« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月30日 (日)

2007走り納め

*アップした時間の関係で、前後の記事が微妙なんですが、あとからうつします。

12/30、Tictacさんから、走り納めに、とんかつアライ&白石峠どうですか、とお声がかかったので、ご一緒させていただきました。

待ち合わせは、6:45 いつものコンビニで。
前日、寝倒していたので、睡眠は充分。
少し早めについて、めずらしく一番乗りです。
肉まんをぱくついていると、Tictacさん登場。
が、Lorisさんが来ません。
いつも時間ぴったりなのに、珍しいです。

そういえば、まだ、白石峠は行ったことがありません。
>>どんなとこですか?

「う~ん、7キロくらいかなぁ。」

Lorisさんが揃ったので、ときがわ町にむけて出発です。

まーしかし、ダメダメです。
最近、お疲れモードで自転車に乗らない日は、ふとんが住み家の休日だったりしていたせいか、どうもペースが上がりません。
遅れ気味で、ちょっとお待たせしながらも、とにかく必死に追いかけていると、狭山茶の茶畑が見えてきました。
ああ、やっとここまできたのね。
身体は正直で、いきなり運動しても言うことを聞いてくれないみたいです。
白石峠にこれで上れるんかい!?

宮沢湖のコンビニでbicirosaさんと合流。4人で白石峠を目指します。

毛呂山あたりで、前を走るtictacさんが突如コースアウト。パンクです。
昔、怪しげなものだったらしい○○ホテル?の前でパンク修理。
ぽつっと、頬に雨粒があたりました。
ええ!?今日晴れじゃなかったっけ?

前方の山は、予報を裏切るどんよりさ。
どうも降っているっぽいです。

走り出して少ししたら、ババーっと本降りに降ってきちゃいました。
コンビニの軒に非難して、空を見上げて待ちますが、降り止むところか、雷ごろごろ。
しばらくすると、バチバチと音がしだして、雹まで降ってきました。おいおいおい。。。

天の神様にはかないません。
少し小雨になるのを待ちます。
この時間だともう白石は無理ですねえ。。残念。またの機会にとっておくことにします。

雨の中を走ると、とにかく辛いのがお尻。
泥除けも無いこの状態だと、もう濡れ放題です。

空が明るくなってきたので、そろそろ走れそうです。

Image152 アイデアマンのbicirosaさんが、これ使うといいですよ、と、ゴミ袋を切ってはおっていたので、マネさせてもらいました。
『埼玉県指定 収集袋』の文字が素敵です。
しかし、ちょびっと短かった。貫頭衣みたいに、すぽっと被ったら上半身はあったかだったのですが、お尻までは届かず。
ひ~。。。
お尻からじわじわと冷気が広がっていくのがわかります。
うひゃ~、つめたい。

向かう方向の空は明るいのに、雨はなかなか降り止みません。
向かい風もいいところで、たたきつける雨粒が容赦なく顔を直撃。
鼻水は止まらないし、がんばって漕いでも漕いでも、スピードも上がらず。

Tictacさん、bicirosaさんがものすごい勢いで、アタックかけてます。
おおー!?とんかつアタックでしょうか。
が、がんばらねば、とあせりますが、二人の背中がだんだん遠くなっていきます。

寒いよ、冷たいよ、とそれだけでも苦行なのに、上りもあったりで泣きそうになりながら、アライにようやく到着。
シューズカバーもろともびちゃびちゃだし、下半身が濡れてどうしようもないので、座敷に上がるのもはばかられますが、ここは座敷しかありません。

座布団に被ってきたゴミ袋を引いて、直接濡れないように座りました。

とんかつが美味しいとは聞いていたのですが、揚げ物は帰りを考えると消化が辛い。
手打うどんと猪料理も名物らしいので、猪肉&うどんが両方食べられる猪定食セットにしました。とんかつを食べにきたはずのTictacさんもなぜか猪セット。
「2007年の干支だし。いっとかないと」

Image153 待ちに待ったご飯は、ご飯はどんぶり、ざるのうどんも立派で、2人前はあろうかという量。
うーん。これで半ライス?
さらに半分にしてもらえばよかったよ。
猪は噛み応えのあるお肉で、味噌味がなかなか、乙な味。
酒もってこーい、な気分になりました。
Image154 bicirosaさんに猪肉ととんかつをシェアしてもらって、とんかつも味見。ここのとんかつは、衣が美味しい。

そうそう、アライのうどんはちゃんと手打ちです。太めの不ぞろいさがたまりません。
うとんだけはちゃんと食べようと、かなりがんばりました。

食べ終わったら、びしょびしょのお尻をなんとかすべく、ヒーターの前を陣取ります。
あ~、あったかいって幸せ。

Image155 びちょびちょのシューズ&シューズカバーを忍の一字で装着して、再び外に出ると、抜けるような青空。

足は冷たいですが、日が当たるのは嬉しいです。

さて、走り納めですから、デザートは必須でしょう。
途中の道で、かわいらしいケーキ屋さんがあるな、と思っていたのですが、やっぱり、グルメ隊長Lorisさんがしっかりチェックしてました。

フランス菓子 一風(イプー)

小ぶりなケーキはどれも美味しそうで迷います。
Image161 けっきょく、いろいろ違うケーキを頼んでみんなでつついて味比べ。
フルーツが乗ったタルトは生地とカスタードが絶妙で美味しかったし、やさしい味のチーズスフレもなかなか。丁寧につくられたケーキはどれも美味しかったのですが、ほろほろと口どけするスポンジに甘さ控えめクリームのショートケーキがとにかく美味しかった!

美味しく楽しくケーキをいただいて、外に出ると、めっきり気温が下がっていました。
帰りはまた元きた道をもどりますが、多摩川に入る前にすっかり暗くなってきました。

お尻は乾いたものの、シューズカバーでびっちりと閉じ込められた靴下は濡れたまんま。
足元から冷えひえに冷気が立ち上ってきます。

足用カイロを入れていたのですが、昼ごはんを食べてから4時間以上が経過しており、耐用時間が過ぎてしまったようで、ちっともあっためている気配がありません。

分厚い真冬用のグローブも、指先が一度冷えてしまうと二度とあったまることはなく、外気で冷えないだけ、というシロモノに成り果ててます。
極薄指先サック型ホカロンでも売っていたらいいのに。

思えば、12月30日、年末ですよ。真冬ですよ。
 - 寒いのは当たり前です。

ふと見ると、Lorisさんだけ、ぷわ~っと、顔真っ赤にして走ってます。
赤ちゃんが泣き出す前みたいです。
「あち~!」

いや、暑くないから。

寒いとカロリーを消費するのか、あんなに食べたはずなのに、丸子橋に着くころにはすっかり腹減り状態。
たまらず途中でラーメンを食べて一瞬あったかくなったものの、外に出たら瞬殺です。

冷え性は辛いよ~。

さぶいさぶい言いながら、帰宅。

早くお風呂、といいたいところですが、もうひとふんばり。
雨の中走ってどろどろの自転車を拭いてやりました。
愛車にお疲れさま。一年ありがとね。

バイクラックにかけます。

お風呂が沸きました。
は~。。極楽ごくらく。あったかいってほんとに幸せ。

天気には恵まれませんでしたが、楽しく美味しい走り納めでした。

2008年こそは、白石峠にチャレンジできるかな。

| | コメント (2)

2007年12月17日 (月)

DNSな土日は本読み

気がつけば、12月も中旬。
更新をサボっていたら、あっという間に時がたってしまいました。恐ろしい。。

ブログはアップしてませんが、鹿之介さんFelterさんと秩父サイクルトレインに乗ったり、Tictacさんナカさんと真鶴にカレーを食べにいったり、元気に自転車乗ってます。

この土日は、珍しく2日間、おふとん生活でした。
相模川の自転車乗り忘年会にTictacさんと参加するはずが、体調不良で起きられず。
睡眠不足やら、頭痛はするわ、腹は痛いはで、なにやら・・・重たいものが重なっていたのだか、くたびれモードというやつですね。こいつはなかなか厄介で、次に何かする力が湧くまでは、回復を待つしかない。ひたすらに、寝て起きてご飯食べて、以上。

ぶっ倒れている間、最近、ダンナともどもご飯をご一緒したりしてお世話になっているN氏に自転車が出てくる小説をたくさんお借りしたので、うつらうつらと寝て起きている間にどかっと読んでみた。
自転車本つながりということで、少し前に読んだ本も入ってます。

自転車少年記―あの風の中へ

少年二人が自転車で上京し、いろいろな経験をして大人になる話。
出発地がどうも房総あたりではないかなぁ。そのあたり、自分の実家が房総だったりするので、親近感がわきました。千葉と東京は隣り合っていて近いけど、「東京に出る」、「上京する」と思って実家を後にしているのは同じなので、気持ちの距離は実際にもっと遠い。
その後の展開もろもろは、なるほどと思うところもあったり。

男たちは北へ

青森まで自転車の旅を続ける男。知らず知らず、事件に巻き込まれているのだが、事件はまわりで勝手に起こって、男は、その間をゆうゆうと旅する。対比が見事で、面白い。
橋の下で野宿をしたり、その日の宿を民宿やビジネス旅館でふらりと決めて、旅先で知り合った人達と盛り上がったり。一人旅の醍醐味が味わえる。
一人前の男とは、こういうものだ、という、『ハードボイルド男風』がただよう作品ではあるが、話はとても面白かった。

いつか、自転車で、行けるところまで、ずーっと旅をしてみたいなぁ。

銀輪の覇者

舞台は、戦前の昭和9年。さまざまな思惑を秘めた自転車レース『大日本サイクルロードレース』が開催された。それに出場した主人公響木とそのチームメイト4名。響木以外は、レースは初めてというシロウト集団だったが、日に日にレーサーとして力をつけてチームは結束していく。
ひとクセもふたクセもあるチームメイト、そして、レースの主催にまつわる怪しい動き。レースの行方はどうなる?
上下2巻セットで読み応えのある1冊。響木のレース展開の戦術は、実際にも参考になりそう。ツールドフランスとか、レースを見るときに「レース展開」を考えて見るともっと面白いんだろうな、と思えてきた。

セカンドウィンド1

これ、よく見たら1巻で、続巻あり、なんですよ。
うぉー!!どうしてくれるんだ。1巻あんなところで終わっちゃって!

中学3年生の少年が主人公。ロードレーサーと出合って、ライバルも出来て、初恋(?)ちょっとどきどきもしたりして、これからどうなる?
全編、とにかくさわやかです。これも一気読みでした。

2巻はいつなんだー!!!

サクリファイス

あ~、、これはもう、アマゾンのレビューを書くなら星5つ!★★★★★
自転車乗りのみなさんのブログでもよく取り上げられている本で、私もようやく読むことができました。

読み始めたら途中でやめられず、一気に読み通し、読み終わったら、不覚にも泣けてしまいました。
自転車レースってどういうものなんだろう、というのがよくわかり、犠牲(サクリファイス)という題名が重く、ずっしりとせます。
ミステリーではないと思います。でも、そんなことは本質ではないので、どうでもよく、ただただ、『サクリファイス』の持つその意味の一言につきます。

これを読んだら、自転車レースがもっともっと、ちゃんと見たくなりました。
機会があれば、ぜひ、読んでみてください。

読書感想文は苦手なので、つらつらと書いてしまいました。

それにしても寝すぎました。寝すぎで腰が痛いです。
来週には、完全復活して元気に自転車乗りに行きます。

| | コメント (2)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »