« 完走しました | トップページ | 銀座の自転車 »

2007年4月19日 (木)

草津よいと~こ♪

ツール・ド・草津、当日の朝。
携帯のアラームを6時にセットして、少し早めに起床。
さむ~い。
布団から出る気がしません。
前日の宴会でちょっと飲みすぎたかなぁ。。

でも、前日なんにも準備してないので、えいやと起きて身支度をして、外に出ます。
自転車が雨上がりの途中までの自走で、恐ろしくどろどろ。ばっちいこと、このうえない。
こんな汚い自転車をレース会場に持っていくにはしのびないので、旅館のちびタオルをぬらしてきて、掃除します。チェーンにオイルをさして、準備完了。

ふと、気がつくと、アクシデントで草津に来れなくなってしまったTictacさんのホィールが目に入りました。
看護婦さんの「この人の分もがんばってきてね」という会話に苦笑いしていたTictacさんの顔がうかびました。
Image708 あ、そうだ!
前輪だけでも参加してもらいましょう、と、私の自転車のSHIMANOのホィールを外して取り付けました。

前輪だけ赤いタイヤの自転車。Tictacさんと同じ黒い自転車なので、赤色タイヤもなかなかです。

Image705 7時。ヒロさんが「ごはんやでー」と呼びにきました。
ヒルクライムレースはこれで3回目ですが、いずれも旅館で朝食をがっつり食べすぎて失敗しているので、ご飯はちょっと我慢して、少なめに軽く1杯だけにしました。

何を着て走ろうかと悩んだのですが、インナーと半袖ジャージ、アームウォーマー、短いレーパン、レッグウォーマーにしました。グローブも指きり。
風が冷たかったので、ウィンドブレーカーをはおって、会場に出発です。
が、
さ、寒い。ウエア選び、失敗か!?

会場は宿から10分。
まだまだ時間もあるので、みんなとあれこれ話しながら、案内板の後ろに並んで、開会式を待ちます。
振り返ると、後ろにはものすごい自転車の数。壮観です。

ツール・ド・草津は白根山の山開きの行事で行われるので、草津温泉の街中をパレードしてからスタートと聞いていたのですが、「パレード参加をしないと失格になります」、と、繰り返しアナウンスが入り、とにもかくにも、全員参加しなちゃいけません。

英語(!?)を交えた開会式が終わって、まずはチャンピオンクラスがスタート。少し待って、ロードレーサー第一グループにつづいて、ようやく出発の案内。
会場入りしてすでに1時間以上たっていて、寒風の中を待っていたので、身体は冷えひえです。さぶさぶ言いながら、自転車にまたがります。

先導車の真後ろについてスタート。
ゆっくりと車は進みますが、道はひたすらに下り。
ブレーキはもちろん、かけっぱなしです。

旅館エリアになると、沿道には、地元の方&観光客の方たちが手を振ります。
「がんばってくださーい!」
お、ととと。振り返そうにも片手があやういので、笑顔で返礼します。
レース前にこけるわけには、いきません。

まだまだ、下り。
もーっと下り。
風が冷たくて、指が辛くなってきました。

湯畑をすぎて、もう少しくだり。

下り終了。
!?

そこには、とっても立派な坂が。
うーわー。。。。

これを上りきって、集合場所の天狗山レストハウスまで戻らないと、レースにもなりません。
なんか、もう、ここですでにお疲れモード。うひ~。
すでに歩いている人もいます。

沿道には、にこやかに手をふる応援の人もいて、みっともないので、作り笑顔で上ります。

計測エリアをすぎて、いよいよここからレースがスタートです。
流れスタートのレースだと、必ずといってよいほど落車を見るのですが、パレード後、ばらばらとスタートできるのでトラブルに

あっている人はだれもいません。マイペースでスタートできるのはありがたいです。

まったく試走をしていなかったので、コースは未知の領域です。

勾配はそんなにきつくはなく、上れないほどではないのですが、だらり、だらりとした上りとつづれ折が続きます。
ようやく、半分。殺石川原コースをすぎました。

でも、まだ半分。
は~。
長い。

足がじわじわ重くなって、動かなくなってきました。
後ろからくる人達にどんどん抜かれていきますが、追いかけられません。
心拍系を見ると160ちょっと。まだまだいけるはずなのですが、足が回らず。

とにかく、マイペースで行くしかない。

上にのぼれば上るほど、雪をいただいた山がくっきりと見えてきます。
きれいだけど、余裕はありません。

視界をさえぎる草木がないせいか、つづれ折の先が見通せて、やたらと勾配がきついように見えます。
上れるのかな、と、一瞬ひるみますが、曲がると、えいや、と、なんとか上る、そんなことの繰り返しが続きます。
はるか上に見える、つづれ折の道に、先行するサイクリストが連なって見えます。

あそこまで登るんだ。まだまだ先があるんだなぁ。
頂上はまだかなぁ。

とにかく、漕ぎ続けます。

少し坂がゆるくなったな、と思ったら、レストハウスが見えました。
やっと、ゴールです!

と、と、みんなここからは飛ばす、飛ばす。
こ、これは、ゴール前のスプリント!?
最後の力を振り絞ってまわします。

ピー!
っと計測器がなって、ゴール。
なんとか完走しました。

ゴールの後ろで記念写真。ぱちり。Image713

下山までは時間があるので、レストハウスであったかいココアをいただきます。昨年もあったと聞いていたのですが、今年も振舞われていました!わーい。

Image715

ずずず~。あったかい、甘い。う~、うまい。

レストハウスでは、知っている顔が何人か。
竹芝自転車倶楽部のみなさん、裏磐梯でご一緒したbicirosaさんがいました。いろいろ近況を話して、盛り上がります。

さて、下山です。
行きと違って、景色はゆっくり見れるのですが、とにかく寒い。
雪の壁が残る山頂付近の寒さといったら、泣きそうになるくらい。
ジャケット着ているのですが、それでも寒い。
鼻がずるずる、耳はきんきんに痛み、手もかじかんで、けっこうな苦行です。

さ~む~い~!! と、言いながら下りてきました。

天狗山レストハウスに戻ると、あったかい豚汁のサービスが。
汗いっぱいかいた後は、このしょっぱさが旨い!
バナナももらえて、なんだか、嬉しかったです。

完走証がすぐに配られています。早いなー。
他の大会では、後から郵送されるものがほとんどです。
落車やパンクした人も少なかったですし、スムーズに運営されているのが印象的な大会でした。

さて、結果です。
タイムは1時間2分でした。週末サイクリストとしては、こんなものでしょうか。
まったく早くはありませんが、自分なりには、がんばりました。

パレードに参加して、雪の壁を見ながら走る、ツールド草津は面白いレースでした。Image709

|

« 完走しました | トップページ | 銀座の自転車 »

コメント

草津お疲れ様でした!お会いできて良かったです。
スタート最前列で位置取りされているwatariさんの気合にビビりました。
ご一緒する機会がありましたらよろしくお願いしますねー。

投稿: bicirosa | 2007年4月19日 (木) 12時55分

いいタイムですね.レース中,私を含め男性陣は皆,ヒタヒタと背後から忍び寄るwatariさんの影に密かに怯えていましたよ(笑).
朝,温泉のちびタオルがトップチューブに掛かったままになってるの見ました.自転車もレース前に一風呂浴びてきたみたいで可笑しかったです.

投稿: sagano | 2007年4月19日 (木) 12時58分

お疲れ様でした。
楽しかったですねぇ。
振り返れば奴がいる!って感じでヒタヒタと忍び寄る影に怯えてました。www
次回美ヶ原も頑張りましょう。

投稿: loris | 2007年4月19日 (木) 13時13分

完走おめでとうございます。

草津よいとこそうですね~。
レースも楽しそう!
今度行くという話があるので、自転車持っていってみようかな。

投稿: nebochito | 2007年4月19日 (木) 19時15分

目の前に立ちはだかる坂はいやですねぇ。
登りたくなくなりますよねぇ(笑
でも完走おめでとうございます。

ニューホイール、ゲットしましょう!

投稿: 自転車だけロードレーサー | 2007年4月19日 (木) 20時06分

お疲れ様でした。

レース楽しかったですね。
色々有りましたが、来年も皆で行きたいですね。
ではでは。

投稿: ナカ | 2007年4月19日 (木) 23時32分

bicirosaさん、あの位置取りは偶然ですよ。でも、前すぎましたね。。。

saganoさん、いやいや、、早いのは皆さんですよ。私はマイペースで行くしかないので。

loris さん、奴ってなんですか!もう!
あー、でも、美ヶ原はすぐやってきますね。

nebochitoさん、来年はご一緒しませんか、ぜひ。

自転車だけロードレーサー さん、いやでも、ダンナから坂はお好きだと聞いてますよ?私は嫌ですが。。

ナカさん、ほんとにいろいろありましたね。
でも、来年も行きたいです。

投稿: watari | 2007年4月20日 (金) 02時01分

かなーり遅レスですが、お疲れ様でした。
温泉で首の方も良くなったでしょうか?
出だしの件でも奮闘していただいて、ありがとうございました。
体調が万全でない状態であのタイムは立派ですね。
次は万全な状態で、ぜひ男どもをやっつけてくださいな。

※リンクありがとうございます。相互リンクさせてもらいます。

投稿: やく | 2007年4月20日 (金) 23時12分

やくさん、いったん、首は良くなったんですがね。。。ちょっと無理しちゃいました。

上りはとにかく、辛くてせつないです。
やくさん、今度は坂練習につきあってくださいね。

投稿: watari | 2007年4月25日 (水) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 完走しました | トップページ | 銀座の自転車 »