« 雪の三原山 | トップページ | 起きたら12時 »

2008年3月 3日 (月)

連れて行かない気?

先週、家に帰ってきたダンナが、
「土曜日、Sevenさんと房総にいってくるから。」

ふーん。。。ん? ん!

>>あのさ、土曜日って、わ・た・し・もお休みなんだけど。

「え”・・・」

なんだ、その沈黙は。。

「行くの?」

前日になってようやく、
「まあ、連れてってやってもいいか」
偉そうだぞ。
むむむ。。

朝、こういうときは、ヤツは早い。
7時に出るといったら出る。

ぼけぼけと起きてきたので、気に食わないらしい。

「7時に出るっていったろ!!何やってんだー!!」

ひー。こわいこわい。
大人げないよなぁ、と思いつつ、あわてて車に自転車を積み込んで、出発です。

待ち合わせは、高滝ダム湖畔の高滝神社。
道に迷いつつも、9時すぎにはついたのですが車酔いをしてしまい、ぐったり。
みなさんが集まるまでくったりと寝て休憩。

今日は、サンデーライドでご一緒したことのあるbreraさん以外は、ダンナつながりで、お初に目にかかる方々と走ります。
Sevenさん、MKさん、Kさん、総勢6名が揃いました。
PINARELLOが3台。ビアンキ、コルナゴ、私のがkuota、全員イタリア車で揃うのは珍しいです。

ジャケットは持ってきていたのですが、あったかなので、長袖ジャージにベストだけで走りにいくことにしました。

Image311 千葉出身なんですが、高滝ダムって来たことがありませんでした。
なかなか大きくてきれいな湖です。
かつては周回するレースもあったとのこと。
湖一周も楽しそうです。

が、今日はダンナプランのコース。
山あいの道と上りがちらり(?)のルートです。

高滝湖から、大多喜→清澄ラインへ。
アップダウンも適度にあって、ゆるりとすすみます。
ゆるりって、あれ、23キロくらいしか出てないんだけど。。。
いくらなんでもゆっくりすぎでは?

談笑しながら、一行はゆっくり進みます。

まもなく、上り。
スピード変わりません。
相変わらず談笑しながら、一行は進んでますが、けっこうな上り。
うっかりすると置いていかれます。
のぼったり、くだったり。
一行はゆるりと進んでいきます。

Image313 おー、トンネルです。
突っ込むと真っ暗。
うぎゃー。
路面に何もありませんように。
こわごわとトンネルを抜けます。

山なのでしかたないのですが、そのあともトンネルいっぱい。
このあたりのトンネルは、短いものが多いのですが、ほとんどは明かりがついていません。

養老渓谷から清澄山に出て、山を下って天津小湊へ。
Image317 天気がよいので、海際は気持ちいいことこのうえなし!
ロードレーサーの集団にも何組かすれ違います。
海は、晴れの天気をうつして青。
菜の花だって咲いてます。

そうこうしているうちに、お昼です。
お腹空きました。
ダンナはいつものようにセブンイレブンに行こうとしていましたが、隣の海鮮定食屋さんにみんながなだれ込んで行ってしまったので、あきらめてご飯を食べることにしたようです。

そりゃ、そうでしょ。房総まで来ているんだし、うまい物食べないと!

海を前にしたら、頼まずにはいられません。
Image315 ちょっと、観光客価格のお刺身定食。
待たされましたが、分厚いお刺身で満足、まんぞく。

MKさん、カサゴの煮魚を頼んだのですが、小骨が喉に刺さったと、具合悪そうにしています。そういうときは、何かをかまずに飲み込むのが有効と、Sevenさんがカロリーメイ

トを差し出しました。

MKさん、受け取って、もぐもぐもぐ。
Sevenさん「噛んじゃダメです!!!」

MKさん、「あ、つい、反射的に。。」
もぐもぐもぐ。

やはり、ここは、アレの出番でしょう。
お店に頼んで、『ご飯』を出してもらいました。
骨を取るには、ご飯を飲み込むのが一番!

ご飯の威力はやはりすごかった。
無事、骨は取れたようです。
一件落着。よかったよかった。

ご飯の後は、素敵な『坂』が待ってました。
清和県民の森を通って、麻綿原へ。
これがま~、、、意外にも上るのぼる。

先発隊は、最初20キロからスタートして、なぜかだんだんスピードが上がっていきます。
もがいて、もがいて、上ろうとしますが、いっこうに足がまわりません。
先発隊は見えなくなってしまいました。

おーい。

一人でえっちらおっちら上ります。
麻綿原は、あじさいの名所。
7月初旬になると、山の斜面にアジサイがドバーっと咲いてきれいです。今はまだ冬なので、枯れ木しかありません。

中学生のときに、麻綿原に遠足で来たことがありますが、こんなに上り応えあったのだなぁ。

「あとは下り基調だから。」とダンナ。

しかし、その先には、養老渓谷が待っていました。
どこが、下り基調だよ。まったく。
また上ったり、下ったり。

ようやく高滝ダム到着。
80キロちょっとしかないわりに、走り応えがあるルートでした。

最後は、温泉です。
自転車で走っている途中にあった、お風呂 『ごりやくの湯』でゆっくりと。

露天から夕暮れの山が見えます。
新しく出来たばかりの施設で、とてもキレイなお風呂でした。

「連れてけー!!!」と、ダンナに便乗して連れて行ってもらいましたが、山にお刺身に、温泉に、春の房総山サイクリングを満喫できて楽しかったです。

ご一緒していただいたみなさま、ありがとうございました。

|

« 雪の三原山 | トップページ | 起きたら12時 »

コメント

SevenことKです。
週末はお疲れ様でした。こちらこそ、ご一緒出来て楽しかったです。また、次回のミステリーツアーもぜひともご参加下さい。
・・・蕎麦を注文するときは、気を付けてください。(経験者が語る。)

投稿: Seven | 2008年3月 3日 (月) 20時12分

京都の村木です。
中学の同級生が南房総市で珈琲ショップをやってるので、近くまで行かれることがあれば寄ってみてください。
http://usagichanz.exblog.jp/6554118

投稿: 村木博隆 | 2008年3月 4日 (火) 11時16分

百戦錬磨のご主人に「まあ、連れてってやってもいいか」と思わせるほど強くなったって事ですよ!
大島もですが,旨そうなものが沢山あって羨ましいです.

投稿: sagano | 2008年3月 4日 (火) 15時47分

お疲れ様でした。
毎週コンスタントに乗られていてすごいですね。もう、全然足元にも及ばない感じなのだろうと思います。
3月2日は天草サイクルマラソン大会でした。
135K を無事完走できましたので報告します。
次は天草国際トライアスロン大会に焦点を向けて練習を開始します。
サイクルマラソンは始めるとwatariさんのことを思い出します。いい思い出です。

投稿: えざきんぐ | 2008年3月 4日 (火) 19時17分

ミステリーツアーお疲れ様でした。
乗り込んでるだけあって健脚ですね!
枝折峠のヒルクライム参戦しましうね。
ダンナさんもいかがですか?

http://www.ne.jp:80/asahi/bicycle/race/

投稿: MK | 2008年3月 4日 (火) 22時06分

こんばんは。
大島に千葉と、いろいろな場所に遠征(?)されてますね。
どちらも私には未知の場所ですが、魅力的ですね。

投稿: ほえ~ | 2008年3月 4日 (火) 23時52分

Sevenさん、勝手に命名してしまいました。すみませんです。乱入させていただいてありうがとうございました。また機会がありましたら、ぜひ、よろしくお願いします。

村木さん、ご無沙汰です。南房総市のカフェ、とても素敵なところですね。
今度実家に帰ったときは必ずいってみます。

Saganoさん、いえいえいえ。相変わらずヘタレ呼ばわりの毎日ですよ。。とほほほ。。
まーでも、へたくそなので仕方ありません。
精進します。

えざきんぐさん、今年はロングを走られたんですね。完走おめでとうございます!
来年あたり、九州遠征しますので、そのときはぜひ!こちらにも来てくださいね。

MKさん、先日はありがとうございました。レース参戦、私は参加したいです。ダンナは。。。うーん。

ほぇ~さん、私よりも、海外に行かれたほぇ~さんも遠征づいているではないですか!
美味しいもの食べられたようで、うらやましいです。

投稿: watari | 2008年3月 6日 (木) 13時08分

ご無沙汰しております。
房総ミステリーツアーで、SEVSさん、MKさんと参加し、最後の最後で、足がつってクリートはずせないで、自転車ごと倒れた、KことUjiです。
覚えていますでしょうか。
枝折に興味があるとのことだったので、枝折の参加募集が始まったお知らせです。
既にご存知かもしれませんが。。。。
URLは
http://www.ne.jp/asahi/bicycle/race/yunotani/regulationj.htm
です。
MKさんと私は、一応参加する予定でおります。
また、S会長主催のミステリーツアーにまた参加できればと思っています。
S会長によろしくお伝えください。

ではでは

投稿: Uji | 2008年4月17日 (木) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の三原山 | トップページ | 起きたら12時 »