« 楽しい時間のそのあとは | トップページ | 自転車Tシャツ »

2007年5月22日 (火)

房総試走&試食ツアー

サイクリングはいつもみなさんに連れて行っていただくばかりなので、地の利がある実家の房総半島にお連れしたいなぁと思っていたのですが、いざ、自分で案内となると道がよくわかりません。
いつも親に車で連れて行ってもらっていたし、おまけに地元民は以外に地元のことを知らない。昼ご飯所も良くわかってないという、なさけない状態。みなさんを連れて行ったら、遭難しかねません。

まずは、コース組み立ての再検討ということで、Lorisさん、Saganoさんにつきあっていただいて、土曜日、房総試走ツアーに出かけてきました。

朝5時15分。
天気予報は、前日チェックしたときと変わらず、AM降水確率50%。
うわーん。

Lorisさんに電話して相談です。
>>どうしましょう??
「こっちは、晴れてるよ~。大丈夫じゃないかなぁ」
>>そうですか、じゃ、行っちゃいますか。

どよんどよんした雲を見上げつつ、ツアー決行が決定。
Saganoさんにも連絡します。

待ち合わせは、京急蒲田で7時(早い!)
久里浜までは輪行して、そこからフェリーを使って房総に渡ります。
自走もありかなぁ、とは思ったのですが、房総でけっこう距離を乗るので、行きと帰りは電車を使うことにしました。

青物横丁6時20分。
で自転車を輪行袋にたたんで、6時半。おおっ、わずか10分でたためました。
早くなったものです。(自画自賛!!)

かなり早めについたので、メールしてからしばらくホームで待っていると、でっかい袋をもった二人が登場。7時5分の特急にすぃっと乗れました。

朝早かったので、電車で寝ちゃうかなぁ、と思ったのですが、あれこれ話しているうちに久里浜到着。もう、下りなきゃです。

Image772 京急久里浜から東京湾フェリー乗り場までは、けっこう距離があるので自転車を組み立てて乗って行きます。輪行袋など、余計なものは、駅のロッカーに預けていくことにしました。
いったん、出てしまったので、改札の中、構内にしかロッカーが無いのはちょっとまいりました。

ターミナルにつくと、フェリーがちょうど出るところ。
>>乗れますか?
「早く、券買ってきてくださいねー」

>>はーい。

片道920円なのですが、往復だと1700円。
かなりお得です。
今日は戻ってくるので、迷わず往復切符を買います。

フェリーに乗船して、自転車を預けます。
床が潮でぬれていて、ビンディングシューズだと身の危険を感じます。
靴だけはリュックに入れて持ってくれば良かったかなぁ。

客室に上がって、窓際の席をキープ。
相変わらず、空はどよどよとしたまま。海は灰色で荒れ放題。
どうなる、この先!?

と、外を眺めていたら、Lorisさん、Saganoさんは、早速売店でカレーパンをGet。
もぐもぐやっています。
いいなーと、思ったのですが、荒れた海をみて、自粛。

あんの状、しばらくしたら、だんだん、だ ん だ ん。。。
う~。。。きもちわるい~。。。

金谷には40分もあればついてしまうので、陸地について、ほっと一息。

さて、ここからが、房総ツアーです。
まだ、雨は降ってきていません。上空では黒い雨雲がものすごい速さで動いています。
降られたら、そのとき、と、雨グッズは持ってきていません。

どうなることやら。

まずは、保田の先までいって、道の駅「富楽里」を目指します。
が、いくらもいかないうちに、トンネルの手前で強風にやられます。
トンネルに入ったら風はやむのか、と思ったら、その反対。
さらに集まって強力になってきています。
映画に出てくるような風で飛ばされるような状況。もう、マトリックスかイナバウアー状態です。
うーわー。
トンネル手前でもう、ふらふらしていたので、車がきたらやばい感じです。
Lorisさん、Saganoさんには、先に行ってもらって、自転車を降りて引いていきます。

引いていっても、すごい風。

トンネルを過ぎたら、少し風が治まったので、ようやく乗れるようになりました。
ふぅ。

保田を過ぎて、トンネルのすぐ先を左へ。道の駅、「富楽里」に到着。
富山町の道の駅なのですが、海産物や農産物とか、牧場直営店のソフトクリームとか、このあたりでは、かなり充実した施設なのです。

1階は産直品売り場。2階に上がると、ご飯所と売店があって、オープンコーナーで食べることもできます。

Lorisさんが、いわしバーグをフェリーで食べられなかったので、ここで、いわしバーグを見つけて早速Get。あれ?他にもがっつり買ってますよ。
ふと見ると、Saganoさんも、がっつり何品か取ってます。あらららら。

>>これ、今から食べるんですか?
「もちろんです!」

Image774 まだ昼にはだいぶん早いんですが、マネして鰯団子と海草の煮物をお皿にもらって、いただきます。

ペロリと平らげた後は、下の物産館でいろいろ物色。
このあたりは、びわの産地なので、びわのお菓子がたくさん並んでいます。

さて、いよいよ房総縦断。
鴨川へのルートは3種類あって、(松)坂練習にぴったりの難度高、くねくね勾配たっぷりの峰岡林道コース、(竹)ちょうどほどよくアップダウンがある89号線コース、(梅)最短距離で勾配もほとんどない長狭街道コース。

峰岡林道の入り口はわかりにくくて迷いそうだし案内できないしなーと、それにLorisさんの治りかけの指も心配だしで、竹コース、89号線に沿って鴨川に向かいます。

だらりだらりとした上りと下りをいつくか繰り返して山を越えていきます。
空がだんだんと明るくなってきています。

車もほとんど来ないし、快適~♪
知らなかったけど、わが実家の近くは、自転車天国ではないですか。

行き着く先は海。
ここからは海岸線に沿って、走るコースです。
が、、、GWのときと同じ、強烈な向かい風。ずーっと、ずーっと向かい風。最初はがんばってこいでいても、だんだんスタミナが切れてきます。

お昼の場所、千倉の大徳屋さんについたときには、お腹がぺこぺこ。

迷わずおまかせにぎりを頼んで待ちます。

先に、マンボウの味噌煮込みが出てきました。
マンボウは漁師さんの間ではときどき食べられている珍味。
実家にいたころに、お刺身を食べたことがありますが、たんぱくな味だったような。
味噌煮込みは、味付けもGoodで美味しかったです。

お寿司は、まだかな。

きたー!Image777

わき目もふらず、食べる食べる。
Saganoさんが、とにかく嬉しそうに食べているのが印象的。
にぎりがそんなに大きくないので、程よくお腹に収まりました。

お昼ご飯のあとは、千倉の道の駅 潮風王国で水を補給。
だんだん晴れてきたので、とにかく暑くて、水分があっという間になくなります。

向かい風に負けずに、こぐこぐ。
海は空を映す。
曇天から一転して青空になり、海が青く見えるようになったので、ぐっと海沿いサイクリング気分が盛り上がってきました。

しかし、風圧は変わらず。。

Image779 白浜の灯台でパチリ。
子供のころ、母上によく連れてきてもらいました。
自転車で来るとは思いませんでしたが。。

ここからは、白浜・館山道を通って、館山へ。
向かい風が無いだけで、ほっとします。

この道は、GWの時も通っていたのですが、このまま走ると、そう、デザートにぴったりの、「木村のピーナッツ」にぶちあたります。
お二人に、ぜひ、ピーナツソフトを食べてもらいたいなぁ、と思っていたので、このルートはうってつけです。館山まで一気に走って、さあ、食べてもらいましょう!

あっ、Lorisさん、よそ見をすると、たれますよ!
「ちっ、ちっ、ちっ、オレは、ソフトのプロだぜ」
はっ!失礼いたしましたです。
私のほうが油断して、ぼたぼたやってしまいました。。。

ここからは127号線で、フェリー乗り場の金谷方面へ向かいます。

このへんは、びわの産地。今はちょうどシーズンなので、あちこちに「産地直売 びわ」「びわ狩り」とか、びわの文字が乱れ飛びます。

せっかくなんて、旬の味を味わっていきましょう!

Image784 1パックを買って、みんなで分けて食べました。
びわ好きなんですと、Saganoさんがとにかく満面の笑みで食べてます。
お尻から向いて、大きいのにかぶりつきます。果汁がたれるのもなんのその、初ものは、笑って食べないと!

ちょっと酸味もあって、初夏の味がしました。

保田まできたら、Lorisさん、Saganoさんがすいこまれるように、保田の漁業組合が運営するごはん所「ばんや」へ。

とーちゃんからは、ここは安いし、うまいぞ、とは聞いていたのですが、このメニュー、このスケール、魚介好きなら一回は来て欲しいというところです。
お昼、ここでも良かったなぁ。

Image789 さすがにお腹いっぱいなので、もう入らないよ、と思ったのですが、やはり目の前にしては食べないわけにいきません。さんが焼きをみんなでひとつたのんで分け合いました。
さんが焼きはあじをたたいてハンバーグ状にしたもの。美味しいんですよ~。

あ~、もう、ほんとに、ほんとに、お腹いっぱい。
さすがに食べすぎたなぁ。。。

Image790 フェリーがちょうど出るところで、良いタイミングで乗れました。
帰りは見事な夕日。キレイだー!

降水確率50%に負けず、出てきてよかったなー。

Lorisさん、Saganoさん、ご一緒していただいてありがとうございました。
これで、試走(試食?)は充分できました。次は、綿密なルートを組んで、房総サイクリングにまたいきましょうね!

|

« 楽しい時間のそのあとは | トップページ | 自転車Tシャツ »

コメント

みんなのブログを見ていると、やっぱり食がメインのサイクリングでしたね。w
また行きましょう。

投稿: loris | 2007年5月22日 (火) 08時58分

むむ・・
魚好きのワタクシは、一緒にいけなかったのをちょっと後悔。
次があるならぜひ参加したいなと思う次第です。とりあえず輪行袋を買おうかな。

投稿: ナカ | 2007年5月22日 (火) 09時14分

ばんやは、安いです、美味しいです。
大勢で行くと、いろんな物が食べられるので、
よいです。

投稿: 元 | 2007年5月22日 (火) 17時45分

ピーナツソフトうまそう~!
そんなにハードじゃないなら、是非次の房総ツアーには参加したいです。

watariさんのツアーはいつも美味しそうで羨ましい。

投稿: nebochito | 2007年5月22日 (火) 22時18分

ありがとうございました.
また是非行きましょう!
次回はばんやでの食事に期待してます.嶺岡林道にも惹かれますが..両方は一度には無理かな.

投稿: sagano | 2007年5月22日 (火) 22時30分

いつもおいしそうなツアーですよね。
僕はたいていカロリーメイトとアミノバイタルで走っているので、
Watariさんのグルメツーリングがうらやましいです。
いつか一緒に行けるといいですね。

投稿: hiro | 2007年5月23日 (水) 01時01分

房総いいなぁ。
旅、坂、グルメ、海、強風?一度にたくさん楽しめそうですね。

でも輪行袋がないと本番にお供できないので買ってみるかな。

投稿: mackey | 2007年5月24日 (木) 18時45分

loris さん、Saganoさん、お互い、良く食べましたねぇ。さすがの私もはらいっぱいのツアーでした。まだまだ、美味しいところはありますので、みんなでいきましょう!

ナカさん、mackey、房総ツアーは、輪行でなくてももちろんいけますよ。自走で!久里浜待ち合わせでもオッケーですから。

元さん、ばんや、ご存知でしたか!次回はあそこで腹いっぱい、お魚を食べるコースにしようと心に決めました。

nebochito さん、日帰り房総、女子チームで今度いきましょう!ご案内しますよ。

hiroさん、いえいえ、基本は補給食ですよね。。。食べすぎたなぁと、ちょっと反省はしてます。

投稿: watari | 2007年5月26日 (土) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽しい時間のそのあとは | トップページ | 自転車Tシャツ »