ったとたん爆睡。

「お客さーん! 東京につきましたよ」

はっ!! あれれ、だれもいない~。
清掃の人にたたき起こされました。

裏磐梯ヒルクライムは、美味しいものもたくさん食べて、きれいなところも走れて、大満足。
ただ、それにしても、、、思い返すに、悔しいな~。
アスリート並の練習をしているわけでもないので、勝負はちゃんと結果を出せる人のところにしかいかないのはわかっているけれど、それにしても、悔しい。
1回くらいは、表彰台の上に立ってみたいな、なんて、だんだん身の程知らずの欲が出てきました。

レースって、こうやってはまっていくのかもしれないな。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年8月29日 (火)

輪行&自走で裏磐梯へ

遅ればせながら、裏磐梯レース&旅行記(?)アップします。

郡山から猪苗代に向かう電車に乗り込むと、輪行バックが入り口にもうひとつ。
LIVE Strongの黄色いバンド、ロードレーサー乗りに間違いありません。
もしかして、この人も裏磐梯ヒルクライムに出るのかなと思いつつ、なかなか声をかけられないでいると、次は、もう、猪苗代。
さて、と思うと、おもむろに、話が始まりました。

「裏磐梯出るんですか?」
>>はい、出ますよ。
 輪行でレースに出る人ってあまりいませんよね。たいがい車だし。

「そうですよねー。
 宿は、どのへんなんですか?」

>>あ、近くにあった、温泉民宿なんですよ。ひばらっていう

「あれ、一緒ですよ。僕も同じところです。」

なんと!
偶然にしても、すごい。同じ大会に出る人が、同じ電車で、同じ宿に泊まるなんて!

猪苗代駅からは、裏磐梯まで自走で行こうと思っていたので、駅についておもむろに、自転車を輪行バックから出して組み立て始めると、

「あの、ブログ書いてません?」

>>はい、書いてますよ

「ぼく、コメント書いたことありますよ。」

!!!裏磐梯に出るとコメントをいただいたご本人、bicirosaさんが目の前にいます!
二度びっくり!

Image132 bicirosaさんは、裏磐梯まではバスで行くつもりだったようなのですが、宿も同じということで、一緒に、自走していくことになりました。旅は道連れ、面白くなりそうです。

ちょうどお昼時。猪苗代のあたりは蕎麦が美味しいとのことなので、蕎麦を食べようと思っていたので、まずは、腹ごしらえに向かいました。

猪苗代の名店でお蕎麦のセットをいただき、う~お腹いっぱい。

さて、裏磐梯へ向かいます。

裏磐梯までは21キロ。
たいして距離はないのですが、やはり山なので、じわーっと登っています。

このあたりは、小さな温泉だらけ。あちこちに温泉の看板が見えます。
五色沼をすぎて、桧原湖。
受付の会場は、もうすぐです。とにかく受付を済ませなくちゃ。
と、思ったら左側に、民宿 ひばらの看板発見。
先に宿が見つかりました。
少し時間もあるし、まずは荷物を置いてから受付にいくことにしました、

ラッキーなことに、宿から受付会場まではすぐ。
ゼッケンとセンサーを受け取ると、
「はい、参加賞です。」
と、どさっと。大きなビニール袋をもらいました。
Image135 中身はまるまる太った大きなとうもろこしが5本!
新鮮だし、スーパーでは買えません!

うわー、うれしい。
でも、持って帰れるかな。
一抹の不安がよぎったけれど、後で考えることにして、宿に戻りました。

宿の前では、炭火でお肉の焼けるいいにおい。
ヒルクライム大会のウェルカムパーティが桧原湖の屋形船で開かれるのですが、その準備をここでやっているとのこと。
屋形船は、民宿ひばらがやっているもので、大会のスタッフの方たちもこの宿に泊まって、いろいろ準備をしているまっさい中でした。

米沢牛にとうもろこしが、炭火でじゅーじゅー焼けています。
屋形船の参加申し込みしておけばよかったな。。

さて、夜まではまだ時間があるので、少し走りに行きました。
Image151桧原湖は、1周が35キロくらいらしいので、ついでに1周してみたかったのです。
平坦ではなく、途中、ちょっとアップダウンもあって、なかなか面白いコースです。
天気もいいし、湖畔はきれいだし、車も少ないし、こういう場所を風きって走れるだけで、これてよかったなーとしみじみ。
途中に、清水が湧いているところがありました。この水が、また、冷たくてうまい!

Image140

1周する終盤、ヒルクライムレースのコースの前を通りました。
走っておこうかなと思いつつ、そびえる山を前に、やーめた、と引き返してきたのですが、実は、これがあとから、激しく悔やむことになるのでした。

さて、1周して、宿が見えてきました。すでに6時。
ライトを宿においてきてしまったので、暗いところでは走れません。
暗くなる前に、宿に戻らないと、とは、思ったのですが、少し足を伸ばして買い物に。

せっかく、水と米が美味しいところにきているのですよ!飲まないわけにはいきません。
民宿できいたら、お酒は置いてないとのことだったし、持ち込みOKと言っていたので、これは、もう、買いにいくしかありません。

こういうときだけ、スピードが出ます。
数キロ先の酒屋さんまでもうひとっ走りです。
かなりしょぼい酒屋さんでしたが、福島の有名な蔵元 榮川酒造のお酒をGet。
たびたび賞を受賞している蔵元なので、ぜひ、飲んでみたいなと思っていたので、ちょうど入手できてラッキーでした。

サコッシュにお酒を入れて、暗くなる前にと、猛ダッシュで宿に帰りました。

ご飯の前に、ひとっ風呂。
この民宿には、露天風呂があるとのことで、それも楽しみだったのですが、入ってみると、なかなかの広さ。ゆっくりつかっていると、だんだんお腹がへってきました。

晩ご飯は、bicirosaさんと一緒のテーブルだったので、飲みながら、ゆっくりと。
Image141 地元のお野菜をつかった、心づくしのお料理が並びます。
ご飯がとても美味しい、そしてお酒もうまい。くう~!

左の大きなテーブルには、もう一組の団体がいました。
話を聞いていると、どうも、明日のヒルクライムに出る様子。
ここにも、仲間がいました!同じ参加者同士、話もはずみます。

入り口付近のテーブルには、大会スタッフの方たちがご飯を食べています。
大会の成功を祈って、と、挨拶をされていたので、一緒に拍手をしてしまいました。

Image139 もう一回、内湯に入って、レースのために早めに寝ることにしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

ゴ−ルしました

ゴ−ルしました

タイムは49分でした

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

桧原湖一周

桧原湖一周

受付をすませて、軽く桧原湖を一周。ナツグモの空に山、湖もきれいです。来てよかった!携帯がほとんど圏外なので更新ができないのが残念。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

お昼はお蕎麦

お昼はお蕎麦

猪苗代到着。さすがにお腹が空きました。芳本茶寮というネットで評判がよかったお店で、名物料理の祝言蕎麦とわっぱ飯をいただきました。祝言蕎麦は結婚のときにふるまわれためでたいものらしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

郡山で乗り換え

郡山で乗り換え

郡山からは会津若松行きに乗り換えです。車内でもうひとつ輪行袋がおいてあります。もしかして行き先同じかな。だんだん天気も良くなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北新幹線で輪行

東北新幹線で輪行

郡山までは新幹線で向かいます。朝はやはりぎりぎり。昨日、自転車を輪行袋に入れておいてよかった!なんとか間に合いました。東京は曇り空。磐梯山はどうでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

白い手袋と靴下

このところ、土日は、灼熱の太陽のもと、朝から晩までとか、寝坊して日が高くなってから走るとか、一番日差しが強い時間にみっちり走ってしまった。

Image123 当然だけど、後に残ったのは、みっともない日焼け。
顔だけは、SPF50を三重層に塗って、かなりガードしていたのだけど、手足は、汗かいてなんだか苦しいので、日焼け止めを塗らなかったのだ。

↑その結果

手首だけ白くて、一見、手袋してるみたい。
もちろん、腕はしっかり土方焼け。

足なんて、もっと悲惨。クラデーションの入った、サイクルパンツ焼け&靴下やけ。
なま足でサンダル履くと、靴下を履いているみたいに見えます。

これで、水着とか着たら、えらく変な人です。

日曜に、しみる日焼けに耐えつつ、ジムのお風呂入っていたら、おばちゃんが、
「あら~、焼けてるわね~。何で?」
>>自転車です。
「健康的ね~、まだお若いからいいけど、気をつけないと、こうなっちゃうわよ。」
と、自分の腕の『老人斑』を差し出だされました。

あー!!!!

今日、会社で、この日焼けっぷりをみた同僚が、さらに更に追い討ち。

「わたりさん、何かを捨ててますよ。」

。。。。。。。。。もういいです。今年は。あきらめました。



さて、日曜はいよいよ裏磐梯ヒルクライムです。
明日から、電車輪行&自走で、現地に向かうつもりです。

Image124 自転車もちょっと手入れしました。
この前の銚子センチュリーランでちょっと海岸線を走って、2週間放置したら、チェーンがさびさびになってしまったので、工具が無いので、ロードレーサー師匠にお願いして、新品チェーンと変えてもらいました。
ぴかぴかです!良く走ってくれそうじゃないですか!

猪苗代のあたりは、お蕎麦や乳製品が美味しいらしいので、楽しみです。
るるぶ福島も買ったし、Googleでお店検索もしたし(って、何しにいくんだ!?)
ヘタレなVodafoneがつながったら、現地から更新しますね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

荒川CRと川越ツアー

Image104 土曜日は荒川へ、日曜は寝坊したので近所の大井埠頭で走ってきました。
携帯からちょっとだけ、アップしましたが、さすがに目一杯、移動していたので上げきれず、後追い日記です。

待ち合わせは朝の5:30。
一人では、待ち合わせ場所の赤羽岩淵水門にたどりつけそうにないので、近くの方に連れて行ってもらうことにしていました。

それにしても、この時間、早すぎです。会社よりもえらく早い。目覚ましを叩き壊しそうになりました。朝日がなんだかすがすがしいですが、早くも、暑くなる気配がしています。
2,3分すぎて待ち合わせ場所の大崎ゲートシティについたら、もう姿が見えず。
少し待ってみたのだけど、やはりこないので、先にいってしまったのだろうなーと、連絡を取ろうとしたら、連絡手段を家に忘れてきてしまい、仕方なくいったん家に戻って確認しようとパソコンを立ち上げたら、遅れてしまいましたと、メールが。
竹芝自転車倶楽部のみなさんとは、あちこちで合流しながら、赤羽岩淵水門で最終的に落ち合う予定だったのですが、スタートがかなり遅れてしまいました。

これから、追いかけてみるとのことなので、再度待ち合わせ場所に向かって落ち合って、出発!
赤羽岩淵水門に、8:30すぎにたどり着くと、竹芝自転車倶楽部のみなさんが待っていてくれました。
Image105 総勢、6名で、ホットドックを食べに出発です!

荒川のサイクリングロード、初めて走ります。
とにかく、広いのにはびっくり。
車が通れるくらいの広さがあって、走り放題。すばらしい!

おじさんの上半身裸率が高いのもびっくり。。。。。

とにかく、この日は暑かった。
水を飲んでも飲んでも、足りず、あっという間にへっていきます。
ボトルの中の水は少しすると、ほとんどお湯みたいになってしまいました。これ、飲むとまた暑くてまず~い。

秋ヶ瀬公園まで走って、一休み。
自販機の冷たいスポーツドリンク、くーっ!生き返ります。
更に先に進み、入間川に入ります。
そこから、40号線に入って、川越へ。

目指す川越の黒豚ホットドックにありつけました。

Image116 せっかく川越にきたので、川越をあちこちポタリング。
小江戸 川越は観光名所なだけあって、けっこう見ごたえがあります。
でも、いかんせん、観光する気温にしては、暑すぎます。
お寺とか、お城跡とか、いつくか名所をみて最後にいったのが、駄菓子屋横丁。
100円のかき氷、とにかく、美味しかった!Image117

帰りの荒川は思いっきり向かい風。走りづらいのなんのって。
あっという間に、20キロをきってしまい、みなさんの背中が遠~くに。。
途中、引いてもらって、だいぶ助かりました。
前に一人走っている人がいるだけで、ぜんぜん違うんですねー。

家に着いたのは18時すぎ。6時すぎからなので、えんえん12時間近く、外を走ってきたことになります。さすがに、もう、ぐったりです。

それにしても、荒川は、走りやすくて、きれいでよかったなー。5時起きして、行ったかいがありました!
みなさん、ご一緒させていただいて、ありがとうございました。

今度は、荒川にあるという、噂のとっても美味しいジェラートが食べられる牧場に行ってみたいな、なんて思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

一休み

一休み

最近発見した、大井埠頭の中のコンビニ『ポ−トストア』。ビタミンレモンとかちわり氷で一休み。氷がひえひえ〜♪あ〜生き返る。冷たいって幸せだ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連日は無理です

連日は無理です

土曜日は5時起きで荒川。早起き二連チャンは無理!今日も起きたら日が高く、最高調に暑い中、大井埠頭を走ってます。みんな帰り支度してますね〜。一張羅のグローブもないし、普通のカッコだし、ほどほどに走って帰ることにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

川越で黒豚ドック

川越で黒豚ドック

朝から走り続けてようやくお昼。黒豚ドック!!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

GPSってどうよ

月曜の夜は、銀座のあたりまで自転車で行って帰ってきましたが、ほんとに行きたかったのは葛西のあたり。実は、荒川に行きたかったんです。

行き方がわからないので、とにかく川まで行ってみようと出発したのですが、八丁堀をすぎたあたりで、道に迷い断念。

たいして乗ってないのに、行き先がわからないので、立ち往生。。。

もう、やだ、こんなの!と、GPSを真剣に考えることにしました。

カーナビみたいに、『次を右です』なんて言ってくれたら、どんなに安心かと。
それに、迷わないですむだけで、目的地に早くつけるし。

と、まず、買ってみたのが、携帯。
ちょうど、3年分たまっていたポイントがあったので、安く買えるということもあって、Vodafoneの904SHに機種変更してみました。

ゼンリンのいつもナビというのが使えるようになっていて、試してみたのですが、使い方がよくわかりません。。。現在地の地図表示はできるんですがねー。

となると、本格的GPSですが、会社のメカ好きに薦められたのが、Mio DigiWalker というPDA。数万円するので、どうかなーと思って考え中。

GPSのさらに上になると、数万どころか10万以上するらしい。

GARMINというのがいいとバイク乗りの上司が言っていた。

うーん。とてもじゃないけど、買えません。

結局は、地図を見て、あらかじめ方向がおぼろげにでもわかっていないと目的地にはつけません。

ということで、今日、こんなものを買ってきました。

東京通り名マップ

Image103 「これでイキナリ東京

キャッチがすばらしいです。

たった500円なのも素敵。
荒川と江戸川くらいは、迷わずいけるようになりたいです。

さて、そろそろ寝なくちゃ。

明日は、5時起きで、竹芝自転車倶楽部のみなさんと荒川ツーリングに行ってきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

品川埠頭で夜サイクリング

品川埠頭で夜サイクリング

お盆は関係なく会社はあります。昼間あまりにもいい天気でどこか出かけたくなったので、めったに夜はロードレ−サ−には乗らないのですが、少しだけ走りにきました。この時期だからか車が少なくていい感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

次は短めのヒルクライム

大井埠頭をやっとこ7周。
あまりの暑さに、2時すぎに退散。
もう少し早起きして向かえばよかったよ。参った参った。

大井埠頭の公園にたくさんいた自転車乗りは、11時をすぎると、だんだんといなくなり、2時にはもう、数人を残すのみ。やっぱり、朝練はスポーツの基本なんだなー。

早起きだけは、、、なかなか。

実は、次のレースがあと2週間後にせまっています。そこで、ようやく重い腰をあげて、練習にいったわけです。。

夏らしいレースに出てみたいなと探したところ、『裏磐梯ヒルクライム』というのがあったので、締め切り2日前の8月2日にえいやとエントリーをきめました。

美ヶ原のレースは山の上がとってもきれいだったので、磐梯山もきれいだろうし、少しは涼しそうだし、なんか夏の最後を締めるのに山でヒルクライムっていいかなー、と思ったのがきっかけでした。

車が無いので、自走または輪行で行けるところでないと参加もできないのですが、調べてみると、一番近い猪苗代駅から18キロくらいなので、自走で行けそうです。

10Kmで、標高差550mなら、美ヶ原の半分くらいだし、なんとか完走できるかな。(?)

第一回目の大会というのも、なんだか楽しそうです。

あと2週間しかないですが、来週の週末、がんばって練習して、行ってきます。

なんか、即実践で、レースが練習みたいだな~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

寝坊は辛いよ

寝坊は辛いよ

二週間ぶりの自転車。これはもう、見事に寝坊して、大井埠頭で走りはじめたのが11時すぎ。1番暑くて日焼けする時間ですが、夕方、美容院に行くので今走るしかありません。

公園でY'sのトライアスロンチームの人達、竹芝自転車倶楽部のみなさんと会いました。ちゃんと朝から来ているかたたちはもう帰るところでした。

あ〜あつい暑さが身にしみます。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

暑い京都のすごし方

週末は出かけていたので、自転車はお休み。
土曜日は大阪で仕事して、その後、京都の友人宅に滞在していました。

Image069 Image075_1

日曜の朝、友達のダンナさんのママチャリを借りて、友達親子と一緒に、朝ごはんの調達に行きました。自転車の前に弟、後ろにお兄ちゃん、前後30キロの兄弟を乗せた友達のママチャリは電動でなかなかに早い。あなどれません。借りた自転車を必死に漕いで追いかけます。

近くのパン屋さんでパンを買って、宝ケ池のほとりのベンチへ。
外の朝ごはん、なんかいいなー。

Image072 池のまわりの道は砂利道で、舗装されていないので、ロードレーサーで走るような人はいませんが、マラソンアスリートがけっこう走っています。
宝ケ池池にはでかい鯉がゆらりと。亀もいます。水鳥もいます。
それから、トンボ。やけにでかいと思ったら、オニヤンマ。私の実家も田舎だけど、シオカラトンボか赤トンボくらいで、オニヤンマは図鑑でしか見たことがない。はじめて見てしまった。

池のほとりは、水辺なので涼しいけれど、それでも、日中の気温はじりじりと上がっています。セミはうるさいほど鳴いているし、夏真っ盛り。

京都の師匠ご夫妻と合流して、上賀茂神社に行きました。
家族ぐるみで付き合ってくれる友達と、京都の師匠にはほんとに感謝!

なぜなぜ坊やになっている友達の子供(兄)が、あれこれ聞きます。
「じんじゃいって、どうするん?」
『お参りをして、お願いことをするんだよ』
「おねがいごとって、なにするん?」
『大きくなれますように、とか、病気をしませんように、とか、幸せになるようにお願いするんだよ』
「しあわせって、なに?」
『。。。うれしい、うれしいことよ。』

子供は、何の気なしに、ストレートにすごい質問をする。

上賀茂神社には、曲水という、1mあるかないかの小川を利用したお庭があって、水が豊富にある神社。初夏には、蛍が飛び交って、かなり幻想的なのだそうだ。
少し大きな3mくらいの幅の川も流れていて、その中で、子供が川遊びをしています。川の両岸は涼しい木陰。京都のお母さんたちは、お弁当を持ったりして川遊びをする子供とゆっくり過ごすのだそうです。近くに、人馬堂という有名な焼き餅屋さんがあって、あつあつの焼き餅をまず買って、遊ぶ前に腹ごしらえをするのが定番。

友達の子供二人は早速、川へ。私も暑さにたまりかねて、靴下脱いで、川へ。
「この川では、アサリが取れるんですよ。食べられるかはわからないけど、そうする人もいるようですよ。」

Image081

神社の小川でアサリ!?どれどれ。子供は見つけるのが早い。友達の子供が早速見つけている。ほんとに、アサリだ。ほ~。びっくり。

京都の夏は暑い。
その暑さを上手にしのぐ、地元ならではの夏休みの過ごし方があるのですね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

茄子の酢漬け

久しぶりにレンタルDVD屋に行ったら、あった、あった、ありました。
「茄子 アンダルシアの夏」

ロードレースをテーマにした映画だとは聞いていたので、前から見てみたかったのですが、ようやく見ることができました。

スペインの自転車レースで繰り広げられるやりとり。
いまだに、ツールドフランスの映像も見たことが無いので、世界トップレベルのロード゙レースがどういうものかがよくわからないのですが、緻密に計算され、レースを構成しているのだなーというのが最初の感想。

この作品の監督の方は、自転車乗りだと聞いたことがあるけれど、それだからこそ出せるのか、自転車の風を切る感じが画面から伝わってきて、見ていてわくわくしました。

それにしても、おっちゃんが作っていた茄子の酢漬け、ものすごく旨そうだった。

ジプリのアニメって、どうしてこうも食べものが美味しそうなんだろう。
『ハウルの動く城』で、城にそろったみんなで初めて食べる朝ごはんのベーコンエッグ、あれもすごく旨そうだった。

茄子の酢漬けをパオパオビールと一緒に食べてみたいな~。くーっ!!て感じだろうなー。
どうやって作るんだろう、何とかして食べられないものかな、と思ったら、同じことを考える人はやはりいた!

「茄子のアサディジョ漬け」への道 実践編

茄子料理いろいろレシピ

レシピを見ると、香辛料がけっこう使われている。
どんな味なんだろう。

映画の内容みたいに、決してすべてがハッピーなだけの甘いものはないけれど、お酢とスパイスがきいた後をひく味なんだろうなー。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

ヤビツ峠と緑カー

昨日はくたびれて寝てしまったので、ブログがアップできませんでした。

さて、ヤビツ峠。

あちこちのポイントで人数を増やしつつ、246号をひたすら、ひたすら自走でえんえんと向かいます。
手信号をみんなのマネをして、一緒にやりながら進みました。片手がぐらぐらするのがやばいですが。。

峠の入り口で最後の一人が合流。総勢7人がそろいました。

行くぞ、といいたいとこですが、まずは腹ごしらえ。
出発してから3時間以上。お昼も回って、かなりお腹が空いてます。

Image056近くにあったジョリーパスタで、お昼ごはん。
パスタを走る前に食べるって、自転車選手みたいかも。
けっこうお腹がすいていたのをいいことに、すべて完食。これがあとでまた響くことに。。

「じゃあ、頂上で待ってます。」

男性陣5人は、勢い良く飛び出していきます。
さっそくついていけません。まあ、マイペースで、行こうと、女性陣二人で、追いかけます。

今回楽しみだったのが、自転車に乗る女性と一緒に走れること。
途中でも、いろいろ会話できて、なかなか楽しくここまでこれました。

さて、ここからはえんえん登り。体力勝負です。
レースで行った美ヶ原や、奥多摩、ほふく寺峠、3箇所ほど峠はいったことがあります。
かなりの勾配に感じられたところばかりだったので、ヤビツの頂上を考えてもそこまではきつくはないのですが、なんか体力が衰えているのか、えらくきつく感じられました。
それに、少し前に食べたパスタ。う~、やはり食べ過ぎた。胸にせりあがるこの不快感。。ぐっと我慢して登ります。

そして、ヤビツ峠は走り屋のメッカでもあった。
この道幅のわりには、車にが多い、バイクが多い。
もちろん、サイクリストも多い。すれちがうロードレーサーがけっこういる。

緑のオープンカーに追い抜かれた。横には誰もいないので、一人で峠を走っているんだなー。
また追い抜かれた。2回目????ゆったり走っているし、走り屋でもない。不思議だ。

坂は坂なんだけど、そんなに勾配があるようには見えない。なのに、きつい。なんでだ?
相変わらず、立ち漕ぎができないので、ギアを軽くして、シッティングでえんえんと登っていく。
左側の路肩は分度器の横みたいに、傾斜していて、道はずっとそんな状態。
なので、左にはあまり寄れない。

途中、後ろからバスにあおられていったん足をついて路肩に避難。道幅がなくて、こうするしかなかった。

頂上につくと、とっくについていた男性陣が待っていてくれました。
そして、ありました!この表示!

Image058

ブログとかで、ヤビツ峠に上った人が必ず写してくるこれ。
もちろん、私も撮ってきました!

みんなが揃うのを待って、今度はいっせいに下り。男性陣は一気に駆け下りていき、またもや追いかけます。先が見えないカーブが多いので、そろそろと下りていきました。カーブが切れようとしたとき、突然、前方から、またあの緑カー登場。
うわ!びっくり。よけてやりすごす。それにしても、何回走ってるんだ!?

道が開けて、道路に出ると思いっきり出せる。
うわ~。でるでる。50キロ。もうよくわかりません、といってる間に、ふもとでみんなに合流。

帰りは、また246をえんえんと。
ものすごい渋滞で、車がダンゴになっていて、赤ランプばりばり。
ここを通りぬけるのか~。嫌だなぁ。。。

すり抜けながら走っていると、あれ、緑カーだ。こんなとこにいたか。
横をすり抜ける。これだけ渋滞していると、自転車のほうが早いもんね。
お先に。一台の車に計4回すれ違うとは!

帰りもひたすら246。
道路標示に書いてある渋谷○kmの数字がなかなかへらない。
やっぱ、遠いな~。
とにかく、前を走るみんなに遅れないうように、走る。

この道路、不思議なのだが東京から離れ下り方面は三宅坂から○キロと距離が入っている。
反対に都心に向かうには、三宅坂まで○キロとなっている。

車に乗らないので、三宅坂の意味するところがよくわからない。
調べてみたら、首都の重要な場所ということらしい。でも、なんで三宅坂?国会議事堂とかじゃないだろうか。まあ、近くだからいいのか。

246に別れをつげて、朝の待ち合わせ場所の二子橋に到着。

みんなとはここで別れて、ガス橋→池上通りといつものコースで帰ってきました。
暑かったせいか、なんかえらく疲れたな~。

お風呂に入ったら、これまたえらい日焼け。もうどうにでもなれです。

Image059 それにしても、峠はきついんだけど、私には車いっぱいの道路を走るほうが怖い。
渋滞も、みんなで行くとそれなりにがんばれるものだなー。
これにこりず、ぜひ、みなさん、また一緒に走って下さいね。

往復 140キロくらい。がんばりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »