« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

一人の時しかできないこと

これは、少し前の日曜日(1/20)のできごとです。
あとで日付は移します。

--
この日は、日曜日。
寝坊しました。ぬくぬく布団の誘惑にはかないません。
起きてご飯食べて、テレビをつけたら、コタツから離れられなくなりました。

外は寒いしなぁ。。

このまんま、テレビみて、ぬくぬくしてようかなぁ。

なーんてやっていたら、午後1時。

前日にタイヤを替えたので、走り心地も気になるし、ちっと走ってきますか。

Image221

今度のタイヤは、VITTORIA(ビットリア) RUBINO PRO(ルビノプロ)とかいうやつです。
ダンナが言うには、頑丈だから普段使うには良いのだそうですが、真っ黒なので、どうにも自転車が男前な感じになってしまいました。
こういったタイヤは、ごつごつしそうだなぁ、と思って文句を言ったら乗りやすいチューブを使えばいいそうで、あわせてチューブもPanaracer (パナレーサー) R‘AIR (アールエアー) に 変えました。

たらりたらりと支度をして、家を出たのは2時すぎ。
この時間だと、日没までには多摩川くらいしかいけません。

いつもの丸子橋から、上流に向かいますが、一人のときはのんびりモード。
急ぐ必要の無いときは、スピードもあがりません。

薄暗くなってくる4:30には丸子橋に戻らなくちゃ。
行けるだけいって、引き返してこよう。
さ~て、どこまでいけるかな。

時間も時間なので、上流に向かうよりも下ってくるロードレーサーにすれ違います。
今からは上流にはいかないよね。やっぱり。

おニューのタイヤの乗り心地は、というと、
ふううじゃん。
ダンナいわく、ごりごりとなるところがチューブで緩和されている、ということなんですが、鈍感な乗り手なので、多少の変化だと正直よくわからない、というのが本当のところでした。

登戸をすぎて、ふと。

あ、そういえば。
アレ、いっちゃおうかな。

さすがにこれは、一人のときにしかできません。

何橋のあたりか良くわかりませんが、広めの道に出てすぐの途中の芝生のところに設置されていて気になっていた、アレ。

『ぶらさがり健康器』

おじーちゃんがぶらりぶらりとやっているのをみて、一度、やってみたかったんです。
いつもは皆さんと一緒に走ることが多いので、さすがにここで止まってくれとはなかなか。。。

水道橋からしばらく走って、到着。
自転車はその辺において、近寄ります。

近くのベンチにジジババが日向ぼっこしていますが、気にしないことにします。

Image223 シューズが着地には向かないので、背が届く範囲でよ~いしょっと。

ぐぅ。お、重い。
自重の重さで、30秒と持ちません。

は~。。。

気を取り直して、もう一回。
えーと、腕とか上がらないものですかね。
びくとも動きません。
もー、無理。

以上。終了。

かーえろっと。

ちょっとお腹も空いたので、水道橋近くのミニストップで肉まんを食べて帰ってきました。

それにしても、わが身は重かった。
年末年始の宴会と正月の暴飲暴食の威力を思い知った瞬間でした。

| | コメント (9)

2008年1月29日 (火)

お熱いのがお好き

日曜日は、Lorisさんと羽村に行ってきました。

日曜の朝なので、大井埠頭に向かうらしいロードレーサーのみなさまとすれ違いつつ、反対方面に走ります。
例によって、朝ぎりぎりに起きているので、朝ごはんを食べそこね、待ち合わせのセブンイレブンで肉まんを。

朝の肉まんは時間のタイミングで、
「まだ入れたばっかりで」、なんて断られることもあるのですが、ほかほかのが出てきました。
やった!息が白い朝にはあったかいものがなによりです。

半分に割ると湯気が立ち上ります。
ぱくっと一口。
ほふっ。 あっつ。あつ。あつ。
あっちー!!
これ、いくらなんでも熱すぎです。
舌をやけどしました。

この肉まん、どれだけあっためられていたんでしょうか。。

でも食欲にはかないません。
あっという間に完食。
さあ、出発です。

丸子橋から多摩川サイクリングロードに出ると、待ち受けていたのはけっこうな向かい風。冷たくて露出している顔がぴりぴりして、鼻水がずるずる。

隠密同心みたいな覆面をしたサイクリストに何人もすれ違います。
たしかにあれなら顔はあったかいだろうなぁ。

うんしょ、うんしょっと。
がんばって漕いでいるんですが。。。。

アベレージは24、5キロがやっと。
あら~???

進もうとしているのに、肩を押さえつけられているかのように進みません。

一生懸命漕いで苦しいくらいなのに、スピードが上がらないばかりか、心拍も150止まり。
苦しいのにこれ以上あがりません。

疲労がたまると、心拍が上がらないとダンナから聞いたことがありますが、どうやらそんな状態らしいです。早起き2連ちゃんが祟ったか。。

それならば、と、Lorisさんの後ろにつこうと思ったのですが、
彼方に背中が見えますねぇ。。

登戸のせせらぎ館にも立寄らず、ノンストップで四谷のセブンイレブンに向かいます。

うんしょ、うんしょっと。
鼻水がずるずるして、息が苦しい。
そして向かい風は相変わらず。

セブンイレブンは、まだ~??
こんなに距離あったけか?

やっと是政橋。
いつもの3倍くらいの距離に感じられます。

四谷橋、セブンイレブン到着。
たまらず、ドリンク剤購入。
羽村まではまだまだあります。
パワーつけないと。

家から持ってきたお菓子をもぐもぐ食べてると、お店から出てきた自転車乗りの方が、ちらりと自転車を見るなり、あ、という顔をされました。

「ブログ見てますよ。以前、二子多摩川でお会いしましたね。」

あら。
去年、PEACEに行ったときにお会いした方でした。

>>駄文ですが、読んでいただいてありがとうございます。

しばらくお話して、また出発。

お話した方も同じ方向に向かっていきましたが、とてもパワフルに走っていかれて、あっという間に見えなくなりました。

あいかわらずの向かい風と戦いつつ、ようやく羽村に到着。
Image231 阿蘇神社に向かいますが、前に来たときに途中がダートで石段を自転車かついで上ったのを思い出しました。
たしか裏からいけばすいすいと行けたはず。

道を探していったつもりが、結局石段を上るはめになってしまいました。
あ~、これをビンディングシューズで上るのは辛い。
1歩ずつ、そろり、そろりと上ります。

やっと阿蘇神社の本殿に到着。
阿蘇神社でおまいりします。

Image232 お清めの水場の下がしっかり凍ってます。
さぶいわけだよ。こりゃ。

寒さと向かい風で、消耗しきっているので、ランチはがっつりお肉です。

福生まで戻って、大多摩ハム直営のレストラン、『シュトゥーベン・オータマ』へ。

あったかいものが食べたかったので、『ハッシュドポークランチ』 にしました。
それから、追加でソーセージの盛り合わせをLorisさんと半分づつ。

「お待たせしました。」
来たー!

湯気のたつあつあつのドミグラソースの中には、よく煮込まれた豚肉の固まり。
半熟の卵を割ると、とろ~っと黄身が出てきました。

Image239 まず、一口。
ほふっ。 あっつ。あつ。あつ。
あちち!!
涙目になって、しばらく言葉が出ません。
朝の肉まんに引き続き、また舌を火傷しました。
うまい、うまいけど熱いよ。。

豚肉は柔らかく煮込まれていて、絶品。
それに、、肉がごろごろ入っていて食べごたえも満点!
当たりなメニューで、お肉をたっぷり堪能できました。

Image237 ソーセージとベーコンもいただきます。
マスタードをたっぷりつけて、う~、うまい。

お肉でお腹いっぱいです。あ~幸せ。

1Fには、大多摩ハムのいろいろな製品が売ってます。
私としたことが、サコッシュを忘れてきました。(T_T)
ハムの切り落としとか、いろいろあったのに、持ち帰りができません。。
また次回のお楽しみにすることにします。

帰りは、途中まで奥多摩街道を進み、また多摩川を下ります。
今度は、追い風ですよ。わーい。
足、まわります。まわります。
おまけに、心拍も160以上あがるようになりました。
肉を食べたからでしょうか。

行くときのあのもったり感がうそのようです。
快調に飛ばして、日がまだ高いうちに丸子橋に帰ってきました。

さて、〆はデザートです。
中原街道ぞいのカフェで、抹茶パウンドとコーヒーをいただきました。
ワンコカフェなので、まわりはワンコがいっぱい。和みます。

のんびりしていたら、外は暗くなってしまい、ほかほかの店内から外にでると、
さむっ。
冬が寒いことはしようがないけど、さむい、さむい言って帰宅しました。

寒い日に熱い食べ物は嬉しいのですが、熱すぎるものばかり食べた日でした。

| | コメント (7)

2008年1月28日 (月)

仕事と両立!?

土曜日は、仕事になってしまいました。
先週遅くまで残業して手をかけてつくった資料を会社の偉い方々向けに発表しなくてはいけないのです。ほんとうは、いつもご一緒しているみなさんと多摩川サイクリングをするはずでした。
しかたありません。あ~あ。

前日の金曜も最後の作りこみとまとめで資料をいじっていて、会社を出たのは11時過ぎでした。

部長から、
「明日、集合8時45分。会場ここだから。」

うう~。。。早いよ。土曜日なのに。。
渡された地図をとっくりと見ると、丸子橋からすぐのところのようです。

ん、丸子橋!!自転車で行けるじゃん。

>>スーツとかじゃなくていいんですよね?
「役員の人とかも私服だから、ラフなかっこうで大丈夫」

よっしゃ、自転車で行こっと。
土曜日なんだし、そのくらいはいいよね。
もしかしたら、多摩川を走っているみんなと合流できるかもしれないし。

しかし、問題です。
いくらなんでも、自転車カッコ丸出しはちょっと。。少しは気を使わないといけないよね。

- 発表するとき、カツカツ言わないように、靴は必須でしょ。
しかたない、リュック持って行くか。

- レーパンは。。。う~ん。
あれを着て偉い人の前にはでられん。
レーパンの上から七部丈のズボンをはいてしまえばいいや。

- ジャージは。。
派手なオレンジのジャケットを脱いでしまえば長袖のは黒くて普通の服っぽいし、大丈夫でしょう。何とかなる。きっと。

- あ、サングラスはどうしよう。
ウルトラマン風サングラスでは発表できません。
しかたない、リュックに眼鏡入れて持っていくか。

地図と資料と荷物をリュックに入れて、準備完了です。

遅刻だけはしないように、と早めに出たら、集合時間の10分前に到着。
自転車を止める場所を探して、待合場所で普通のカッコもどきの準備をします。

ビンディングを普通の靴に履き替えて、サングラスを眼鏡に換えて、ジャケットしまって。
これで、ちょっとスポーティなカッコくらいには見えるでしょう!?
見えることにしておきます。

部長到着。
ひとめ見るなり、
「もしかして自転車?」

ばればれです。

わらわらと人が集まってきましたが、スーツの方もちらほら。
ああ。。。
でも、ジーンズの人もいることだし、気にしないことにします。
発表がんばらなきゃ。

13時、ようやく会議を抜けられたので、そのまま多摩川へ。
あとは自分の時間です。
先行しているはずのみなさんと会おうと思ったのですが、アクシデントがあって合えませんでした。

お昼ごはんがまだだったので、前から行きたいと思っていた多摩川水道橋近くのフレンチレストランへ。
無事、なんとかお役目を果たしたので、がんばったご褒美は豪華ランチです。

地図をうろ覚えだったのでゆるゆると探したら、曲がり角に忽然とありました。

フレンチ monsieur むっしゅ

>>まだランチ食べられますか?

「どうぞ」

2時すぎだったので、お客さんはもうあと一組しかいません。

おしゃれな店内に案内されて、ちょっと恐縮したのですが、大きなテーブルでのんびりといただくことになりました。

1200円のランチに本日のスープをまずはオーダー。
本日のスープは、野菜のクリームスープ。
素材の味を生かした薄味で、滋味をゆっくりと味わいます。

Image227 メインは、お魚。カジキマグロのソテー・バルサミコソースです。
あ~、美味しい。
その週はずっとあわただしかったので、ゆっくりご飯を食べられるのがとにかくうれしい。

パンは違うタイプのものが二つセットで出てきました。
一つは、ハーブを巻き込んだもので、ローズマリーの香りがします。
もう一つはもっちりとしたパン。
どちらも美味しいです。

お腹も空いていたので、ぱくぱくとお料理はなくなってしまいました。
こうなると、やっぱり、デザートは頼まなくちゃ。

Image229 デザートは、本日のデザートはりんごのミルフィーユ、ココナッツアイス添え。
りんごが甘めでしたが、ぱりぱりのパイ皮で美味しくいただきました。

水道橋からも近いので、自転車乗りもけっこうきているようです。
美味しかったので、また来ようっと。

お店を出たのは3時すぎ。
デザートまでいってしまったので、お腹いっぱいです。
少しは運動してやらないと、こなれません。
多摩川を明るいうちに抜けるにはタイムリミットは1時間ちょっとくらいです。
是政橋まで行って、連光寺の坂を少しのぼったところでタイムアップ。
坂は足が痛むので最近まったく上っていなかったのですが、練習しなくなると、もうこれがてきめん。ダメダメです。
ゴルフ場までたどりついて、暗くなるのは嫌なので連光寺の坂上には行かずに、そのまま反対に渡って、引き返しました。

仕事もしましたが、ちょびっと自転車にも乗れたし、美味しいご飯にもありつけたし、なんのかんのと、充実した土曜日でした。

| | コメント (0)

2008年1月15日 (火)

脱いだらすごいんです

この三連休、自転車乗るぞーと思っていたら、土曜日は雨だし、日曜は仕事だし、最後の月曜にようやく乗れましたですよ。みんなで、川越市場の花いちへご飯を食べに行ってきました。

でも、月曜の天気予報は東京でも氷点下、気温も最高で7度以下とか。無常です。
「この冬一番の冷え込みです」

はい、そうですか、と黙っているわけにはいきません。
冷え性なんですよ。これは一大事です。

ユニクロのキトモイストインナー&タイツでこれまで乗り切ってきましたが、極度の寒さには耐えられそうに無く、武装しないと自転車乗りに行くにもくじけそうです。

ということで、寒さ対策のお買い物へGo。
土曜日は御徒町のOD-BOXへ。

自転車フロアで売っているのはだいたい知っている製品が多いので、山用とか他のスポーツで使っているものをまずは物色。

いろいろと見ていたらば、店員さんが「試着もできます」と言ってくれたので、何点か試着。
まずは、一番あったかいとされているウールのアンダーを試着。
3秒後。。。。か、かゆい。敏感肌でどうも、ウールは直接はダメなのだ。
かなりやわらかな素材だったので、これなら大丈夫かと思ったのだけど無理だった。

もう一つ、超薄手のメッシュ素材のアンダーの下に着るアンダーをすすめてもらい、これはなかなか優れものだったので、購入。

Finetrack スキンメッシュインナー
それから、自転車ウェア売り場で、前から検討していたCRAFTのインナーも購入。
CRAFT PRO ZERO

上半身はこれで、いいだろうということで、次は下半身の防寒グッズ。
日曜の仕事帰りに、幕張アウトレットのモンベルショップへ。
あれこれ物色して、以下を購入。
・ジオライン タイツ 中厚
・フリースキャップ(シャミース キャップ ウィズイヤーウォーマー

けっこう値段も高いので、これだけ買ったらけっこうな金額になってしまいました。
でも、寒さには換えられません。
この冬は新しいジャージなどは買わなかったのですが、手が出なかったハイテクインナーを揃えて中身で勝負です。

朝6時半。う~、、さむ。

メッシュとCRAFTのインナー2枚着用に、長袖ジャージ、ウィンドストッパーのジャケット。この前100円ショップで買った、フリースの筒状マフラーも装着します。
タイツに冬用裏起毛レーパン、靴下はDefeetのウールイーター、さらに足用張るホカロン、もちろん、シューズの上にはカバーをつけます。

フリースのキャップを被って、極圧冬用手袋をして、ようやく準備完了。
今日の装備は総額いくらなんだろうか。。。
重ね着レイヤリングもここまでだとジャケット脱いだほうが金かかってます。

朝7時、待ち合わせ場所に向かうと、Tictacさん、mackyがすでに来ていました。
よっしーさん、ヒロさんが来て、Lorisさんは寝坊とのことで先にゆるりと出発です。

空はどんより。氷点下の予報は間違いなく、寒い寒い。顔が痛いくらいです。
さて、投資の効果は、というと、上半身インナー武装で、下半身タイツ&カイロ武装、けっこう効いています。やった!

Image191

唯一、どうしようも無かったのが手の指先。極圧グローブは冷たさからは守ってくれますが、冷え性の私の指は、一度冷えてしまうと自力であたたまる力が無く、だんだん冷たくなっていきます。

少しでも血が通うように、ハンドルをにぎったりパーにしたり、指を動かしながら乗ります。

そうこうしているうちに、荒川到着。SHIIOPPIさんを寒い中ちょっとお待たせしてしまいました。
赤羽岩淵水門で、ヒロさんがパンク。
ヒロさんはチューブラータイヤなので、修理がなかなかたいへんです。
いろいろやっているうちに寝坊のLorisさん到着。
総勢7名で上流に向かいます。

今日の荒川は、あまり風もなく走りやすいのですが、いかんせん寒い。
寒さでエネルギーが吸い取られていくようです。
ありえない、このアベレージ。寒いからだろうか。。いや、こんなものなのかな。
もっと練習しなくちゃなぁ。

だんだん日がさしてきました。まーでも気温はあがりません。

お腹が空ききったころに、川越市場『花いち』に到着。
前に来たときの反省を生かして、今日はマグロメンチ定食ではなくて、海産にしようと決めていました。

ということで、『わがまま丼デラックス』
うに、イクラ、中落ちがどーんと入った丼にエビフライ2本、魚のあら汁付き。
「はい、おまちどう!」

Image193

・・・・ 画面に収まりきらない迫力。
頼みすぎました。ここのボリュームはあなどれません。
エビフライはやっぱり余計だったか!
食べる前に、1本Tictacさんへ進呈です。

マグロメンチは別注でみんなで2個。
一つで充分では、と思ったのですが、一口じゃ物足りない、とLorisさん。

まずは好物から、と、ウニを一口でほおばって幸せいっぱいになったあと、イクラ、中おちと進みますが、半分ですでに腹いっぱい。気が遠くなってきました。

マグロメンチも何とか一口食べたものの、自分の丼も片付けられず、今日も腹いっぱいです。
あ~、、食べすぎた。

帰りは、16号から多摩川へ。
夕方になるにしたがって、冷気が迫ってきます。
が、約一名、真っ赤な顔して暑い、暑い言ってる人が。
今日もLorisさんは暑いらしいです。ヘンです。
「もう、汗びっしょりで」
別な意味で脱いだらすごそうです。

明るいうちに多摩川を抜けて、中原街道のカフェで一息。
ハワイ風カフェとのことで、中は暖房ががんがんかかっていてあったかです。
気温までハワイ風を狙っているのかも?

コーヒーとアイスクリームでお茶をして、ぬくぬくして、重い腰を上げると、外はすでに真っ暗。冬の夜です。

「ありがとうございました。またお立ち寄りくださいね。」
と見送られて外へ。

うひ~。。さ、さぶ。

気温差激しくて、くらくらします。
くるくるとペダルをまわして、最後の道のりを急ぎました。

ちょっと足をひっぱってしまいましたが、連休最後、たいへん美味しいサイクリングでした。
みなさま、連れて行っていただいてありがとうございました。

ハイテクインナー、やはり高いだけあります。汗を発散させる機能が高くてびしゃびしゃしないし、中身で勝負作戦は大成功でした。

それにしても、指先の冷たいのだけは、いかんともしがたい。
必死に鉄分サプリを飲んで、黒酢で血液さらさらにして、体質改善するしかないのか。
遠い道のりだ。。。

自転車の写真が一枚もないので、最期に中おち丼で締めます。

Image195

| | コメント (6)

2008年1月12日 (土)

KNIGHT2000

○○モデル自転車、また見つけちゃいました。
明日まで幕張で開催されている東京オートサロンにて。

ホール5あたりの中央の小さなブースで、ひょっこりと黒光りする車発見!

あの懐かしの『ナイトライダー』じゃないですか!!

マイケルー!キット!! 『ナイトライダー』大好きだったんです。
冷静にはいられません。

その、実物そのもののトランザム7000が目の前にあるんですよ!!
 *レプリカモデルオフィシャルサイトはこちら

Nt か、カッコイイ!!

もう感激です。

新ドラマもあるんですけど、やっぱり昔のこれがカッコイイ。

とナイト2000にほれぼれ。
Ntp フロントパネルも、光びゅんびゅんで、メカ感満載です。

たら、たったら、たったら、たったら、たららら。。。
ブースには、あのテーマ曲も流れてます。そして、あのキットの声で、
『お手を、触れないでください』
と言われてしまうのです。
ああー!キット!な、なつかしい。涙出そうです。

と、その横に、何やら小系の自転車が。
Ntb

KNIGHT2000モデル、限定50台だそうです。
むむむむ。。。

前に赤ランプがついていて、びゅんびゅんしているのが、唯一らしさ(?)をかもし出しているっちゃあ、いるんですがね。

まーでも、ナイト2000は憧れの車ですよ。
個人で作っちゃっている人もいるくらいですし。

オートサロンは、カスタムカーの展示会ともあって、車のアクセサリーも出展されていて、自転車と車を一緒に展示してあるものもけっこうありました。

Intama
InterMAXも発見。





それから、これ。
走り屋さん用グッズではありますが、自転車乗りにも通用する!?かな?
Touge1 Touge2

峠攻隊。。ネーミングがすごい。
ちなにみ、私は峠好きな人ではないです。
人生に20%以上の坂は必要ありませんので。

それから、こういう展示もありました。
岐阜にある『走り乃神社』のお守り販売。
車好きの人のための神社のようです。

Hasirino

自転車のための神社もあったらいいのにな。

| | コメント (8)

2008年1月11日 (金)

ウルトラセブン・・・

ウルトラセブンの車仕様自転車。
しかも、クライスラーモデル。

うーむ。
http://lalabitmarket.channel.or.jp/site/feature/po1.html

キャラクターグッズ商品もいろいろ考えるよなぁ。。

『♪ するめ 銀歯に はさまった! 』
ウルトラセブン世代ではないけど、替え歌は知っていたりする。

どうせなら、
009モデルで、対 坂仕様の加速装置付が良かったな。

| | コメント (0)

2008年1月 5日 (土)

お正月の鴨川サイクリング

Image165 お正月は、実家の鴨川にダンナを連れて1泊2日で帰省してきました。
もちろん、自転車も一緒にです。へへ。

わが実家は、お正月は男が活躍します。
お餅は父母の共同作業でつきますが、お飾りは父ちゃん手製。
今年も玄関にかかっています。
それから3日間のお雑煮は父ちゃんが作ります。

>>帰ったよ。

「まー、よく来たな。」

2日の日、 寝坊して昼ごろついた我々に、待ってましたとばかり、餅がたっぷり入ったお雑煮が出てきました。

「ま、一杯いけや。」

とくとくとくとく。。

その後は、刺身だ、煮物だ、漬物だ、なんだ、かんだ。。。
腹いっぱい。ああ、もう動けません。本日終了です。

3日、今日こそは!と、8時すぎに起きたものの、お雑煮だ、煮物だ・・・ 
またもや、腹いっぱい。

お腹がこなれるのを待って、11時ごろ実家を出ました。
海と、山とどこに行こうかなと思ったのですが、お正月だし、清澄寺にまずは向かいます。

山の上にお寺があるので、そこまではえっちらおっちらと上っていきます。
先行して走っていたのですが、後ろから、いらついた声が。
「足、何で止めるの!
 いきなりスピードが遅くなるから後ろにつくと危なくてしょうがないよ」
スパルタコーチ(ダンナ)から、お叱りが飛びます。

ひぇ~。。。

>>わかったよー、がんばるよ。

言われて気がついたのですが、スピードが乗ってくるとついつい足を止めて、『シャー』っとやっているようです。

「回すんだよ!!」

うわっ。

>>はいー↓

そうかぁ。漕ぎ方がよろしくないんだなぁ。。
気をつけよっと。

Image164_2 清澄山に上がると、自転車の方達がたくさん。
初詣サイクリングに来た、BMレーシングの集団のようです。

お参りしよー、、、と、思ったら、
「この靴じゃ辛いし、身体冷えるからいい。」

と。はい。そうですか。

お水だけもらってボトルに詰めて、参道を下山。
養老方面に向かいます。

ここは何度か来ていますが、山道なので、トンネルがあったり、狭い箇所があったり、もちろんゆるりと上り下りがあって、変化に飛んだ道で、楽しめます。
山道と里山の感じがのんびりしていて好きなルートです。

亀山湖方面に左折。しばらく走ると亀山湖を渡ります。
車が満車の蕎麦屋さん発見!これは期待できそうです。

でも、お腹が減っていません。
次回のお楽しみにします。

道に突き当たって、鴨川方面へ。
ここからは、けっこうゆるゆると上ります。
たらふくご馳走食べてますしね、まー、これがまた、辛いのなんのって。

あまりの遅さにしびれをきらして、ダンナが先行。
マイペースで追いかけます。

この道は、鴨川に帰るときに毎回通るのだけど、車だとすいすいなんだけどなぁ。。
君津の道の駅でトイレ休憩。物産もいっぱい売っていて結構楽しい。

もうちょっと走ると、鴨川有料道路の料金所。
車は200円ですが、自転車、バイクは20円です。
硬貨をジャリンと投げ込むので、この料金箱のことを地元の人間は、『賽銭箱』と呼んでます。

鴨川市内はそこからもうすぐで、45キロほどのサイクリングはあっという間でした。
私はふーふー漕いでましたが、ダンナには、心拍が上がらず、かなり寒い思いをさせたようで、ちょっと申し訳なかったですが、そこは、家族サービス(!?)ということで。

今回のコース:

http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=a1a495676f50ca07b2f73ebc0f5076a6

東京に戻る前に、鋸南町の水仙を見に立ち寄りました。
房総は一足早く花が咲くので、お正月のこの時期に、水仙や菜の花など、花があちこちで楽しめます。

鋸南町には、2箇所の水仙スポットがあって、実家からも近い、『をくずれ水仙郷』へ。

Suisen_s1 水仙は、里山の家々や田んぼに沿って、べったりと植えられていて、あちらこちらが水仙だらけです。外なのに、そこらあたり一帯から、水仙の香りがします。

満開には、少し早いのですが、日当たりのよい場所はけっこう咲いていて花が楽しめました。この花のつき方だと来週あたりがたぶん見ごろになりそうです。
この『をくずれ水仙ロード』のルートですが、大山方面にずーっと続いていて、自転車で行くと上りの多いなかなか起伏のあるコースになっています。

胸いっぱい水仙の香りを吸い込んで、帰途につきました。

| | コメント (5)

2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

年末に、楽天のメールでやってきた、
「カニ食べつくし福袋」
ズワイにタラバ、毛蟹の三大カニ尽くし4キロセット

私、カニをお腹いっぱい食べたことがありません。
これなら、あきれるほどカニが食べられますよ。

年末にちょっと奮発しよっかな、と、つい、ぽちっとやってしまいました。

が、届いてびっくり。
4キロはだてじゃなかった。

これ、どうすんのよ。
冷蔵庫にも入らないよ。

ということで、大晦日の迷惑も顧みず、日ごろお世話になっているN氏ご夫妻のお宅に持っていって盛大に食べることになりました。

Wanko N氏宅でいつも大歓迎してくれる、ワンコ、カレンちゃんとココちゃん。
今日もかわいいです。

カニの晩餐スタートです。

まずは、カニしゃぶです。うま~い。
焼きタラバ。さらにうまい。

カニには日本酒。
お酒も、とっておきのを用意しました。

秋田の阿桜酒造さんで毎年作っていただいているマイラベルのオーナー酒。

Sake1 ラベルは毎年自分で名前を決められます。
2006年は、『祝杯』と付けたら、自転車と出合って、それから、自分の結婚と重なりました。
2007年は『吟輪』とつけてみました。

自転車乗って2年になろうとしているので、少しは乗ってきたことが自転車生活の軌跡になっていくといいなぁと。

カニをたっぷりと食べて、残ったカニと甲羅を使って最後はおじや。
カニエキスが染み込んだご飯は、それはもう、最高でした。
帰り道は池上本門寺の鐘を聞きながら、N氏宅を後にしました。

2007年はたくさん自転車に乗って、レースにも出て、ちょびっと結果も出せて、本当に充実した年でした。美味しいものもたくさん食べにいきました。

ブログや自転車を通じてたくさんの方と知り合いました。
自転車乗っていて良かった。途中休んだりなどもしながらも、ブログも書いていて良かったぁと思います。

2008年も走ります。

| | コメント (4)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »