« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

走り納めで深大寺蕎麦ポタ

29日は、Lorisさんプロデュース深大寺お蕎麦ポタリング。

待ち合わせ場所に向かうと、Lorisさんがすでに待っていました。ちょっぴり出遅れてしまいましたね。。。
いつもは、ロードレーサーででかけるのですが、Lorisさん、今日は、KHSという小径車です。が、この自転車、ハンドルはドロップだし、普通の小径車って感じではない。

中原街道の坂道を30キロでするする登るかと思うと、下りは、、、ん!?
メーター見ると36キロ!!
追いついていくのもやっとです。あなどれません、小径車。

Image438 多摩川の丸子橋でOtoさんと合流。そのまま多摩川をさかのぼって、調布へ向かいます。
Otoさん、トレックのクロスバイク、だいぶ乗りなれてきたようです。

20分もいかないうちに、途中でナカさんと会いました。
いつも思うのだけど、ナカさんは、自転車姿が渋くて、きまってます。今日も愛車ビアンキでさっと追い抜かれて、前で止まりました。

「これから、ホィールを買いにいくんですよ。では、また!」

颯爽と行ってしまいました。
ホィールかあ。。。いいなー。何買うんだろうなー。

大晦日も近い12月。防寒対策をしているとはいえ、寒い~。左手に、雲かとおもったら白くなった富士山がくっきり。空気が澄んでいる証拠です。寒いわけだよ、こりゃ。

Image439 多摩川から少しはずれて、野川を通って、深大寺到着。
ここは前にお花見にきたことがあって2回目ですが、東京らしからぬ独特の雰囲気がとてもいい。門前の感じがまたよくて、ちょっと旅行にきたような気分になります。

山門の前で、Tictacさん、今日、お初にお目にかかるsaganoさんと合流。総勢、5名がそろいました。

さて、深大寺といったら蕎麦。門前に20数件の蕎麦屋さんが軒をつらねています。
イトーヨーカ堂とかジャスコとか、スーパーでも『深大寺蕎麦』が売られているほどで、東京の蕎麦ブランドと言ってもいいかもしれません。

甘酒とか、蕎麦饅頭とか、お団子とか、ほかほかの湯気が上がっている誘惑が多い境内。横目に見つつ、坂を上って、Lorisさんおすすめのお蕎麦屋さんに到着。

辛味大根蕎麦と、10割天せいろと、悩んで天せいろにしました。
Image444 ふと気がつくと、お蕎麦を打ってます。まぎれもない手打ち蕎麦!ああ、楽しみ~。
お料理到着!お腹空いて死にそうです!いただきますー!と思ったら、そこは全員ブログ書き。

食べる前に一斉に激写です。
「ちゃらりらり~ん♪」携帯のシャッター音が複数。デジカメも登場です。
なんだか、おかしくなってしまいました。Image449

お蕎麦はもちろん、美味しく、まったりと腰を落ち着けて自転車話をひとしきり。

次はデザートです。
これまた、Lorisさんチョイスの調布飛行場の「プロペラカフェ」に向かいます。
深大寺からは、ものの10分。
こんなところに飛行場があるなんて知りませんでした。
個人のセスナ機みたいなのが、たくさん止まっていて、次々飛び立っていきます。

案内されたのは、滑走路のまん前。日差しがさんさんと降り注ぎ、とても良い場所です。
が、、うーむ。さんさんと日をあびっぱなし。女子としては、日焼けも気になるところです。
女性サイクリストは通年、日焼け止めは必須なのかもしれません。

ケーキセットをみんなで頼んで、待つことしばし。
ケーキ到着。もちろん、食べる前には激写です。Image452

自分も写真とってますが、やっぱり、この光景は笑えます。

お尻が落ち着いてしまい動きたくはなかったのですが、タイムリミットがあり、4:30には自宅についていないといけなかったんで、多摩川からはみなさんより一足先に失礼することにしました。

さて、急がなきゃ!と、スピードあげて走っていると、Tictacさんが追いついてきて、
わたりさーんわたりさーんお家から遠くなってるよー。。。」

あ、、、
反対方面逆走。さかのぼってしまいました。

戻ると、みんな大爆笑してます。これは、完全にネタになったなぁ。。

その後はひたすら走り、4:30にはなんとか自宅に到着。
間に合った!
これから、一仕事まってます。

ダンナの両親のご実家が熊本にあるのですが、心得た新ヨメとしては、お初のご挨拶に伺わなくちゃというわけです。(別に来いといわれたわけではないのですが。。。。)
熊本。熊本といったら、阿蘇山です。
これはもう、自転車に乗らないわけにはいきません!連れて行くにきまってます。
親戚まわりは、1日でしゃっと終わらせて、あとは、自転車&温泉三昧だー!
お正月って、ほんとは、ご両家にうかがって、お手伝いなんかしちゃったりして、ヨメとしての立場をフルに発揮しなくちゃいけないらしいのですが、おばあ様にご挨拶にいかないわけにはいきません。

ということで、ヨメとしての勤めを果たすべく(!?)、お正月の熊本行き決定!

飛行機もちゃくちゃくとチケットを取り、なぜか肝心の親戚のお宅には泊まらず、源泉かけ流しの宿を意気揚々と予約し、後は行くだけです。

自転車をどうやって持っていこうかと考えたのですが、飛行機に乗せるには高そうだし、荷物にもなってたいへん、とのことで、旅館に送ってしまうことにしました。

自転車を送るには、サイクリングヤマト便を使うことにしました。
日本サイクリング協会で1000円で発行している「サイクリングタグ」を前もって買っておいたのですが、ようやく使う時がきました。

ダンナの自転車は、昨夜から準備されているので、自分の自転車の輪行支度をしないと。
Image453 あれ、どうだったけ。最後に輪行したのが夏だったので、半年前。なんだかすっかり記憶があやしくなってます。エンド金具がうまくつけられないよ~。あれこれしていると5時すぎてます。5時には取りにくるといってましたが、遅れているようです。
用意もまだだけど。

5:30ヤマト便の集荷の方が到着。

東京から熊本の玉名まで発送して20万円分の保険もかけて、2台分の料金は、5960円でした。

あんなやわな輪行袋で、無事に届くでしょうか。
旅館できちんと受け取ってもらえるかなぁ。。
ちょっと心配しつつも、自転車は一足先に熊本に旅立っていきました。

自転車もなくなってしまったので、今年はこれで走り納めです。行って帰って60キロくらいで、今年の走り納めは終了です。

5月からロードレーサーにつけたサイクルメーターの累積は、4000キロ弱になりました。来年は何キロ乗れるでしょうか。

自転車にたくさん乗れて、そのおかげで、ダンナもできたし、自転車仲間もできたし、いろんな人と出会えて、ほんとに良い年でした。

みなさん、良いお年を !
来年も、自転車楽しみましょう!

Image441

| | コメント (4)

2006年12月29日 (金)

自転車と結婚

お知らせ:スパムが日に50件以上ついてしまうようになったんで、しばらくは、コメントとトラックバックを確認後アップに切り替えします。

さて、2006年も残り少なくなりましたが、最後の週末は、自分にとって一大イベントがありました。

ええーっと、めでたく12月23日に挙式をいたしました。

自転車が取り持つ縁というやつで、ダンナは根っからの自転車乗り、ヤツから自転車を取ったら何も残らないくらいの人物です。
会社員生活をそのまま続けていたのでは出会えてませんでした。正直、自転車買うとき、「なんて高い買い物なんだ」と思ったのですが、今考えると、自転車にダンナがついてきた、ともいえるので、良い買い物をした(!?)のではないでしょうか。

挙式前日の金曜日。
12時過ぎまで会社を出られなかったので、寝たのも遅く、起きるのも当然ぎりぎりになり、花Image435嫁さんは、3時間前に会場入りと言われていたにもかかわらず、到着したのは30分遅れ。
あたふたと会場に駆け込むと、メイクさん、ヘアスタイリストさん、介添えさんがいまか、いまかと待っていました。ウェディングドレスが着るばかりになって、壁に掛けられています。
さて、さっそく、メイクさんがお化粧をビシバシ。マスカラは二重層。髪型も逆毛を立てられてアップになり、生花が添えられます。

真夏にさんざん走り回った後の見事なまでの日焼けは、ストッキングの下からでも両足くっきり、このまま年越ししてしまう勢い。

ドレスに足を通すとき、ひざの上で2色になっている足がよっぽど珍しかったらしく、メイクさんが、
「こちらの日焼けは、何かスポーツですか? ダイビングとか?」

>>あ、その、、自転車焼けです。。。

「健康的でいいですねー。大丈夫ですよ。見えませんから。」

>>はい。。。

反省してます。来年は、UVカットで日焼け防止します。。

約1時間半後、お嫁さんのいっちょうあがりです!

寝不足バリバリの深いクマも、日焼けで痛めつけられた素肌もなんのその、準備期間があまり無かったわりには、わずかな打ち合わせでここまで変身させるなんて、プロの力はすごい!
自分で言うのもなんだけど、別人みたいな女優顔!!!
「きれいね~。自分の娘じゃないみたいだわ~」(??どういう意味だよ!)
母上がうれし泣きしてます。とりあえず、喜んでくれているようで、ほっとしました。
「はい、誓います!」なんて、元気に宣言して、あっという間に、挙式終了。ほ~。

ということで、めでたく自転車乗りの妻になりました。自転車とはもう、縁がきれなくなりましたね。

さて、これからは、二人で趣味の自転車を楽しむ日々、バカップルな夫婦二人でツーリングといきたいところですが、現実はなかなか甘いものではありません。
アベレージにして7、8キロ以上実力がかけ離れているとそうはいかず、あまりのトロさについていけないのも困りもの。一緒に走るときに、「牽引ロープ」が必要だと、言われています。

なまじ、バリバリと乗ってきたヤツから見ると、サイクリングをしているくらいでは、走っているうちに入らないらしいのです。

「どうして、自転車に乗っているのに、あんなに大量にメシが食べられる?」
私からすると、鼻先のニンジン走法なのですが、ヤツからすると、最大の疑問らしいですねー。。

あわや、雨かと思われた富士チャレンジ。
雨だったらどうしようかなー。出るのも辛そうだし、降ったらやめようかなぁ~、出掛けに、うだうだどうしようかなと思っていたら、

ゴアテックスの雨用レインジャケットを差し出して、
「雨用のチェーンオイル、塗っておいたから。あと、これ持っていきなよ。」
>>。。。うん、ありがとね。。。

決して走るのをやめろとは言わない。出ると決めたなら、最大限のことはがんばれ、と、そういうあたり、理解があるというか、なんと言うか。勝負のなんたらをわかっているだけあって、甘いことはいいませんね。

とはいっても、ダンナはレースにはあまり出る気がないらしいので、来年も、自転車仲間のみんなとレースにいったり、自分でどっかにいったりとか、変わらずチャレンジしていきます!
07年も、乗りますよー!

あ、でも、今年も、もう少しだけ乗ります。
明日は、今年最後のグルメサイクリングです。

これを読んでいる独身のみなさま、出会いはほんとに、ほんっとに、どこにあるかわかりませんよ!
次は、あなたです。花束バトンをお渡しします♪
153874427_23

| | コメント (21)

2006年12月19日 (火)

三浦半島ふたたび

日曜は、ナカさん、Lorisさん、Tictacさん、マッキーの5人で、年内最後のロングライドに行ってきました。

どこに行くか、事前に綿密な打ち合わせ(飲み会)が催されたのですが、冬は5時で真っ暗になってしまうことだし、まだ行っていない美味しい定食屋さんもあることだし、この前いったばかりの「三浦半島」にふたたび行くことになりました。

しかし、金曜あたりから、天気予報をチェックすると、日曜は降水確率70%と雨まっしぐら。

当日の朝7時の天気で決めようということになったのですが、起きて見上げた空は、重くて暗い曇天。棒でつついたら、じゃーっと降ってきそうです。

どうなるのかなぁ。。とメールをやり取りしていると、
「なんとか持ちそうだから、予定通り決行!」
となりました。

さて、急いで支度しなくちゃ。
寒いかな? 寒いよな。。
ユニクロで買ってきた、タートルのヒートテックのアンダーに、エチュオンドの長袖ジャージ、ベスト、その上に風除けのジャケット(借り物:エチュオンドのゴアテックスのレインジャケット)。タイツは、前回の三浦半島のときあまりに寒くて追加で買った、エチュオンドの裏起毛タイツ。ソックスは、メンズのSでちょっとでかいけどDefeetのウールイーター。パールイズミの冬用グローブ。寒かったら使おうとホカロン。これで寒さ対策はばっちりです。

やばい、遅刻!

あ、シューズカバーをするのを忘れました。が、約束の時間に遅れているので、戻る暇はありません。待ち合わせ場所には、すでにみんなが揃っていました。お待たせしてすみません。。。

今日は、第一京浜:15号をひたすら南下して、16号を使うコースです。

走り始めて10分たたないうちに、暑くなってきました。
雨振りそうな天気なので、湿度が高くて気温もそこそこあるので、あっという間に汗だく。
自転車に乗るときの温度管理は、ほんとに難しいな~。。

待ちくたびれたナカさんと途中で合流。(すみませんでした、ナカさん。。)
暑くてたまらなくなっていたので、あわててレインジャケットを脱いでウエストポーチにしまいました。

さて、あとはひたすら、今日のメインイベント『お昼ご飯』に向かって直進です!

途中、コンビニ休憩をしていたら、雨粒がポタっと落ちてきて、一瞬ひやり。
ふと、見ると、同じく三浦半島方面に向かう3人組が道路をひた走っていきました。
ふふふ。おんなじだな~。
きっと、大丈夫!

先を急ぎます。

海が見えてきました。

本当なら、景色も素晴らしいんですが、海は天気を映すもの。
曇り空のときは、海も灰色で、荒れています。
それに、強烈な向かい風。
時々、突風が吹いたりもして、自転車が押されます。

向かい風のおかけて、スピードもぜんぜん上がらず、ペダルの重いことといったら平地ヒルクライム状態です。とにかく、耐えるしかありません。
風の次は、うぷぷぷぷ。砂っ!容赦なく、口に入ってきます。

そして、坂道が立ちはだかります。
それも、けっこうな坂!
工事で交通規制をしていて、片側通行なので、一気にその区間を駆け抜けるのですが、な、長い、そのうえ、きつい。

ぜいぜい言って登ると、上でみんなが待っていてくれました。
もうちょっと、みんなにスピードに付いていけるといいんですけどね。足をひっぱってしまって申し訳ない。もうちょっと、早くなるといいんですけどね。。。。

Image424その先は、左右が大根畑。
道の横のガードレールのあちこちに、大根が干してあります。

丸のまま干してあるのとか、切って切干になろうとしているやつとか。
豪快に干されてます。

ようやく今日のお昼ご飯場所に到着!
まるよし食堂というところです。
Image423
狙いは、はばのり定食。
はばのりというのは、寒いこの時期だけ取れる海苔のこと。
海苔は、一つ一つ手積みされて干して、大きめのフレーク状になっています。
普通の黒い海苔に比べると、香気があって、独特の香りがします。

海苔だけではお腹が収まらないので、まずは、たんぱく質補給。
まぐろの血合いのみりん干し。胡麻がまぶしてあって、生臭くなく、美味しい。
あつあつだと、これまたさらに、旨い。日本酒は無いのかって気分になりますが、ここで飲んだら帰れません。ぐっとがまん、がまん。
Image426 地タコ、生のするめイカのお刺身、マグロのカマの刺身。とこぶしの煮物。

昼から宴会状態です。お酒もってこい、な状態ですが、がまん、がまん。
外は寒いんです。利尿作用のあるものはそうそう、飲めません。

Image428 ひとしきり食べると、きたきたー!
お皿にもられたはばのりに、醤油をかけてざくざくかき混ぜて、ほかほかご飯にかけて、いただきまーす!

独特の香りがして、うまぁい。日本人で良かった、な味。
日本酒は、無いのか、日本酒は。
奥の冷蔵ケースにしっかりあるのを横目で見つつ、がまん、がまん。

横では、ナカさんがおかわりして食べてます。このために、半分、はばのりがお皿に残っていました。ペース配分、抜群です! さすが!

最初に、魚を食べすぎたのが災いして、どんぶりは2/3でもう勘弁な状態。
半分づつ、マッキーとLorisさんに食べてもらいました。

あー、飲みたい。がまん大会だ。

腹いっぱいの帰り道、まずは坂が迎え撃ちます。
食べ過ぎると、どうしてもスピードでません。うー。つらい。
ペースダウンで申し訳ないのですが、渋滞の横を恐る恐るすり抜け、途中で、みなさんの足をとめつつ、なんとか帰ってきました。

三浦半島行って帰って、160キロ。
年内最後に、思いっきり走れてよかった!
Image422 天気も持ったし、雨も降られずにすんだし。

みなさん、ご一緒していただいてありがとうございました。
来年は、もうちょっと、足を止めないように、ついていけるようになれるといいのですがねー。。
これにこりず、来年も、また連れて行ってください。

| | コメント (7)

2006年12月13日 (水)

バイクサンタが運ぶもの

クリスマスシーズンですね。

クリスマスツリーは場所をとるので、買うのをひかえていたのですが、ネットで検索していて偶然見つけたオーナメントに一目惚れ。

自転車に乗ったサンタがプレゼントを運んでくるオーナメント、バイクサンタ。
た、たまりません。

ツリーも無いのに、オーナメントだけ買ってどうするよ? と、一瞬思ったのですが、気がついたら、購入ボタンをポチっとやってました。

クリスマスは舶来モノだし、ロードレーサーといったら海外では、とっても人気のスポーツ。海外にはもっとカッコイイ一品があるはず、と思って、

bicycle ornament

で、検索したら、あった!
もっとたくさん、そしてカッコイイのが出てきました。

ちゃんとロードの形をしたオーナメントやら、MTBに乗ったサンタやら、なんと、自転車専用のオーナメントページがあったりします。

http://www.bicycle-gifts.com/xmas.htm

うー、ほ、欲しい!!

三色のロードバイクのオーナメントがいい!
買おうと思ったら、このネットショップ、残念ながら、発送は、USとカナダオンリーでした。。うーん、残念。。。

2日後、商品到着。早い!

到着したブツを早速、吊り下げます。ツリーはないので、とりあえず自転車のチューブに。

ツリーはこれから買うからいいや、と思ったら、早くも、もう12月中旬。
このまま行くと、ツリーは買いに行けそうにないので、これだけになっちゃいそうですが、気分の問題なので、まあ、いいか。

自転車が運んできた、たくさんのラッキーで今年は、ほんとに楽しかったなー。
自転車そのものが、サンタクロースだったみたいだ。

来年は、ちゃんとツリーを買って飾ってあげよう。

Image414_1

| | コメント (2)

2006年12月 7日 (木)

ビアンキで忘年会

今日は、自転車仲間のみなさんと忘年会でした。
場所は、自由ケ丘の『ラ・ガレリア・ビアンキ』。
その名の通り、ビアンキに乗るオーナーさんのお店で、店内にも自転車のインテリアがあるらしいとの前評判を聞いて、楽しみにしていました。

7時からの開始だったのですが、5時すぎから始まった会議はえんえんと続き、席に戻ったときは、すでに7時。必要な打ち合わせなので抜けられません。机に戻ったら戻ったで、明日の準備が終わっていない~。あ~あ。。。
時間は刻々とすぎていき、会社を出たのは9時を回っていました。

自由ケ丘から、お店の地図を見ながらうろうろ。ホームページに書いてあった案内の通りに踏み切りを渡る。あれー、お店はどこ?と、思ったら、ロード乗りがすぃーっと左を。
Image409_1 あ、自転車だ、と、視線で追いかけると、その後ろに、見覚えのある緑青っぽいビアンキの色『チェレステ』のジャージがかかっています。きっと、間違いなくあれだ!

お店に入ると、すでにみなさん、食べ終えていて、デザート待ちでした。うーん、申し訳ない。

ビアンキは、イタリア車。お店もイタリアンです。
今日のおすすめの中から、前菜とパスタを頼みました。

まずは、ワイン。 カンパーイ!
おいし! 会社のあれこれが吹き飛びます。
もう1杯!

食べながら話すのは、もちろん自転車の話題。
買ったばかりの新車の話、サイクリングの話、それから、来年、どのレースにでようか、とか、とか。
今年の初めには出会っていなかった自転車仲間のみんな。こうして一緒に、飲んで、食べて、自転車話に花を咲かせているのも不思議なご縁です。

お腹も空いていたので、お料理をもうぜんと食べて、飲んで追いつきます。

デザートがきました。お皿には、チョコソースで自転車が描かれています!
Image406

こういうのうれしいなー。
濃厚なチョコレートケーキと、ふんわり生クリームとイチゴのロールケーキの2種セット。
お腹はかなりいっぱいだったのだけど、ついつい食べすぎてしまいました。

人心地ついて、店内を見回します。ビアンキのポスターが飾ってあったり、お店の外に、マスターのものらしい自転車(もちろんビアンキ!)が置いてあったり。Image407

お腹いっぱい食べて、大満足。
お店の外で、記念写真を取って、解散。

みなさん、来年もよろしくお願いします。
今年、もう一回くらい走れたらいきましょう!

それから、この自転車日記を読んでくださっている自転車乗りのみなさまにも、乾杯!
& and 自転車、バンザイ!Image408

| | コメント (4)

2006年12月 5日 (火)

初ものがたり

日曜日は、Y’sバイクガレージのサンデーライドに参加してきました。

会社でクロスバイクを買ったばかりのOtoさんが、初のサイクリングに挑戦するというので、社内自転車部としては、ご一緒しないわけにはいきません。
それにしても、集合は朝8時。寒くなってきたこのごろは、休みの朝に早起きするのは本当につらいです。布団から出る勢いがかなり必要です。
寒いだろうなーと思って、かなり着込んでいきました。

グローブは、冬用のパールイズミの分厚いやつを買ったので、早速、おろして使います。
が、慣れない厚みに、最初、ブレーキレバーを持った手がへんな感じ。なんだか、あやういのでうすが、止まっている暇はありません!

時刻は、7:45
うわっ 急げー!

少し遅れて、Y’sバイクガレージに到着。

皆さん、まだいらっしゃいました。ほっ。
この日は15人くらいが参加。この前お会いした、クロスバイクの方とか、ご夫婦参加の方もいます。
会社の自転車仲間、M氏もきてました。が、otoさんが、まだ来ていません。

携帯を見ると、「いま、ガス橋です~」

もうしばらく、待っていると、新品ぴかぴかの水色のTREKのクロスバイクで、Otoさん登場!

さて、ようやく出発です。

この日は、池上本門寺へ。

今回はテーマ「坂」ということで、まずは、池上本門寺のまわりの坂を練習します。

登り方のポイントを聞いて、さあ、練習、と行きたいところですが、あまりの激坂にギブアップ。途中で降りて、歩いてしまいました。Otoさんは、がんばって登っていきます。おおー、頼もしい。

立ち漕ぎしないで登り時のポイント3つ:
1.登るときは、ハンドルの水平になっているところをぐっと握って、上半身でハンドルを持ち上げるようにする。
2.踏み込むときよりも、引き足のほうを意識して使う。

3.サドルには、こころもち、深めにポジションを取る。

いざやると、自然には、できませんねー。。。
登りは、しんどいなーと思ってしまい、どうもダメです。
風のように、すいすいと上れるにはどうしたらいいんでしょうね。

ロードレーサー師匠に、何度か聞いたことがあるのですが、答えはかなり無常でした。

>>どうやったら、すいすい坂を上れるの?
「体重だな」
>>え?!
「軽いのがいいに決まってるよ」

軽かったら早いのか!?それだけじゃないだろう!?

>>じゃあさ、そんなに体重あるわけでもないのに、上れないのは何で?

「それは、筋力が無いからです」

>>・・・・・・

禅問答みたい。

Image397 池上本門寺に戻って、まだ紅葉が残る境内を散策。
五重の塔をしげしげと見たり、展望台から町を眺めたり。Image400

秋晴れで、ゆっくりとこういうことをするのは久しぶりです。
ガレージから、本門寺はすぐ近くなので、あまり距離は乗りませんでしたが、まあ、たまにはほのぼのサイクリングもいいものです。

それにしても、さむ~。

Y’sバイクガレージに戻ってきて、流れ解散です。

その後は、フルカーボンのニューバイクが納車されたばかりのLorisさんと丸子橋で待ち合わせ。
Otoさんが二子多摩川まで行ってみるというので、ご一緒することにしました。

時すでに、お昼近く。朝早かったので、お腹が空いてきました。

Lorisさんに、二子多摩川の川沿いのレストランに案内してもらい、まずは、ランチ。
サラダにパスタ、コーヒーをゆっくりいただきます。
Image401 「自転車って、いろいろなところに行けるのがいいですねー。」
年内に二子多摩川まで自転車で来ようと思っていたOtoさん。初サイクリングで、達成してしまいました。

>>だんだん慣れて、たくさん走れるようになったら、いろんなところに行こうねー。

「はいっ!」

自転車買ったばかりで、次は、どこにいこう、とうずうずしているあの感じ。わかるなー。
また、ご一緒しましょうね。

Otoさんとは、ここでお別れして、Lorisさんと連光寺に向かいます。

が、ここから、スピード一転。Lorisさんにいきなり、おいてけぼりをくらいます。うっ。

いままで、スピードを出さないできたので、身体が温まらなかった分、今度は、暑い!
汗かいていきました。が、Lorisさんはかな~り、遠く。必死においかけますが、30キロくらい出しているくらい漕いでいるはずなのに、26、7キロしかでません。なんで!?
寒かったから体力を消耗しているのかな。

連光寺につくころには、ウィンドストッパーのジャケットが暑いのなんの。

ジャケットをウェストポーチにしまって、気合を入れて、坂を上ります。
が、いつもながら、辛い。今日もへろへろになりながら、登ります。

せっかく教わった上りポイントもなんのその。いざ、上るとなると・・・・。
頭で思うように動けるようにならないと、無理ですねー。。

坂の上で、休憩しながら、あらためてLorisさんの新車を見物。
はっきりしたロゴ、カラーリングがあまり見ない感じで、斬新です。

>>どうですかー?新車は?

Image404 「うん、漕ぎ出しが、軽いよ。トップスピードに乗るのが早い気がするよ。」

満足そうなLorisさん。やはり、選びに選んだだけあって、格別なんだなー。

初めてのクロスバイクを買ったOtoさん、フルカーボンフレームのバイクを買ったLorisさん。
初物づくしの一日でした。

自分はというと、フレームを買い換える気はないのですが、そろそろ、一部、いじってみようかなーと思っているところです。

| | コメント (6)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »