« ツ−ルは一瞬 | トップページ | グランフォンド・ピナレロ2007 »

2007年7月26日 (木)

グランフォンドピナレロ試走会

みなさま、たくさんのコメントありがとうございました。
イタリアからは、携帯で更新していたので、後から戻って見てびっくり。嬉しかったです。

さて、熱が冷めないうちに、文書にしなくちゃと思ったのですが、出社してすぐに発熱してしまいダウン。違う熱がでちゃいました。知恵熱ですかねぇ。

イタリア4日間、フランス3日間と旅行をしてきましたが、中でも思い出深い数日を書いてみました。まずは、Trevisoの1日目から。

グランフォンドピナレロのが開催されるのは、イタリア、ピナレロの本社がある街、Treviso。
観光地ではないので、ガイドブックを探しても、情報はほとんどありません。
「地球の歩き方」を買ってみたのですが、何も情報が得られず、まあ行けばわかると、下調べも何もせず現地入り。

ミラノの空港で、ツアーの皆さん全員と合流。総勢30名ほどのツアーは、走るぞ系の人や、同じく新婚旅行の人、ご家族での参加の人、熟年のゆったりご夫婦など、ほんとにいろいろ。

Trevisoまでは、ミラノからベネチアに飛行機を乗り継ぎ、バスで移動して15時間。現地時間の夜10時すぎで、もうまっくら。さすがに長旅。ふらふらです。
とにかく早く寝るに限ります。

翌日は、7時にモーングコールがあって、朝ごはんを食べてから、レンタル自転車とご対面です。

日本から申し込みをして一人ひとりサイズを調整された自転車が引き渡されます。
みんな同じカラーリングなのでわからなくなりそうですが、よーく見るとフレームの下のチェーンステイのところにちゃんと名前も入れてくれてあります。

P1000027 レンタルはトレビソにいる期間中ずっと乗れて、15000円。
最初は、Parisカーボンが借りられる予定だったのですが、引き渡された自転車には『PRINCE』の文字が。

Pinarello PRINCE カーボンは、今ちょうど真っ最中のツールドフランスで始めて投入されたプロ用の最高級マシンだそうで、今、世界の自転車の中でも、ベスト3に入るといっても良いくらいのすごい自転車。(これを読んでいるみなさんのほうが詳しいかもしれませんが。)
もちろん、お値段もすごい。フレームだけで65万、完成車で115万。うーむむ。
お買い上げしろといっても、無理でございます。

片手で持ち上がって、ものすごく軽い。びっくりです。
これに乗れるなんて、ラッキーとしか言えません!
わーい!

P1000026 あわせて袋をもらったのですが、中から出てきたのは、ピナレロジャージ&グローブ2セット、空気入れ、ボトル、サドルバックなどなど。これ、全部、ピナレロからのご好意でいただけるとのこと。
ジャージ2セットって、土曜日と日曜日と書いてあって、ちゃんと試走用、本番用と用意されています。よく見たら、下はビブですよ。ほんとにもらえるの!?
わーい!

さて、試走の前にペダルをつけて、それから、シートも下げて調整します。
うまくつけられないので、そこは、ダンナ様の出番です。ほほほほ。。
ありえないくらいシートが高いので、ぎりぎりまで下げます。

メーターをつけようとしたら、ハンドルが横の平べったいものだったので、付けられないことが判明。あらら。何キロ出ているかわからないや。他のも買えないし、しかたがないです。

それから着替え。
せっかくなので、いただいたピナレロジャージを着ます。
P1000031s 下はちゃんとビブ。初ビブですよ。
ぴっちりしてますが、お腹が締め付けられなくていいかも。

ダンナはと見ると、セッティングが終わると、ちゃっちゃと空気を入れています。
フロアポンプや工具は、ツアーに同行しているピナレロジャパンのF氏がちゃんと用意してくれていて、いたれりつくせり。ありがたいです。

試走に出かける前にまず、自分のための試走。
プリンスには、カンパのレコードがついています。が、、カンパなんて乗ったことが無いんですよ。
ギアの換え方からわかりませんよ、これ。
右ハンドル上のボッチを押すとギアが重くなって、下のレバーをがっちゃんとやったら軽くなる、理屈は説明されればそうかと思うんですが、ついついレバーを間違えてしまうんですよね。
重っ!

それから、走る場所も右側。ついつい無意識に左に寄っていってます。やばいやばい。
ちゃんと乗れるのかな!?

左のギアもがちゃがちゃやって、少し走ってギアに慣れます。
インナーに入れて、アウターに戻りにくいなぁ。

しばらくすると、別のホテルの試走集団が合流。
いろんな国の人達がいます。
話しかけてみたら、オーストリアから車で5時間で駆けつけてきたと言ってました。
P1000034 ガイジン集団は、みんな同じジャージ&プリンスカーボンです。
うわーお。
ピンクのピナレロカーに先導されて、後をついてトレビソの街を走り出します。

少しいくと、一面のとうもろこし畑がえんえんと続きます。
P1000054 道の端には小川が流れ、空も青いく、走っていて気持ちいい。

道路は、対向車も少なく、本当に走りやすい。
車が後ろから追い越すときは、無理やり寄せる心無いドライバーもいないし、充分距離をとって追い越していきます。自転車がちょっとセンターによりすぎているときは、クラクションで知らせて寄るようにきたしてくれます。自転車がさかんな国だし、ドライバーも心得ているんでしょうか。これなら、怖くありません。

P1000042 ピナレロ集団が街を走ります。
途中、ちょっと休憩してさらに走って、案内された先はピナレロの工場でした。
そこには、プリンスに乗った同じジャージを来た集団がさらに。

うーわー。ピナレロ軍団です。
壮観です。

水分と甘いタルトを振舞ってもらって、この日の試走は完了。
みんなでホテルに戻ります。

帰る途中、黄色いプリンスカーボンに乗った人物が後ろからすぃーっと。
「あれ、社長だよ」と、ダンナ。

社長自ら、自転車にちゃんと乗るんだ。へぇ~。
あの乗り方は、かなり乗れる方なんだろうなぁ。

あっという間に背中が見えなくなりました。

P1000044 試走の後は、翌日の出発地点の確認。
朝はそれぞれで向かうので道に迷ったらえらいことです。
エントリーする人達が次々と訪れています。

P1000049 出発地点を確認したら、すぐ近くにある、ピナレロショップでちょっと買い物。日本には無いジャージも売ってます。かわいいなぁ、これ。P1000052

すべてピナレロ商品かと思ったら、ジャージは別のものも売っていました。
お店の中には、歴代の賞状とかものすごく早かったタイムを出したTTバイクとかが陳列されてます。

ホテルに戻って、夜は、ピナレロ社が主催するウェルカムパーティへ。
バスで近くのホテルに連れて行ってもらいます。
ワンピース、一枚だけ持ってきておいてよかったよ。外国の方達といったら、ドレスアップするとすごいですからね。ちょっとはおめかししないと。

P1000070 ホテルの会場には、最新のピナレロの自転車ラインナップがずらり。
2008年モデルの新車と、もちろん、プリンスも色違いでずらり。

P1000074
P1000083 中には、タンデム車なんて珍しいものもあります。
もちろん、演台にも、フロアの廊下にもずらり。

自転車を見ながらご飯を食べるなんて初めてです。

ピナレロの右腕、ルチアーノさんの挨拶のあと、祝宴スタート。
ここにいるのは、世界のピナレロの有力ディーラーさん達。年に一度、グランフォンドにあわせてピナレロ社がこういう機会を設けているんだそうです。
日本からのツアー参加者がこういった場に同席させてもらえるのも、ピナレロ社がサポートしているツアーならでは。ありがたや。ありがたや。

P1000076 前菜はバイキングスタイル。そのあとは、リゾットに、パスタ。
ここでもうお腹いっぱい。
まだ、お肉とデザートが。。。ああ、最初の一皿でパンをとらなきゃよかった。
みなさん、ぱくぱくと平らげていますが、わが胃腸は追いつきません。
残念。。。う~。。。。

ふと気がつくと、すでに10時すぎ。
宴席はまだまだ続いていますが、朝は早いのでホテルに引き上げて、翌日に備えます。
この宴席は夜中1時ごろまではえんえん続くんだそう。
これで翌日走るなんて、外人パワー恐るべし。

いよいよ明日は、グランフォンド・ピナレロ当日のもようです。

|

« ツ−ルは一瞬 | トップページ | グランフォンド・ピナレロ2007 »

コメント

いや、いろいろなツーリング日記や旅行記を
読みましたが、やっぱ本場、しかもプリンスカーボンの
インプレまで付いてる旅行記は読み応えが違いますw
続きがスゴイ楽しみです。熱のところナンですが、
頑張って書いてくださいね(笑)

投稿: マント | 2007年7月26日 (木) 06時50分

おもしろーい!!
楽しそうです。
そして、初めて知ることばっかりで・・・。
いろんなイベントがあるものですね。
続き私も楽しみにしています!

体調大丈夫ですか?
まずは、体調管理をされて
モリッと日記書いて下さい!!

投稿: えざきんぐ | 2007年7月26日 (木) 09時08分

watariさん
はじめましてtuckyと言います。
ブログを読んでいつもwatariさんの行動力には感心させられます。
Prince Carbon の実写に乗れるとは貴重な体験でしたね。僕もいつかはPinarelloのバイクが欲しいと思っているので、非常に羨ましいです。
イタリアから携帯を使って更新されていたという事ですが、よろしければどの様に更新されたか教えて頂けますでしょうか?
9月にHCRに参加するのですが、出来ればPCを持っていきたくないので、簡単にブログを更新できればと考えています。
いつもは荒川CRを走っています(たまに妻とも)が、いつかご一緒させて頂きたいなと思っています。
ではお体お大事に。

投稿: tucky | 2007年7月26日 (木) 09時38分

いい物に乗って、グッツも貰って
行きたくなりますねぇ~

投稿: 元 | 2007年7月26日 (木) 12時23分

おぉっ!ピナレロプリンセス!!マジすてき!!
貴重な貴重なグラピナ参戦記、続編を楽しみに待ってま~す!

投稿: よっしー | 2007年7月26日 (木) 12時58分

おかえりなさん。
やはりピナレロが主催するイベントだから、規模が違いますね。
後半のレポートも楽しみにしてますね。

投稿: ちょろすけ | 2007年7月26日 (木) 22時50分

いいですね~自分もいつかは、行きたいな。
それから、そのジャージうらやましいです!
ちなみに自分は、この前の名栗ツーリングで
ご一緒させて頂いた赤のピナレロジャージを
着ていたあてうさです。
続き楽しみにしてますね!

投稿: あてうさ | 2007年7月26日 (木) 23時34分

こんにちは! お身体は大丈夫ですか?

自転車雑誌の記事で特集だらけだった
あのプリンスカーボンに乗れるなんて、
素敵ですね~(^^*
続きを楽しみにしています♪

投稿: Rion | 2007年7月26日 (木) 23時59分

こんばんは。
まずは無事のお帰り、なによりです。帰国後に熱が出てしまったのは、旅の疲れもあるかもしれませんね。ゆっくり休んで、体調を回復させて下さい。
しかし、いいツアーですね。PRINCE カーボンに乗れて、ジャージ等もGET♪
まじで来年行こうかな。

投稿: ほえ~ | 2007年7月27日 (金) 00時05分

Pinarelloづくしの究極のツアーですね.スゴイ..もうなんか麻痺してしまいそう.
ジャージ,決まってますね~.Princeカーボンのキャンギャル出来るんじゃないでしょうか^^
続編期待してます!

投稿: sagano | 2007年7月27日 (金) 00時20分

マントさん、えざきんぐさん、元さん、ほぇ~さん、Rionさん、あてうささん、Saganoさん、よっしーさん、コメントありがとうございます。今日は無事、熱下がりました。ブログも倒れる前に記事だけ書いておいたので、なんとか上がりましたよ。長くなっちゃいましたけど。。


tucky さん、私はココログを使っているのですが、モブログといって、携帯からメールを出すと記事として掲載されるような仕組みがあります。ほとんどのブログで携帯対応はされているので、お使いのブログでも携帯からの投稿はできると思いますよ。管理画面などで確認してみてはいかがでしょうか。
荒川もときどき、おじゃましてますので、機会がありましたら、ぜひ、ご一緒させてくださいね。

投稿: watari | 2007年7月27日 (金) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツ−ルは一瞬 | トップページ | グランフォンド・ピナレロ2007 »