« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

帰り道、蒲田からの出来事

三浦半島からの帰り道、とっぷり暮れてしまった、第一京浜(15号)を東京方面へ向かいます。

金沢八景でいったんコンビニ休憩。
いったん止まると、寒さがやってきます。
あまり休みすぎず、すぐ出発。

横浜が見えてきました。
夜のみなとみらいは久しぶりです。

Image389

観覧車にランドマークタワー。寒い日はとくに、きれいに浮かび上がっています。
しばし、自転車を止めて、撮影タイム。

川崎、そして、蒲田。
先行して走っているTictacさんとマッキーの姿は見えません。
私がだいぶとろいので、先の交差点で待っていてくれるはず。
少し前をLorisさんが走っていて、先導してくれていたので、後を追いかけます。

寒いけど、あと少しだー。
と思ったとき、それは起こりました。

ここから先は、『24』調で読んでください。

19:55
あれ、左から何か? と思ったその瞬間、前を走っているLorisさんが、いきなり自転車ごと右に飛ばされました。
あっという間もなく、自転車から身体が離れ、頭から車道側に落ちていって、顔をこするように投げ出されました。

次に見た光景は、左にママチャリと『誰か』、右にLorisさんのキャノンデールと数メートル離れたところにLorisさんが倒れていました。

事故!? え、ほんと!?

自転車を降りて、歩道に止めて、駆け寄ります。
何をいっていいやら、とにかく、大丈夫ですか?と問いかけるのが精一杯でした。
倒れているのに、大丈夫もくそもない、のですが、反射的に出た言葉がそれでした。

あ、でも、返事した。
。。。良かった~。

傷はどうかと聞いてます。

顔を見るとあごの下がびーっと切れていて、血が出ています。
頬のあたりも。

Lorisさんの自転車が車道に投げ出されたままなので、自転車をひっぱってきて、歩道に寄せました。ぶつかったときと、そのあとしばらく、車が走っていなかったのは本当に幸いでした。

ママチャリの男性が立ち上がって、第一声、「大丈夫ですか?」
ママチャリの前籠はぐちゃぐちゃでした。その勢いでぶつかられたLorisさんの自転車も、変速機の部分とかが割れていたり、ホィールが曲がってしまっていたりして、走行不可能な様子。

19:58
ざっと見たところ、二人とも立って歩いているので、大怪我とまではいかなそうです。
先行しているTictacさんとマッキーに連絡を入れます、

とはいっても、壊れてしまった自転車と、飛ばされてどこか打っていて後から何かあったら大変なので、警察と救急車が呼ばれました。気温はだんだん寒くなってきていて、目の前の惨事もあって、ますます、身にしみます。

救急車はなかなかきません。が、とにかく待つしかありません。
Lorisさんが水で傷を洗っています。

20:05
Tictacさんとマッキーが戻ってきてくれました。心強いです。
救急車が50mくらい先にとまっていますが、こちらに来ません。
マッキーが呼びに行ってくれました。

20:10
救急車到着。中で渦中の二人が治療を受けます。

20:25
ようやく警察が到着。通報後かなりたっています。
双方に状況の説明をして、現場確認が行われました。

20:45
救急車で近くの病院にLorisさんとママチャリの人が運ばれていきました。
動かなくなってしまった自転車は、Tictacさんが車で取りにきてくれることに。
置き去りにはできないので、マッキーとお留守番をすることにしました。

20:50
警察が引き上げていきました。

21:00
Tictacさんが車で戻ってきてくれました。
ホィールを外して、自転車を積み込んで、解散となりました。

帰りは、ゆっくり走行。いつも走りなれた道なのに、なんだかへんな気分です。

21:26
自宅到着。ちょうどマンションのエレベーターの前で、病院にいったLorisさんから電話が入りました。骨折などの心配はなく、軽症ですんだようだ、と。
相手は飲酒をしていたらしく、あっさりと非を認めていた、とのことでした。

自転車を部屋に運び込んだら力が抜けました。

富士チャレンジのとき、ひどい落車を真横で見て、そのときも怖いな、と思ったのですが、身近な人が事故にあうというのはまた別です。

私は、幸いなことに怪我をするような事故にはまだ遭遇していません。
気をつけても、今回のように、不注意な人間がいたら、そうもいかない。

あの時、もしも、車が通ったら。。
考えるとキリがないのですが、それが、運というものなのかもしれません。軽傷で本当に良かった。

いつもいつも怖がっていては、峠を下ったりなんてできない、と思うのですが、アクシデントが起きて、冷や水を浴びたような気持ちを味わって、いつかは我が身と、肝に銘じてあげることも、時には必要なのかもしれません。

とにもかくにも、走り仲間のLorisさんには、一日も早い回復をお祈りします。

グルメサイクリングには、やはり、グルメ隊長がいないと!

| | コメント (5)

2006年11月28日 (火)

三浦半島サイクリング

土曜日は、Lorisさん、Tictacさん&マッキーの4人で三浦半島に行ってきました。
集合は8時。目覚ましを叩き壊しそうになるのを必死に抑えて、支度をします。

うー、さむっ。

さすがに朝っぱらは冷え込んできました。

長袖ジャージに、ベスト、長タイツ、ウールソックス、この前買ったばかりの冬向け装備で出発です。

まずは、中原街道。いつもは丸子橋から多摩川サイクリングロードに行ってしまうのですが、今日はそのまままっすぐ。

車がけっこう多くて、走りにくい。
ひたすらついていきますが、信号でひっかかったりして相変わらずとろくて皆さんを待たせてしまいます。申し訳ないなーと思いつつ、マイペースで追いかけます。
道を知っている人がいると、ついつい、お任せしっぱなしなので、どこをどうやって移動しているんだかさっぱりわかりません。

川に出ました。Image375

Lorisさん「ここが境川だよ。このへんを走っているサイクリストもけっこういて、よくブログに出てくるよ」

そういえば、聞いたことがあります。ここがそうかー。

川幅はそんなに広くかく、うねうねと曲がりながらサイクリングロードが続いています。
横は田んぼだったり、畑だったり。こやしの匂いもご愛嬌です。

境川を走って、道路にぶつかると、そこから少し行くと、海!
湘南の海―! 数えるほどしか来たことがないですが、まさか自転車でやってくるとは思いもしませんでした。

新江ノ島水族館の横に自転車止めて、しばし、海気分にひたります。
うわぁーい。江ノ島―!サーファー!
海だぁー。

実家が海近いので、見慣れた光景ではありますが、そこはさすがに湘南。なんだか、おしゃれそうなところにきちゃったぞ、と、おのぼりさん気分です。

Image376 サーファーがぷかぷか浮いた海の向こうには、くっきりと富士山。
冬で空気が澄んできているので、きれいに見えます。
デジカメ持ってないのが悔やまれます。携帯では、これが限界。

このへんのママチャリは、かなりな率でサーフボードキャリアがついている。ボードを載せて運んでいる人も要るけど、無くても、カギ状の金具がぐいっと飛び出たママチャリに乗った人がいっぱい。
つまり、この人もサーファー。あの人もサーファー、なわけだ。とにかく、さすが湘南。

さて、お昼ご飯は、グルメなLorisさんおすすめの葉山のお店に向かいます。
が、これが、意外と、アップダウンがある道で。。。

Lorisさんが「もう少しだから」
とは言ってくれるのですが、だんだんと腹減り状態がマックス!

なのに、道は続きます。

それから、ふっと右見ると、そこには、MARLOWの看板が!
横浜そごうの地下で売ってる、プリンのお店が目の前に!

ううー、、、、プリン!プリン!
カップに入った、濃厚プリンが頭を占領。あー、バナナプリンが食べたいー!

しばらく行くと、今度は、カレーの香り。
ううー。スパイシー。。。お腹減ったー。

我慢大会のような道です。

葉山を通って、佐島。
我慢にがまんを重ねて、ようやく今日のランチのお店に到着。

佐島のマリーナ近くの海辺というお店です。

表は普通のお店で、定食屋さんみたい。
ファンが回っていて、そこから、揚げ物の匂いが漂ってきます。
うー。揚げ物が食べたくなってきました。

Image380 一歩中に入るとこんな感じで、海を見ながら食事ができるようになっています。
そこはやっぱり、おしゃれな場所って感じでした。

パラソルの下で食べたのは、洋食、、、じゃなくて、がっつり、『海辺定食 1900円』
海に来たんだから、刺身は食べたい、でも揚げ物も、、煮魚も捨てがたい、、、と、悩みつつ、全部がいっぺんに食べられる定食にしました。

まずは、刺身定食。

Image383 魚の身がぷりぷりしてて、旨い。荒汁は骨ごと魚の身が煮込まれていて、味噌味。くぅー。うまい!生しらす、初めて食べます。新鮮そのもの!つやつやご飯はお代わりもできるし、たまりません。箸が進みます。

だいぶお腹いっぱいになったくらいに、煮魚登場。あつあつを食べます。
甘めのたれで煮付けてあって絶品。うま~い。
そういえば、最近、鯖の味噌煮作ってないなー。

最後に天ぷら。ここまでで腹いっぱいなお腹にさらに追い討ちをかけます。

う~。満腹。

再起不能。食べすぎです。しばらくは動けません。
海を眺めつつ、自転車話なんかしながら、海ランチを満喫します。
お尻に根が生えました。経過時間1時間半。

ようやく、えいやっと立って、自転車に乗ります。
なんかお腹つっかえてないか!?やばいなー。

でも、次は、もちろん、デザート!
このメンバーで行って、デザートが無いわけがない。

Tictacさん&まっきーが先行して走っていて、次のお店までまたひたすら追いかけます。
登ったり下ったり、腹いっぱいの状態だとかなりきつい。
食べすぎたのはわかっているんだけどなー。

左はがけ。カーブになっています。ぐわーと曲がったら、そこは、
>>ええー!!!
坂! それもけっこうきつい。
>>うそー!

チェーンが落ちるので、インナーには落とせないし、とにかく上りきるしかありません。
ひぃー。

後ろで、Lorisさんが激笑いしてます。
やっと登ると、Tictacさんがにやにやして待っててくれました。

二人とも確信犯だよ!まったく!

お店に到着。

紅茶とその場で焼いてくれるワッフルがメインのお店。
Image387 スペシャルモンブラン・ワッフルセットをロイヤルミルクティーでいただきました。
これもまた、けっこうな量。

しっかり完食したので、お尻に根が生えて、しばらく動けません。

店を出たころには、外は真っ暗。自転車につけてきたライトの出番です。
前後ろを付けて、東京にもどります。
Tictacさん「50キロくらいかなぁー。」

帰りは長いなー。

サイクリングは、ちゃんと戻ってこそ、サイクリング。

このあと起こったことは、しばらく忘れられそうにありません。

| | コメント (5)

2006年11月23日 (木)

寒い!寒~い

だんだんと走るのが辛くなっていく今日このごろ。
祝日の今日は、寒かったり、天気イマイチだったこともあって、掃除デーで終わってしまいました。

ママチャリ通勤の毎日では、すでにマフラーと手袋が登場!
ゆびが冷たくなってしまうと、会社についてからしばらくキーボードが打てません。
去年はホカロンがずいぶん活躍したものですが、今年はどうなんでしょう。。

冷え性なので、防寒対策は早めにしておかないと、ということで、今回はお買い物編。

先週の日曜日、Lorisさんとサイクルショウに行った帰りに、あったかものをあれこれと買い込んできました。
*サイクルショウは別の記事にしようかな。写真いろいろ撮ってきてはいますが。。

まずは、サイクルショウ。
出展されたブース内で売っていたサイクル用のソックスを購入。ちょっと安くなってました。
DeFeet ウールソックス

説明を聞くと、足の裏がメッシュみたいな穴明き構造になっていて、汗をかいても気持ち悪くならない、とのこと。あったかそうだったので、いいかなぁと。

それから、なるしまフレンドの2階で、

SUGOI アームウォーマー & レッグウォーマー
メンズのSサイズを購入。他のメーカーのも試したけど、大きくてずり落ちそう。ぴったりするのがこれしかなかったので、即決。

Terry くるぶしまである長いタイツ
夏に買った短いサイクルパンツがものすごくよかったので、同じパットを採用しているものを買いました。これ買ってから、長距離が楽になりました。今では、ロードに長い時間乗るときは、パット無しだと乗れません。
最初はMサイズを試してみたのですが、ものすごく丈が長い。
 -自分の足が短いのか、ガイジンさんサイズだからか。。。
   海外のだし、そういうことにしておこう。
くるぶしの下まですそがきてしまい、もたつきそうなので、Sサイズにしました。

・ パールイズミ:グローブ
UVカットのもので、冬用ではないのですが、今、指きりグローブひとつしか持ってないので指があるものがとにかく欲しくて買いました。冬用グローブはいつくか試してみたのですが、Terryのは、小指が合わず、断念。あったかそうだったのになー。
真冬用のをもうひとつ買うつもり。指が立体的でぴったりと収まり良くて、ここのはやっぱりいいなー。

最後に恵比寿の駅前のモンベルで、
・ モンベル ジオライン の長袖アンダー
 縫い目がないので、着易そう。あまり暖かさはないけど、汗の放出機能はかなりあるらしい。ほんとはウールのものが暖かいです、と薦められたのだけど、ウールは痒くなってしまう体質なので、断念。

全部で、約3万円ちょっと。
ああ、財布が空。うう~。

最近、普通の服よりも、自転車物に払っているお金の方がだんぜん多い。
いつもなら、セーターやコートなんかに手を出しているのに、今年は、一切冬物を買っていない。どうしたことだ!

とにかく、これでようやく上から下まで揃ったので12月中くらいまでは走れそうです。
とはいっても、完全冬用のものは調達しきれていないので、極寒には無理らしい。
あったかアンダーはもう一枚、買わないといけないけど、コストパフォーマンスが良さそうなユニクロのヒートテックあたりを狙ってみようかな。お給料が出たら、シューズカバーだけは早めに買っておこうっと。

ところで、会社で、ついに女性サイクリスト仲間ができました!
先週、TREKのクロスバイクを注文したとのことで、今、納車待ちなんだそう。

すごく嬉しそうに、「買っちゃいました!!」とニコニコ。
うん、うん、わかる、わかる。ロードレーサー買ったときは嬉しかったもんなー。
「何が必要ですかねー?だんだん揃えようと思って!」

と、あれこれ質問の嵐。

>>いっぱい乗れば乗るほど、楽しいよー。ついでにレースとかもどう?

悪魔のささやきはさておいて、まずは、一緒にサンデーライドに参加して、多摩川あたりを走りに行こうかな。
わーい、楽しみだな~♪

自転車乗りが増えたことだし、寒さに負けず、といきたいところです。

| | コメント (9)

2006年11月18日 (土)

最高難度の周回コース

水曜日、お休みが取れたので、ロードレーサー師匠に自転車乗りに連れて行ってもらいました。
本当は、草津とか、山に行きたかったのですが、冬用のタイツやグローブも無い状態では無理と、暖かそうな伊豆に行くことになりました。

山の中にある、遊園地に併設された『サイクルスポーツセンター
普段は、レースが行われていたりする場所なんだそう。

入り口のゲートには、『自転車の国』と書いてあります。

遅く出たので、着いたらもうおやつの時間。
駐車場には、まばらな車。走り終わってきたらしい人が車に自転車をしまっています。
「ここで走るのは、10年ぶりですよ。」なんていう話が耳に入ってきます。
敷地の横にある、競輪学校にいたのだそう。
・ ・すごい太もも。プロっぽいなー。

それにしても、う~、さぶい。
早く走り出さないと、身体が冷えるばかり。
今日は、長袖ジャージの上に、ベストをつけていきます。

800円払って、中に入ると、、、、、、
だーれもいませんでした。

Image357 平日だからなのか!?

周回コースは、全長5キロ。
レースが無いときは、下りのバンクに綱が渡されたポールがおいてあって、ジグザグに下りるしかなく、あまりスピードが出せないようになっています。

まずは、下り。
それから登り。
うんしょ。うんしょ。
右のギアを一番軽く、インナーに落とさないと登れません。

登ったとおもったら、下り。

おー。。出るでる。50キロは楽にでます。

が、また登り。

今度は、きつい。

上りきったら、下り。

下ったと思ったら、また登り。

最後は下りで、スタート地点。

って、登りと下りしか、無いじゃん!!

富士スピードウェイも登りが辛かったけど、ここは、それ以上。
勾配なんて、富士の比ではない。
師匠が、走れる人でも辛い、といっていたので、やっぱり、かなりきついのだと思う。

平地がほとんど無く、ひたすら登って、下るだけ。

つ、辛い。うひー。。。。

暑くなってきたので、ベストの前のジッパーを下ろしてみた。
温度調節がしやすい。ベストって、いいかも。

まだまだ、登り下りは続きます。なんだか、ヒルクライムしてるみたいです。

コースは貸切状態で誰も通らないので、マイペースでひたすら漕ぎます。

Image356 途中、もみじが色づいていたり、銀杏が黄色くなってたり。

4周ほどしたら、閉園時間と告げられたので、周回コースを後にしました。

それにしても、人がいない。

昭和40年代な感じのこの場所。
お土産ショップもオリジナルは『サイクルスポーツセンター チョコレートクランチ』のみで、あとは、????なものが並んでいます。

お土産屋さんの外には、ファーストフードショップ『さいくる』。
もちろん、営業してません。
青いゾウが手をあげてます。なんだか、物悲しくなってきました。
Image361

しかし、ものすごい周回コースでした。

せっかくの休みなのですが、、、登り下り。
これでいいのだろうか。
修善寺で温泉によって、久しぶりの休日は終わりました。

| | コメント (3)

2006年11月12日 (日)

サンデーライド

通っている自転車屋さん:ワイズバイクガレージで日曜の朝にサンデーライドというのを開催していたので、10月、11月で2回ほど参加してきました。

朝8時にお店の前に集合。特に予約もいらないので、わらわらとみんな集まってきます。
遅刻するかなーとあせっていきましたが、間に合いました。

1回目は、多摩川 大師橋近くの飛行機が見える公園。浮島町公園

この日は、15名くらいの方たちが参加していました。年齢も職業もいろいろ。自転車もいろいろ。MTB、クロスバイクもいます。

はじめまして、とみなさんとまずは挨拶。ご夫婦で参加されているお二人がいました。
ダンナさんは黒いロードで、奥さんはMTB。とても仲良しで、いい感じのお二人。
「もともとはダンナが自転車好きで、私も感化されちゃって。」
完全に同じではないのだけど、二人の洋服の色のトーンが合わせてあって、こういうペアルックのあり方もあるんだなーと関心。素敵だなー。

さて、ひとしきり集合して、さあ出発。

多摩川を下っていきます。多摩川の土手を下りて、車道に出るのですが、土手を下りる道ががたがたでちょっと自分には無理。自転車を降りて持って行きます。

そこからは、ゆっくりチームと早いチームで別れて車道を走って、目的地の浮島町公園到着。お店の方でも、思い思いに楽しめる工夫をしてくれているのですね。

差し入れで持ってきてくださったお菓子をつまんで、飛行機がごぉーっと飛ぶのを眺めます。対岸が羽田空港なので、迫力満点。次々に飛行機が飛んでいきます。
Image311_1

土日は寝貯めデーだった一年前。朝からこんなことをしている自分にびっくり。

帰りはその後走る約束をしていたので、先に行きますね、と一人先行したのですが、道を間違えてしまい、車道にでてしまったので、川に戻ったら、店に戻るみなさんと遭遇。
「いや~、間違えちゃいました。。」
こっぱずかしかったです。

2回目はおなじみの大井埠頭。自宅からのほうが近いので、現地で合流して一緒に走らせていただきました。

おや、このまえMTBにのっていたご夫婦の方が、ピンクのキャノンデール:ロードレーサーに乗っいるではないですか!

おおー!ついに買ったんですか?
Image339

「お店にちょうどサイズぴったりの中古が入ってきたんですよ。思い切って買っちゃいました♪」
とにこにこと二人で大井埠頭を周回。二人そろって自転車が楽しめるなんてほんとに素敵なことだなー。見ていてこちらも嬉しくなります。
この日は、クロスバイクを買ったばかりの女性の方も参加されていました。

日曜の朝、ちょっと早起きして、いろんな人と走る。
距離を乗るわけでもないし、がつがつ走るわけでもないのですが、朝からのんびりプチサイクリングはなかなか良いですよ。
Image310

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

雨の土曜日

今日は名護でツールドおきなわが開催されています。
レディース市民レースにエントリーをしたのですが、昨年のタイムを見て、呆然。
ほとんどの参加者が50キロを1時間30分前後で完走しています。師匠に無謀だと言われたのはここだったか。。。あとから調べると、国内でもハイレベルのレースだったらしい。

沖縄本島サイクリングにしておけばよかったな、と、反省することしきり。
富士チャレンジで200キロ完走できたら参加しようと自分なりに決めたのですが、結果は、、ご存知の通り、完走できなかったので、参加は取りやめることにしました。

おまけに、今の時期はボーナス前。冬用のジャージを買ったのはいいのですが、おサイフもきれーに空!見事なまでに。6万前後の出費はちょっと辛かった。
来年、力をつけたらまた再チャレンジかなー。遠征費も、もちょっと貯めておかないと。

沖縄には行かないことになったので、コナミ自転車仲間のまっきー、たにやん、テリーさん、rikiさんたちが荒川ツーリングに行くというので、一緒に行くことにしていました。
悩んでやっと購入を決めた、EXTEONDO:エチュオンドのジャージ。おニューでおろして着ていこうと思って、昨夜は、枕元に出して寝ました。

こういうのです↓
http://www.etxeondo.jp/shop/ladies.html
サーモライトレディース長袖ジャージ “ROX”
高い!はっきり言って国産メーカーの2倍くらいの価格。でも、サーモライトという素材で暖かさ抜群、機能が良いうえに、ラインが入ったこのデザインがなかなかシンプルでカッコ良い。
う~、た、高い。しばらく悩みましたが、そう何枚も買うものでないし、気に入ったのはなかなか無いしでえいっと購入。Sサイズでぴったりでした。色は黒です。
それから、日本のサイトには乗っていないのですが、ベストも購入。
Terryのサイトで発見して欲しいなーと思っていたのですが、調べたらエチュオンドの製品で、日本でも取り扱われていて売っていました。
http://www.terrybicycles.com/detail.html?item_no=5112
Olatu Vest

ベストなのでびっちり完全防備というわけではないですが、ウィンドストッパーで、風を遮断できて、超極寒でなければ充分との説明でした。黒とオレンジで、これもまたカッコイイ。

あとは、あったかインナーと、長タイツと、シューズカバーを買えば、冬でも走れます。
ええ、これだけ出費したので、冬もがんばって走りますとも!

が、今日はあいにくの雨。今もしゃわしゃわ降ってます。

朝6時。「今日は中止」のメールが連絡網で飛び、サイクリングは中止。
天気には逆らえません。うーん。残念。

思えば、去年の同じ時期くらいに、同じメンバーで高尾山サイクリングに行ったとき、初めて前傾で乗る自転車にまたがったのだよなー。

一年たった今、自転車買って、レースに4回参加して。
いろんなことがありました。
早かったなー。

明日は天気が持ち直すといいな。
走れない週末なんて、嫌だよう。
自転車も今日はお留守番です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

サイクルモードで秋冬もの物色

富士チャレンジが終わって、翌日は、こわばった筋肉痛で仕事にならず、なんだかぼ~っとしている間に1週間がすぎていきました。
燃え尽き症候群か!?

とはいっても、自転車界(?)の一大イベントCYCLE MODE :サイクルモードがあったので、土曜日、自転車仲間のたにやん、テリーさんと幕張メッセにいってきました。

たにやん、車出してくれてありがとー!

Image331 途中、IKEYA渋滞に巻き込まれるも、2時すぎには会場到着。

子供とワンコがなぜかいっぱい。併設して、いろんな展示会をやっているらしい。

さて、サイクルモードの入場券1200円。しまった!前売りを買っておけばよかった!前日、体調不良で寝込んでしまって買いにいけなかったのが悔やまれるがしかたない。

試乗の誓約書を書いて、試乗PASSをもらってから入場。

会場に1歩入ると、人、人、人。。。。うわー。自転車な人ってこんなにいるんだ。ジャージな人もいるので、自転車で来た人もけっこういるみたい。

まずは、会場内をぐるっと。

Image332 おー、ピナレロ。値段の桁が違うよ。うーむ。高い自転車ってどうなのかなー、と思ったけど、試乗待ち行列ずらり。。。次。フラットロードが展示してあったので、それをパチリ。
いろんなメーカーの新車がずらり。しばらくは自転車を買い換える気が無いので、あまり真剣に見る気がしない。

買うとしたら、ウエアだなー。秋冬ものって、持ってないし。

ということで、去年、サイクルショウで見たTerryを扱っている東京サンエスブース。
女性用のウエアといったら、まずはここをチェックしないと。
おやー、ここで出している自転車のTESTACHの試乗がすぐにできるみたい。
サイズもぴったりだし。乗ってみよっと。
住所を書き込むと後ろで待っていた人から声が。なんとご近所でした。意外に近くに自転車仲間がいるんだな。。

Image337 サドルを合わせてもらって、試乗スペースへ。
あまり器用ではないので、知らない自転車って少し怖い。
だんだん慣れながらゆっくり乗っていく。
うわー。軽い。
くるくる回して漕ぐってこういうことを言うのか。坂になるように台が置いてあるけど、そこもすいすい。くるくる。

自転車って、ぜんぜん違うんだなー。私のは、どうしてあんなに重いんだろう!?

Image338 自転車を返してからTerryの来年春夏ものの展示をチェック。来年のTerryはやたらノースリーブが多い。ノースリーブはデザイン的にかわいいけど日焼けが気になる、といったら、秘密兵器登場! なんと、肩のところでつながったボレロ。説明員の人が、マフラーみたいに巻いているけど、これは、かわいい、そして、機能的。日焼け止め用のアームカバーはすぐにずり落ちてくるので、気になってしょうがなかった。これなら落ちない。うーん。欲しい!

春夏ものの、ウエアは、チャイナカラーになっていて、それもまたかわいい。

が、今欲しいのは秋冬もの。

次は、ETXEONDO:エチュオンド。スペインのデザインというだけあって、シンプルでロゴもどかーんと入っているわけではないし、色もまずまず。

ちょっと高いけど、機能もよさそうだし、やはりこれかなー。
でも、高いなー。上下でそろえたらたいへんなことになっていまう。

それから、最後にパールイズミ。コーナーの柱のところに面白いジャージ発見。

Image336
マンガのOverDriveジャージ。前後ろでプリントがばっちりときれいに入っていてなかなかいい。聞いてみたら、少し前に開催された、ジャパンカップでの会場内の限定ジャージで参考に展示されているとのこと。そういえば、富士チャレンジでこれを着て走っている人を見かけたっけなー。
男ものだし、自分じゃ着れないけど、ファンの人にはいいだろうな。

いろいろと説明してもらって、アンダーと、長いタイツはあったかそうでよかった。
3Dパットってなんのこと、というと、構造からきちんと説明してくれる。

展示会は、直接、メーカーの人から説明が聞けるのがうれしい。

さて、ひたひたとせまってくる、自転車買って初めての冬。

はたして、冬シーズンは走るのか?走れるのか?
想像するだに寒そうだけど、どれだけ寒いんだろう?
何がいるのかなー。

最近、温度調整には失敗ばかりしている。

9月初旬:
朝少し寒かったのだけど、前日までかなり暑かったので、昼間は大丈夫と、半袖ジャージにUVカットのアームカバーをしていく。
ところが、気温はあまり上がらず、20度前後。自転車を止めてランチをしていたら、寒くなってしまった。アームカバー(夏用)はまったくあったかくないことがよくわかった。反省。

10月初旬:
朝少し寒かったので借り物の長袖ジャージ(裏起毛)を着ていったら、日中温度が上がって25度に。ジャージの下は汗びっしょり。顔がぼーっと赤くなるほど。裏起毛の威力を実感した一日。裏起毛はまだまだ早かった。反省。

10月中頃:
朝少し寒かったので、イベントでもらった袖なしナイロンジャンバーをひっかけていく。走って30分後。顔が真っ赤。湯気が出そうなので、丸めて背中のポケットに。
裏がメッシュでないと、汗が抜けなくて暑くて使い物にならないー。やはり自転車には自転車用品なのか!?反省。

10月後半:
朝少し寒かったような気がしたので、自転車用のウィンドストッパーのジャケット(借り物)を引っ掛けていく。が、借り物のジャケットはでかくてひらひらとはためいてかっこ悪い。やはり、メンズはだめだったか。反省。

富士チャレンジ:
試走があまりに寒かったので、半袖に、借り物のアームウォーマー、レッグウォーマーで走り出す。昼ごろになると温度が24度に上昇。ウォーマーとつく物体は、なかなかにあったかい。いや、この状況だと、もう暑くってやってられない。ウォーマーじゃなくて、UVカットのカバーにしておけばよかった。反省。

毎回反省の嵐。どうも、微妙なシーズンの温度調整は難しい。

さーて、それでもって、秋冬ものは何買おうかな。

どうも、自転車ウエアって、カッコ良さと機能が両立してない気がする。
着たいって思うものがなかなか無いんだよなー。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »