« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月29日 (日)

Dr.ストップ わたりさん

いよいよGWスタート。みなさん、走ってますか?走ってますよね。
今日なんて、もう快晴で絶好の自転車日和です。

が、昨日、今日と、じっと我慢の子で、おとなしくしています。

先週、週末に針治療にいったら、先生から、
「今週だけ、がまんしましょうね。」
と、自転車禁止令が。

首の痛みは治療のおかげでだんだん良くなってきていて、もう動いてもいいかなぁ、と思っていたのですが、
「自転車乗ったら悪化するようだし、GW後半をのびのび走りたいなら、土日だけでもやめてみたほうが。」

再発させてしまっているので、しっかり治さないといけないのは充分わかっています。
これで悪化させてしまったら、先生に顔向けできません。
>>はい。。

と返事をしたものの、28日土曜日は、Gibsonさん主催の茨城方面ドイツ料理ツアーだったので、それだけは知らん顔して行ってしまおうと思っていたのですが、神様は見ていたんですかね。
夕方から雷雨の予報で、茨城方面ドイツ料理ツアーは中止に。

ええい乗れないならと、日ごろの睡眠不足解消に昨日、今日は努めていた次第。

今日は、寝貯め2日目。

職場に行くダンナを気にせず、今朝もぐーぐー寝ていたら、いつもの夢をみました。
自分にとっては、最悪なやつです。

パターンはだいたい同じです。

そこは学校。
クラス全員が座っている中、テスト問題を配られて、テストをやるのですが、テストの中身自体にどうやって応えて良いかわからず、ほとんど白紙のままタイムアップ。テスト用紙を回収されながら、↓こんな考えが頭をめぐっていきます。

>>授業をさぼり続けていたツケが出た、しかたないよな。
>>10点も取れなかったら、留年になるのかなぁ。
>>そうしたら、どうしようかな。

うう~。。自業自得だよなぁ。
ううう。。。。。。

はっ!
飛び起きて、だんだん現実に返ります。
あ、私は今、学生じゃないし、自分から選んで受けない限りは、テスト受けなくていいんだ。

ほっ。

夢がリアルすぎて、夢だと気がつかないので、いや~な汗をかいて、重苦しく目が覚める。

ちゃんと勉強して知識を積んでいないんじゃないの?
今の生活、ちょっとこれでいいの?
節目とか、おまえ今、たるんでるんじゃないか、というときに決まって見る同じ夢。

この半年、月~金はめいっぱい仕事、週末はめいっぱい自転車の見事な2パターン。
首の故障が出てしまったのも、ちょっとめいっぱい過ぎたのかなぁ。

通帳の氏名変更とか、手続きものが滞っていたりしているのはわかっていたけど、少し生活も見直したら!?と、自分で危険を覚えているのかもしれません。

今日はお洗濯デー、コタツを片付けてて、2日は公的機関をわたり歩き、なおざりになっていたところを少しきちんとしますかね。

夕方は治療院。
明日は乗れるかな? 先生どうでしょう?

| | コメント (5)

2007年4月25日 (水)

羽村の満開チューリップ

集合は7時40分にセブンイレブン→8時丸子橋。

あれ?

飛び起きたのは、7時15分。
お疲れモードが災いし、二度寝をしてしまったのが敗因でした。

どうやっても間に合いません。

出掛けにLorisさんに電話して、追いかける旨を伝えます。
半笑いの声なのは、たぶん、読まれていたのでしょう。。

今日は、あちこちで合流しながら向かうので、あまり遅れられません。
とにかく、がんばって、登戸へ。
5分遅れくらいなら、まだいるかなぁ。
あ、いたいた。

Lorisさん、ナカさんSaganoさん&Ayuさん、笑いながら待っててくださいました。
最近、遅れてばっかりですみません。。

今日は自転車のフリーマーケットが関戸橋で開かれているとのことで、関戸橋に向かいます。
関戸橋の下、おおー! すごい人。
100人以上はいますかね。
大盛況にフリーマーケットが開催されてます。

草津で再開したbicirosaさんに、今日ご都合がよかったら、とお声がけしていたのですが、関戸橋で無事合うことができました。
Junさんもここで合流。

さて、フリーマーケット。
Image721 青いビニールシートを引いたお店が30以上もあったでしょうか。
完成車も出ているし、フレームも、ウエアやバック、ホィール、ありとあらゆるものが出ています。
組める人がいたら、これでちゃんとした自転車が組めちゃうんだろうなぁ。

お店を出している人に聞いたら、
「実は、私達が最初にはじめたんですよ」と、いろいろ教えてくれました。
このフリーマーケットはちょうど10年前にはじまったそうで、4月と10月の第三土曜日に開催しているとのこと。
最初は雑誌に情報を出したりしたそうなのですが、今は、自然に集まってくるようになったと。

恐るべし、口コミ。すごいなぁ。

一段と人垣が出来ているお店発見!
おおっ!グローブが1000円!ジャージ3000円!!
自転車パーツには燃えないのですが、ウエア類となると別です。
もはや戦闘モードです。

>>Ayuさん、突入ですよ!
「はい」

出展している方が、箱ごとどうぞ、と、渡してくれたので、箱を抱えて物色です。
グローブはイマイチサイズが合わず、ウエアは色がなー。。。

あきらめて戻ってくると、待ちくたびれ顔の男性陣が。
- - --> 失礼いたしました。。

さて、今日のメインイベントは、「羽村のチューリップ祭り」
その前にコンビニによってちょっとおやつ。
あれ、ばっちゃんがいました。

総勢8人になってで羽村へ向かいます。

チューリップ祭り会場と看板が出ているので、それを追いかけていったら、ありました!
「おおー!」
思わず、口から感嘆の声がでます。

Image724 どわーっとチューリップ。白に、黄色に赤、見ごろも絶好調の満開。
ここだけオランダ(!?)のようです。
が、
『羽村の名産』と書かれた出店があるのを見ると、ここはやっぱり羽村です。

Image726 ブログ書きの一行なので、ここは全員が撮影タイム。
みんなでバシバシ撮っているのも笑えますが、自分もその一味ですしねー。

おっ!なにやら、お団子とか、酒まんじゅうとか美味しそうな文字が見えます。

>>Ayuさん、突入ですよ!
「はい」

Ayuさんと出店に突入です。

男性人はあんまり興味なさげなので、二人でのしのし向かいます。

入り口のお店でみたらし団子発見!

>>1本ください!

花見には団子でしょう!
美味しくいただきました。

さて、お腹も空いた(?)ことだし、ランチタイムです。
今日のお昼は、羽村の美味しいという定食屋さん、「味里」。

聞きしに勝るがっつりメニューに目移りしながらも、豚キムチ豚汁セットを注文。
出てきた定食は、普通盛りと言ったのに、なぜか大盛ライスがついてきました。
Image728 じゅーじゅーの鉄板で焼けている豚キムチの上には生卵が2個のっていて、どんぶりくらいある豚汁が迎え撃ちます。

あつい、うまいー!
と、食べていきますが、食べても食べても減りません。

豚汁、豚キムチ、ご飯、三角食べ(古い?)をしても、がっつり肉だけ食べても、まだまだ無くなりません。

もうダメです。

こんなとき、Tictacさんがいたらなぁ。と、ふと思いました。
大盛のがっつりご飯は、右隣のLorisさんに。
「食べる前に戻ってる」
とか言ってますが、はて、何のことか。

隣でナカさんが食べ終わっていたのを見つけて、半分残っていた豚汁をリレーよろしく差し出します。

豚キムチは、ばっちゃんに。めでたく完食です。

お腹いっぱい。う~。これはしばらく動けません。
少し消化してから動き出します。

すでに1時すぎ。夕方はマンションの管理組合があるので、何としてでも帰らないと。
たい焼き公園のところで、みなさんとお別れして、家路を急ぎます。

多摩水道橋の手前まで、bicirosaさん、Junさんが並走してくださいました。

なんとか4時すぎに家に戻れました。
ほっ。

みんなで走りに行けたし、羽村の満開のチューリップが見られたし、とにかく、楽しかった土曜日でした。

日曜も走ろうかなーと思っていたのですが。そうはいきませんでした。

| | コメント (6)

蛇のたたりか?!

日曜日は、雨も持ちそうだったのでちょっと走るかなーと思っていたのですが、朝から異変が。
だる~い。身体が重いー。どうやらお疲れモードのようです。

大井埠頭に出かけるダンナを見送って、そのまま布団にもぐりこみ、寝る、とにかく寝る。
このところの睡眠不足がふっとぶくらい寝る。

起きようとしたら、
いたたた!

起き上がれません。

またもや、首まわりと背中が激痛。

あ~あ。ぶりかえしたか。

こうなったら今日はおとなしくしていることにします。

また寝て、起きて、昼過ぎ。
だらりとご飯を食べて、テレビ見てうだうだして、眠くなってきたのでまた寝る。
これを2回くらい繰り返していたら、夜。
ダンナが仕事から帰ってきました。

が、ご飯のしたくもなあんにも。
だってさ、痛くて料理どころではないし、そこは許してよと。

月曜日、さらに激痛。症状緩和せず。
もはや仕事にならず、これはやばい、と、会社に電話を入れて、午前中お休みをもらって、先々週お世話になったコナミの治療院に駆け込みました。

本当は、先週ちゃんと治療にきて、しっかり治すはずだったのですが、仕事の都合がつかず、1週間以上経ってしまって、この始末。
先生の顔が申しわけなくて見れません。

>>先生、また、痛いんですー。今度は、右の肩甲骨がぴきっと。

「今度はしっかり治しましょうね。」

>>はいー。(涙声)

患部を冷やして、針治療をしてもらいます。
少し深めに刺してもらって、痛みが早くとれるようにしてもらいました。

会社になんとかいったものの、肩が上げ下げすると痛いので、またもや怪しい姿勢の人になっています。
こういう時にかぎって、来客ばっかりだったりするんだよね。。。

レースにも出られて、順調に治っていたはずなのに。なぜ!?

はっ。

土曜日の多摩川の帰り、サイクリングロードを走っていたら、タイヤチューブみたいなのが落ちていたので、
ふーん、ゴミかぁ。とそのまま通り過ぎようとしたら、少し手前でにょろっと!?

うぎゃ!へび、蛇、ヘビだよ。

あー!
避けようとしけどもう遅い。
尻尾の方を見事踏んでしまいました。
ヘビはするりと草むらに逃げていってしまいました。

多摩川で1mはあろうかというでかい蛇が出るなんて思いもしなかったし、まさか踏んでしまうとは。。

これは、きっと、蛇のたたりに違いない。

というのは冗談ですが、治りかけだったところを無理したので、再燃してしまったのは間違いありません。

首が曲がらず、右を向けません。
痛いよ~。

反省します。
今度こそはちゃんと通って治します。

| | コメント (5)

2007年4月20日 (金)

銀座の自転車

先週、たまたま夕方に外出してそのまま直帰できたので、久しぶりに銀座に寄って帰りました。

Image695 三越のデパチカで美味しいものでも買おうかな、と、歩いていると、ふと、ショーウィンドウに見えたのが、えっ! ホィール。

近寄ってみたら、自転車をモチーフにしたディスプレイが展示されていました。

Image694
和光のショーウィンドウは時節の節目ごとに変わっているので、いつも前を通るのを楽しみにしているのですが、自転車がこんなに楽しく展示されているのは、うれしい。

春だし、あったかくなったし、何か、楽しい、嬉しいものを探しに自転車でどこか出かけたいなと、そんな気持ちになりました。

もうすぐGWだし、どこ行こうかなぁ。

土曜日は、羽村でチューリップ祭りがあるので、多摩川を走ろうかと。

| | コメント (3)

2007年4月19日 (木)

草津よいと~こ♪

ツール・ド・草津、当日の朝。
携帯のアラームを6時にセットして、少し早めに起床。
さむ~い。
布団から出る気がしません。
前日の宴会でちょっと飲みすぎたかなぁ。。

でも、前日なんにも準備してないので、えいやと起きて身支度をして、外に出ます。
自転車が雨上がりの途中までの自走で、恐ろしくどろどろ。ばっちいこと、このうえない。
こんな汚い自転車をレース会場に持っていくにはしのびないので、旅館のちびタオルをぬらしてきて、掃除します。チェーンにオイルをさして、準備完了。

ふと、気がつくと、アクシデントで草津に来れなくなってしまったTictacさんのホィールが目に入りました。
看護婦さんの「この人の分もがんばってきてね」という会話に苦笑いしていたTictacさんの顔がうかびました。
Image708 あ、そうだ!
前輪だけでも参加してもらいましょう、と、私の自転車のSHIMANOのホィールを外して取り付けました。

前輪だけ赤いタイヤの自転車。Tictacさんと同じ黒い自転車なので、赤色タイヤもなかなかです。

Image705 7時。ヒロさんが「ごはんやでー」と呼びにきました。
ヒルクライムレースはこれで3回目ですが、いずれも旅館で朝食をがっつり食べすぎて失敗しているので、ご飯はちょっと我慢して、少なめに軽く1杯だけにしました。

何を着て走ろうかと悩んだのですが、インナーと半袖ジャージ、アームウォーマー、短いレーパン、レッグウォーマーにしました。グローブも指きり。
風が冷たかったので、ウィンドブレーカーをはおって、会場に出発です。
が、
さ、寒い。ウエア選び、失敗か!?

会場は宿から10分。
まだまだ時間もあるので、みんなとあれこれ話しながら、案内板の後ろに並んで、開会式を待ちます。
振り返ると、後ろにはものすごい自転車の数。壮観です。

ツール・ド・草津は白根山の山開きの行事で行われるので、草津温泉の街中をパレードしてからスタートと聞いていたのですが、「パレード参加をしないと失格になります」、と、繰り返しアナウンスが入り、とにもかくにも、全員参加しなちゃいけません。

英語(!?)を交えた開会式が終わって、まずはチャンピオンクラスがスタート。少し待って、ロードレーサー第一グループにつづいて、ようやく出発の案内。
会場入りしてすでに1時間以上たっていて、寒風の中を待っていたので、身体は冷えひえです。さぶさぶ言いながら、自転車にまたがります。

先導車の真後ろについてスタート。
ゆっくりと車は進みますが、道はひたすらに下り。
ブレーキはもちろん、かけっぱなしです。

旅館エリアになると、沿道には、地元の方&観光客の方たちが手を振ります。
「がんばってくださーい!」
お、ととと。振り返そうにも片手があやういので、笑顔で返礼します。
レース前にこけるわけには、いきません。

まだまだ、下り。
もーっと下り。
風が冷たくて、指が辛くなってきました。

湯畑をすぎて、もう少しくだり。

下り終了。
!?

そこには、とっても立派な坂が。
うーわー。。。。

これを上りきって、集合場所の天狗山レストハウスまで戻らないと、レースにもなりません。
なんか、もう、ここですでにお疲れモード。うひ~。
すでに歩いている人もいます。

沿道には、にこやかに手をふる応援の人もいて、みっともないので、作り笑顔で上ります。

計測エリアをすぎて、いよいよここからレースがスタートです。
流れスタートのレースだと、必ずといってよいほど落車を見るのですが、パレード後、ばらばらとスタートできるのでトラブルに

あっている人はだれもいません。マイペースでスタートできるのはありがたいです。

まったく試走をしていなかったので、コースは未知の領域です。

勾配はそんなにきつくはなく、上れないほどではないのですが、だらり、だらりとした上りとつづれ折が続きます。
ようやく、半分。殺石川原コースをすぎました。

でも、まだ半分。
は~。
長い。

足がじわじわ重くなって、動かなくなってきました。
後ろからくる人達にどんどん抜かれていきますが、追いかけられません。
心拍系を見ると160ちょっと。まだまだいけるはずなのですが、足が回らず。

とにかく、マイペースで行くしかない。

上にのぼれば上るほど、雪をいただいた山がくっきりと見えてきます。
きれいだけど、余裕はありません。

視界をさえぎる草木がないせいか、つづれ折の先が見通せて、やたらと勾配がきついように見えます。
上れるのかな、と、一瞬ひるみますが、曲がると、えいや、と、なんとか上る、そんなことの繰り返しが続きます。
はるか上に見える、つづれ折の道に、先行するサイクリストが連なって見えます。

あそこまで登るんだ。まだまだ先があるんだなぁ。
頂上はまだかなぁ。

とにかく、漕ぎ続けます。

少し坂がゆるくなったな、と思ったら、レストハウスが見えました。
やっと、ゴールです!

と、と、みんなここからは飛ばす、飛ばす。
こ、これは、ゴール前のスプリント!?
最後の力を振り絞ってまわします。

ピー!
っと計測器がなって、ゴール。
なんとか完走しました。

ゴールの後ろで記念写真。ぱちり。Image713

下山までは時間があるので、レストハウスであったかいココアをいただきます。昨年もあったと聞いていたのですが、今年も振舞われていました!わーい。

Image715

ずずず~。あったかい、甘い。う~、うまい。

レストハウスでは、知っている顔が何人か。
竹芝自転車倶楽部のみなさん、裏磐梯でご一緒したbicirosaさんがいました。いろいろ近況を話して、盛り上がります。

さて、下山です。
行きと違って、景色はゆっくり見れるのですが、とにかく寒い。
雪の壁が残る山頂付近の寒さといったら、泣きそうになるくらい。
ジャケット着ているのですが、それでも寒い。
鼻がずるずる、耳はきんきんに痛み、手もかじかんで、けっこうな苦行です。

さ~む~い~!! と、言いながら下りてきました。

天狗山レストハウスに戻ると、あったかい豚汁のサービスが。
汗いっぱいかいた後は、このしょっぱさが旨い!
バナナももらえて、なんだか、嬉しかったです。

完走証がすぐに配られています。早いなー。
他の大会では、後から郵送されるものがほとんどです。
落車やパンクした人も少なかったですし、スムーズに運営されているのが印象的な大会でした。

さて、結果です。
タイムは1時間2分でした。週末サイクリストとしては、こんなものでしょうか。
まったく早くはありませんが、自分なりには、がんばりました。

パレードに参加して、雪の壁を見ながら走る、ツールド草津は面白いレースでした。Image709

| | コメント (9)

2007年4月15日 (日)

完走しました

完走しました
無事完走。雪が残る白根山はきれいだったけど、下山が寒くて辛かった−!
宿に戻って早く温泉に入りたいけど、完走証をもらわないと。
ものすごい行列。豚汁&バナナのサ−ビスも気になるなぁ。

| | コメント (10)

いよいよです

いよいよです
集合会場の天狗山レストハウスです。選手も続々と集まりツールド草津が始まるのを待つばかり。
しかし、草津は坂ばっかり。会場に来るだけでいい練習になってしまいました。うへ〜

| | コメント (0)

2007年4月14日 (土)

草津の湯

草津の湯
いろいろアクシデントはありましたが、6時すぎに草津に到着。温泉入って、まんじゅう食べて、草津の夜を満喫♪明日は晴れそうです。

| | コメント (3)

シロクマパン

シロクマパン
草津にいく途中です。初シロクマ!

| | コメント (0)

2007年4月13日 (金)

だんだん回復中

みなさま、コメントもろもろありがとうございます。
ご心配おかけしました。

接骨院に月曜・火曜、木曜日と通うこと3日間。
首が動かないと仕事も辛いので、痛みが取れるまではと、午前中お休みをいただいて集中して治療院に通っていました。

先生に痛みがひどいので、何とかならないでしょうか、と相談したら、素早く痛みが取れると針で治療してくれました。
針は初めてだったので、浅めに最初は打ってもらい、今日は治療も3日目、いちばんきつい針を打ってもらいました。

「ちょっと、ひびくかもしれませんよ」
とんとん、と、ツボのある場所に針が打ち込まれます。
髪の毛ほど、という針の感触は、注射針よりもぜんぜん軽くて、ちょっとちくっとするくらいで、ほとんど痛みがありませんが、
悪くなっている場所に深めに刺したときだけは、さすがに、ぐっときました。

腕に置き針をして治療終了。

「はい、首を前に」
 15度くらいで限界。いたたたた。

 先生に首のツボらしき部分を押さえてもらって、
「はい、もういっかい。」
 ててて。。。

 今度は、ツボから指を離した状態で
「はい、もういっかい。」
20度、いやもっと。おおーっ!曲がる。

少しずつ楽に曲がるようになってきました。

>>先生、曲がります!!!
緑の指という、植物を育てる力を持った手のお話がありますが、治療の手というのがあったら、こういう方の手のことを言うんじゃないでしょうか。痛む箇所を触診で的確に探し当て針を打ってくださって、丁寧に痛む場所を治療して、ここまでにしてもらいました。

>>先生、レースどうでしょうかね。。

「そうですね、痛みもだいぶ引いたので、これなら、なんとか大丈夫そうですよ。
 でも、痛むかもしれませんから、これ持っていってくださいね。
 レース後は炎症するかもしれないので、氷で冷やしてください。」

痛かったら使いなさいと、先生から、首の固定用のテープと、首の筋を刺激できる針シートをいただきました。

本来なら、完全に治るまでは止められるところだと思うのですが、ここはスポーツ用の治療院なので、こういった『なんとかしてほしい』、という気持ちを応援してくださるんだろうなと。もちろん、本当にダメなときはドクターストップをかけるのだと思うのですが、短期間でここまでしていただいて、本当に感謝です。

首が動くってすばらしい!
先生ありがとうございました。

さて、完全完治とまではいきませんが、なんとかレースに出られるくらいには回復したみたいです。

暖かいコメントをいただいたみなさま、本当にありがとうございました。
がんばってきます。

それから、ツールド草津に出られるみなさん、会場でお会いしましょう!

| | コメント (6)

2007年4月11日 (水)

レース前なのに

かんじんなところでトラブルというのは今までの人生ではそう起こらなかったのですが、たまにはこんなことも起こるようです。
私も人の子ですね。

日曜日、朝、目が覚めるとあったかくていい天気。絶好の自転日和です。
よっしゃ、起きるか、と、思ったものの、次の瞬間、
いたっ!。痛い!

右の首から肩にかけて、びきっと痛みが走って、起き上がれません。

あれ? これ何?

寝違えた?
それにしてもこの痛みは異様。寝違えたような痛みなのですが、痛みの程度がその10倍。
とにかく痛くて首が回りません。

いたしかたないので、また横になりますが、それでも痛い。
寝返りがうてません。

あれれれ?

あまりの痛みに、動くことを断念。日曜はずっと寝てました。
きっと、翌日には治っているだろうと思ったのですが、月曜日、症状変わらず。
これは、本格的にどっか悪いのかも、やばいんじゃないの!?

動くのも辛いので、会社に電話を入れてお休みをもらって、接骨院へ。
どの接骨院にしようかと思ったのですが、コナミにスポーツ専門の接骨院があり、前にも行ったことがあったのでそこにいきました。予約もなく行ってどうかなぁと思ったのですが、痛みを訴えたら、少し待ちはしましたが、治療をしてくれました。

診察台に座って、まずは、所見。
「首を上下に曲げてみてください。まず、上に」

 うっ。いたたた。。半泣きです。

「次は下に。」
 うっ。涙目です。

「そのまま、右に倒してみて。」

 いたーい。いた、いた、いたたたっ。痛くて倒れません。

「次は左。」

もっといたーい。涙がこぼれそうです。

「筋を痛めてますね。まずは、冷やしてから治療しましょう。」

横たわって、ひんやりしたものをのせられます。
待つこと数分。ひえひえになったところで、次はマッサージと電気で刺激。

あまり状況が改善されないのと痛みがひどいので、最後に針治療をすることに。
針は初めてです。

痛いのかなと思ったら、ちょっとちくっとしただけで、けっこう平気。
針を打たれてしばし、横たわります。

最後に、置き針をします、と、腕に針をさされて治療終了。
首は動かさないように、と、テーピングをされました。

会社にそのあと向かいましたが、その後がまたたいへん。
首を動かさないでいるって、辛いことなんですね。

ペットボトルの水を飲む
 上が向けないから、痛い。あたたたた。。

電話を取る
 手を伸ばすだけで痛みが!

内線電話で話す
 自然にやっているあいづち。いたっ!あたたた。。

パソコンで文字を入れる
 Enterキー打つたびに、鈍い痛み。

会社生活ってこんなにも、首を使うものなんですね。

「わたりさん」
>>はい。
あたたたた。。。くるっと振り向けないので、イスごと回転。
回るイスでよかった。

でも顔が向けられないので、垂直で動く。
同僚が、それをみて、
「サンダーバードですね」

ぶっ!

笑うとまた、痛い。

いや、冗談でなく痛いんだけどな。。。

火曜日、再び接骨院へ。
月曜よりは首が動くようになりましたが、痛みはまだ引かず。
>>こういうのってどうしたら再発を防げますか?

「体幹を鍛えるといいんですよね
首に力がかかるんですけど、体幹が強いと首の負担も減りますから。」

なるほど。もっとバランスボールで鍛えておくんだった。。

痛みは数日続くかも、と言われました。

そりゃないよ。週末にはツールド草津だよ。
ヒルクライムレースに出るのになー。。

ママチャリの振動でも痛みがあるのに、どこまで回復するのかな。

がんばれ、自分。こうなったら、回復力にかけるしかない!?

| | コメント (9)

2007年4月10日 (火)

釜だしカステラ・リベンジツアー

4月7日土曜日。

前に食べ逃したカステラ!
今日こそは、待ちに待った釜だしカステラの日です。
月に2回しかない、貴重な日です。

Lorisさん、Saganoさん、Tictacさんたちは2月にすでに食べちゃっているんですが、私はまだなんですよ。

できたてほかほかのカステラ!!
黙って食べに行くなんてずるい!!
おまけに、「ハチミツの味がたまらない~」とか、思いっきりメール『だけ』送ってくる悪人二人。
リベンジじゃー!!

ということで、企画されたカステラツアー、集合は7:30。早いです。

最近遅れてばかりなので、今日こそは、と、バチっと起きて集合場所へ。
すでにSaganoさんが来ていました。少しあとにTictacさん登場。
あれ、Lorisさんがいません。
「寝坊したんで、追いかけるから先いってくださいって」

め、めずらしい。

途中のコンビニでおやつのシュークリームをぱくついていたら、あとから激走りしてきたLorisさんが追い抜いていってしまいました。

まあ、いたしかたない、と、ゆっくりシュークリームをいただいて、途中で合流しながら荒川に向かいます。
久しぶりの荒川は、やっぱり、広い。走りやすい。

覚悟していた向かい風はほとんどなく、めずらしいくらい快調!
桜も残っていて、あたたかでサイクリング日和です。
実は、あまり体調がよくなく、体力ダウンしてしまいそうで心配だったのですが、無理をしてでも出てきたかいがありました。
ペダルも快調な回り方。

さて、カステラ!!と心はすでにカステラに。

でもカステラは、デザートにとっておいて、まずは、お昼ご飯場所にむかいます。

大宮市場 きっちん ニューほしの

Image676 Lorisさんがカツカレーがうまい!と絶賛していたのですが、揚げ物は胸にせまってきそうで、ぐっとこらえて、ハヤシライスにしました。卵がのっていて、お肉もとろけていて、うまい!
量はたっぷりとサイクリストサイズです。
うまいー!と、最初はなりふりかまわず食べていたのですが、半分すぎるくらいからペースダウン。あと1/4、もうだめです。ギブアップ。
Tictacさんがすでに食べ終わっていたので、あとはよろしくお願いします、、と、もらっていただきました。

次に目指すのはコンビニ。
やはり、カステラには牛乳ということで、みんな1本づつ牛乳をGetです。
実は、生牛乳はお腹を壊してしまうので、飲めません。豆乳にしておこうか、と、迷ったあげく、カルシウム牛乳とかいう調整牛

乳にしました。生牛乳じゃなければ、まだ大丈夫かなと。

文明堂の浦和工場の釜だしカステラ

さて、文明堂の浦和工場につきました。
入り口では、交通整理のおじさんが車をさばいています。
「釜だしカステラはこちらですよー!」
次から次へと入ってくる車。すごい人気です。

お菓子を焼くあま~い匂いがただよう中、自転車を止めて、さて、カステラー!!
行列がずらーっとできてます。
並ぶと試食が差し出されて、まず、ぱくり。
ほわ~としてて美味しい~。

奥から、ほかほかのカステラが出て、切り分けられて売られていきます。
ダンナにお土産と、近所の方にもあげようと、2箱買いました。

Image683 さて、そのあとはご賞味タイム!!
Lorisさんが四等分に切り分けたカステラをみんなで「いただきまーす!」

食べ物って、その場で食べないとどうしてもダメなものがある。
これもそのひとつ。あったかふかふかのカステラは、出来立てを今食べるのが一番美味しい!
卵の風味と柔らかさ、甘み、とにかく、うま~い。

あ~、来てよかった。

もう、満足です。

あとは、もういいや。

と、ここで帰り道がなかったらな~、、、、と思いつつ、帰りは淡々と、でも、容赦なく飛ばして帰るみんなのあとにくっついて、家路につきました。
目的を果たしたあとのことはあんまり覚えていません。

みなさま、連れて行っていただいてありがとうございました。
食いしん坊女子部員も大満足の荒川サイクリングでした。

また、よろしくお願いします。

と、ここまでは良かったのですが、翌日、とんでもないことが待っていました。
草津あやうしか(?)

| | コメント (4)

2007年4月 7日 (土)

メンテナンスは共同作業で

自転車がうちにやってきて1年。
最初は、坂を下りたときに、キュっと止まるブレーキにびっくりしたものですが、いまや、ブレーキをふりしぼって、ふりしぼってようやく減速する始末。

ツールド草津まであと少し。
これは、やばい、と、お手入れをしてあげることにしました。

変速機にくっついている丸いプーリーがたがた言っていたので、ついでにこれも取り替えです。

もちろん、自分じゃできません。
こういうときは、ダンナに上げ膳据え膳大作戦です。

「今日は、会社早く終わったんだねー。」

>>う、うん。(にっこり)

>>ご飯できてるよ。

いつもより1品多い晩ご飯後、30分経過。

>>後は、お願いね♪ (にっこり)
これこそ、夫婦二人の共同作業(?!)ってもんです。

まずは、4000キロ走って、もともと雨用の溝があったのがほとんど無くなってしまったタイヤ交換。
うんしょ、うんしょ。
片方くらいは自分で外します。

外したあとのホィールを見てダンナが一言。

「きったねぇな~」

奥からごそごそと何か取り出してきて、
「はい、これで掃除しな」

真っ黒い砂消しゴムのような物体。
MAVICのソフトストーンというものだそうです。

これで、ホィールの内側のリムの部分をごしごしとやるのだそうです。
ほ~。
買ってから一回もやったことがありませんでした。

Image670 ごーし、ごしごし。
なかなかすぃ~っと、きれいにはなりません。

でも、かけた後が銀色できれいになっていきます。
おおー!!すごいすごい。

それにしても、きったなかったんだなー。

ごーし、ごしごし。
一年の汚れはハンパじゃありません。けっこう、力が入ります。
反面終わったら、まだ反面。前輪の次は後ろもあるし、意外とたいへんです。

ホィールと格闘している間、ダンナがもくもくと、プーリーを取り外していました。

Image669
取り外したら、なんと裏が真っ赤。見事に錆びてしまってました。
一年でこんなになっちゃうものなのかねー。。。粗雑に扱っていたかなぁ。。

次は、ブレーキ取替えです。
ブレーキパットが減ってしまっていたので、前にLorisさんからいただいた105のブレーキをブレーキごと付け替えしました。

はっ。まだリム掃除、反面残ってたよ。
ごーし、ごしごし。
ホィールとぎましょ。
Image671 ごーし、ごしごし。

(あずき洗いか。。。)

そんなふうに、4月の夜は、ふけていきます。

タイヤも新しくなったし、ブレーキも換えて、リムも掃除してブレーキは効くようになったことだし、愛あるダンナの協力で、草津の準備は万端です。

| | コメント (5)

2007年4月 3日 (火)

羽村の桜祭り

日曜日。雨予報が覆って、晴れてます。
ゆるりとおきて、11時。

さて、夕方までは自由時間。
どこに行きましょっかね。

大井埠頭かな、とも思ったのですが、少し距離を乗りたかったので羽村に行くことにしました。

昨夜の雨で桜はまだ残っているかな、と、思ったら、大丈夫!
満開とばかりに咲いていました。

しかし、この日は暑かった。
あとでニュースを見たら、東京は26度。
暑いわけだわ。

前日は風が冷たかったので、長袖ジャージにベストを着てたのですが、あっという間に汗びっしょり。
もう着てられない。
丸子橋の下で自転車止めて、えいやっと脱いで、インナー&ベストといういでたち。
ついでに、手袋もえいっと取って、長袖ジャージのポケットに入れちゃいました。
脱いだジャージは、くるりと腰に巻きます。

ほ~。。涼しい。

さて、とおもったら、あれれ??
グローブが冬用の分厚いやつをずーっとつけていたので、手袋を通さず素手で握ったらば、なんか変。
ブレーキ握って、試してから、そろそろと進みます。
久しぶりのバーテープの感触。久しぶりに、自転車と密着してる感じがします。
分厚い手袋がつくっていた、たった1cmの厚みで距離があったんだなー。
さらば、冬もの!帰ったら、洗濯してもう、しまっちゃおっと。

さて、先をゆるりと進みますが、ここからが本番。
とにかく人、ひと。いつもの5倍以上は歩いてます。

まあ、天気もいいし、外出たくなるよねー。
と、のんびりしてたのはそのへんまででした。

登戸は気合の飲み会。
名だたる銘柄の一升瓶がずらりと道に並んでいました。
混雑度A

登戸から多摩川水道橋をわたって対岸。
砂利道を走るのだけど、ここからはまたすごい。やきそば、たこ焼き、わたあめなどなど、出店まで出ていて、花見モードは全開
桜の下にはビニールシートがならび、えらい勢いでいろんなものが食べられている。
混雑度AA。もはや、時速5キロとか。走るのも危ない。あぅ。子供が!!

「じゃ、次は、わたしが撮るわね」
ぎゃ!
後ろを見ないで下がるおばちゃん。
写真を取られっこしてるおばちゃんは要注意です。
まわりなんてまったく見てません。

し、しまった。下の道路を行けばよかった。。
もはや通行困難。

府中風の道、ここも桜の下は宴会場。
混雑度A

少しお腹がすいてきたので、Ysバイクパークの隣のセブンイレブンでおにぎりを買いました。
外でもぐもぐやっていると、少し前に、追い越していかれたルイガノのクロスバイクの方がいました。

「多摩川はよく走っていらっしゃるんですか?」
>>あ、はい。一番近いので、ちょこちょこきてます。

なんとロードを買われたばかりで納車待ちとのこと。
そういえば、私も、ちょうど一年前でした。

佐渡ロングライドに出られるとのことで、準備をしていらっしゃるとのこと。

この方、クロスバイクで時速30キロ巡航されていたので、ロードだったら楽々と走れるのではないでしょうか。

佐渡一周かぁ。。いいな~。

さて、まだまだ羽村まではあるので、先に進みます。

住宅地をぬけて、公園。あったかいし、人いっぱい。
混雑度AA
蛇行して漕いでいるママチャリのおっちゃん、危ないよ~!

福生。ここは町ぐるみで桜祭まっさい中。
出店もいっぱい。人もいっぱい。宴会さらに多し。
特AAA

かなり長めの桜並木があり、えんえんと宴会場と化しています。
ここも通行困難。下の道のほうがよさそうでしたが、いたしかたありません。
ゆるりと人をかわしながら、進みます。

ようやくたどりついた羽村。
桜祭り最高潮!
人、人、人だらけ。
特AAAAAAAA。

混んでることは予想してましたが、これほどにぎわっているとは!
玉川兄弟の前では、懐かしの「一世風靡セピア」のミュージックにのせて、パフォーマンスが繰り広げられちゃってます。
なんで、「一世風靡セピア」!?

お腹がすいたので、お昼にと、出店を物色。
こういう観光をかねてやっている祭りには、地元のお店が出展して、名物なんかもあるんだよな~。

Image664 入り口では、出張足湯が!
自転車をほおっておいてつかるわけにもいかず、ここは我慢。

お!お焼き発見。
よもぎお焼きをGet。150円!
すぐにあっためてくれて、ほっかほか。
早速、食べます。
あんこものはあまり好きではないのですが、甘すぎず、よもぎの香りが強く出ていて、美味しい。

でもまだまだ、お腹には足りません。
Image667 何かないかなーと思ったら、出店の中に、タイ風焼きそばの文字。
よっしゃ、これにしよ。
>>一個ください。

500円でした。

Image666 「辛くしてイイ?」
といわれたので、はい!
というと、唐辛子どっさり。

麺は元気がないけど、辛~。
しょっぱさが足りないので、ナンプラーをもらってぶっかけてがつがつ食べます。
ようやく、お腹一杯になりました。

さて、戻ろうと思ったら、川沿いに、陶器市ののぼりを発見。
こんなところに陶房があるとは知らなかった。
寄り道、よりみち♪

陶房「和」

Image668 ちょっぴり見学させてもらいました。
春にぴったりの花柄のお茶碗がかわいかったです。
お皿がいいなーと思ったのですが、、、、、、さすがに持って帰れません。素直にあきらめました。
ご主人とちょっとお話をしてみたら、教室もやっているとのことでした。
焼きもの、楽しそうだな~。

帰りは一路、家に向かいます。
空がどんよりしてきました。

昼間あれだけ暑いと、雨降るかなと思ったけど、予感は的中。
どんどん空が重くなります。
風は、思いっきり向かい風で強くなります。

登戸あたりでぽつぽつと降ってきましたが、どうしようもないので、とにかく漕ぎ続けます。
本降り前には多摩川脱出。
びしょびしょにはならずに戻ってこれました。

Image659 12時に家を出たので、羽村まで行って帰って6時にはと思っていたら、戻ったのは7時でした。お花見シーズンの多摩川は、混雑エリアを避けて道路を使って賢く走ったほうが良いのですねー。たまには、川沿いの道路を走ってみて、道を覚えていかないと、こういうときは困りますね。

まあ、急ぐわけでもないし、それはそれで、花見宴会ウォッチングができて楽しかったです。
いつもの年なら、自分はその中で飲んでるほうなのにな~。

| | コメント (6)

2007年4月 2日 (月)

花曇りの多摩川

土曜日、朝7:00、たしかに目覚ましは鳴りました。

でも、目覚ましを止めて、えいっと起きようとしたら、そこには地球の重力がありました。
敷布団に身体が吸い寄せられて、立ち上がれません。

たま~にありますが、お疲れモードってやつです。
体力、気力が「もう、嫌だよう」とSOSをあげてます。
平日にこれになると、お休みもらったりもしてしまいます。

会社はおりしも年度末。
あんなことがあったり、こんなことが続いたりで、お疲れモードに入ってしまったらしいのです。
う~。。。

「行かなくていいの?」

ダンナに起こされて時計を見ると、はっ!
待ち合わせまではあと10分もありません。

うーわ。。。
これはもう、どうあがいても無駄。無理。

連光寺で坂練習の予定だったのですが、素直にあきらめ、Lorisさんに遅れる旨をメールして、また布団にもぐりこみます。

すいません、みなさん。。。

一時間経過。

起き上がる元気が出てきたので、出勤するダンナと一緒に自転車を担いで家を出ました。

こうなったら、のんびりモードで、ご飯だけも行こうっと♪

最初は一緒に出たのですが、池上通りでちぎられて、ダンナは見えなくなってしまったのであとはマイペース。

久しぶりにガス橋から多摩川に入ります。

Image648 ガス橋のあたりは、白いだいこんの花。
いいなー。春だなぁ。

丸子橋の近くから、だんだん桜が増えてきます。
8部咲。ほぼ満開。きれ~い。

Image651 登戸。せせらぎ館のまわり、さくら、さくら~。

橋を渡っても桜~。

是政橋に到着。ちょうど坂練習を終えたLorisさんご一行と合流。
今日はSaganoさんの奥様のAyuさんもご一緒です。

練習をしてがんばったすがすがしい三人とお疲れモードな人。
目に痛いです。
こんなご一行が向かうのは、先週行った百草園近くのお蕎麦屋さん。

また、あの強烈な坂が立ちはだかります。
が、Lorisさん、Saganoさん、二人とも、ひょいっと上っていっちゃいました。

私!?
上りませんよ。お疲れモードですから。
死んじゃいますよ。
Ayuさんと、自転車を押してあがります。歩いて上るのも辛いってば!

Image653 上りきったら、下って、手打ち蕎麦『むら岡』に到着。
土日限定の二色蕎麦をいただきました。
今日は、せいろとレモン切り蕎麦、さっぱりしていて美味しかったです。

多摩川に戻って、そこからは、Ayuさんとしゃべりながらゆったりサイクリング。
桜もきれいだし、こういうのもいいものです。

途中で、このまえ連光寺をご一緒していただいたM氏にばったり。
今日は、夜、Y'sのサンデーサイクリングのみなさんで花見をする予定だったのですが、雨みたいなので、飲み会だけをやるんですが、とお誘い。
ダンナも参加するので、ご一緒させていただくことにしました。
それでは、後ほど、と、先に進みます。

デザートは、玉川水道橋近くのカフェ「青いたね」でケーキと紅茶。
ミルクティーでほっこりします。
Image655 4人中、3人、ブログ書きなので、食べる前にはまず撮影。
違うものを頼んだので、みんなでつつきあいます。この一口ちょうだい、が楽しいんだよね。
りんごのケーキはちょっと甘くて重め。チーズケーキはリコッタチーズで作っているのか軽め。
バナナケーキはどっしり。

ご飯たべてお茶して帰ってきただけで、練習は何にもしてませんが、よい気分転換になりました。
あちこち、お花が咲いていて、多摩川きれいだったな~。

夜は夜で、自転車乗り達の宴会は自転車話題でいっぱい。

話題ランキング:
1.今度でるレースの話
2.どこの峠が一番きついか
3.新車の話
4.ツーリングのはなし

Image658 と、こんな話題が繰り広げられました。
あっという間に11時すぎ。雨も本降りになったので、傘差しながら家路につきました。

それにしても、多摩川、きれいだったなぁ。

| | コメント (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »