« 試走はぼろぼろ | トップページ | チャリ・エンジェルズ »

2008年5月26日 (月)

TOJ:ツアー・オブ・ジャパン2008観戦

今日は、山へ、、と思っていましたが、降水確率80%の雨予報はくつがえらず、朝6時の時点でしとしと降る雨をみて、中止のメールを出しました。

最近、週末は雨ばっかり降っている気がする。
あ~あ。

こうなったら、二度寝です。

起きたら11時半。
いつの間にかダンナは出勤していなくなっていました。

さ~てと。どーしよっかな。
今日はたしか、TOJ(Tour of Japan)東京ステージが大井埠頭で開催されているんだっけか。

メールをチェックすると、LorisさんがTOJを見に行くということなので、ご一緒させてもらうことにしました。

我が家からだと大井埠頭は超近所。
ということで、ロードレーサーは出さず、ママチャリ&普段着でいいやとだらりとしたカッコウで大井埠頭に向かいます。

会場前には、折りたたみイスを持ち込んでいるツワモノをはじめ、自転車のジャージを着た方もずいぶんたくさん集まっています。
ママチャリを邪魔にならないところに止めて、観戦開始です。

きたきたきた!
Sento2 先頭二人。
チームカー。

Sensyu2

シャー・・・・
だいぶ遅れて第二集団が10数人。

ゴォー・・・・
さらに数分おくれて、大集団。

二人の選手が逃げてペースをつくり、その後を集団が追いかけている状況です。

ゴールまではまだ時間があるので、会場のお楽しみコーナーを攻めます。
来た以上は、やっぱりとことん楽しまないと!

表彰台をしつらえてあるメイン会場にいろいろなブースが出ていました。
去年も見にきたのですが、メイン会場に行かなかったので、こんなにいろいろ出展しているとは知りませんでした。

Banana 入り口付近にはまず「無料で差し上げます」 とバナナが置いてありますよ。

わーい。1本いただきまーす。

さらにインターマックス、パールイズミ、などなど。
インターマックスがいるということは、もしかして。。
やっぱり、いました!

「いや~、やはり、このコースはですね・・」
会場アナウンスから今中大介さんの声が聞こえてきます。

パールイズミのブースでは、今年の最新商品が2割引くらい安く出ていました。
なかなかお得。

Meitan チームが参戦している、NIPPO梅丹&エキップアサダのブースもあって、オリジナルグッズが売っていました。
日本のチームがんばれ!とささやかながら応援したい気持ちもあって、サコッシュを購入。
普段もサコッシュは持ち歩いていますが、小さく折りたためるし、何かうっかり買っちゃったよというときに便利です。NIPPO梅丹のサコッシュも使おうと思います。

KEIRINのブースでは、競輪クイズをやっていて、ガラポンができるとのこと。
競輪の基本も基本のことが問題になっていましたが、やってみて、実はぜんぜん知らなかったんだなぁと思いました。

こんな問題が入ってました。
 ・競輪場は全国に何箇所?
 ・北京オリンピックのトラック競技に出る選手の名前は?
 ・競輪は1チーム何名?

わかります?

知らないことばかりだったので、ブースに展示されているパネルを見てなんとか回答。

ガラポン回すと参加賞でした。
飴かボールペンが選べたので、ボールペンをもらいました。

その横で、何ワットでるか自転車漕いで挑戦?コーナーがあって、デモンストレーションしていたので、それにも参加。

これまでの記録は、男性80 女性は60KWとのことで、記録更新すると記念品がもらえるとのこと。

トウクリップを止めてもらって、ぐわ~っと漕ぎます。
いきなり全開。

「残念~。56でした」

息がきれました。うひ~。
参加記念品ということで、TOJのタオルをいただきました。
わーい。

Last5 さて、かんじんのレースも見なくちゃですよ。
ラストラップは5周です。
ゴールの真横で観戦再開です。

きたきたきた!
ブーン。
まずはバイク。

先頭二人。
チームカー。

シャー・・・・
少し遅れて第二集団が10数人。

ゴォー・・・・
大集団。

二人の選手が逃げている状況は変わらず、後ろの大集団のペースは先頭に追いつこうとかなり早い。間違いなく40キロ以上でています。
先頭と第2集団はもうちょっとで追いつかれそう。
でも第2集団と大集団との間のタイムがかなりあって、どうも追いつけなさそうな感じ。
さて、誰が勝つんでしょうか。

エキップアサダの応援プラカードをもらったので、選手に向かってふります。
応援旗もたくさん振られていて、日本のチームを盛り上げよう、というサポーターの方達の熱意でさらにこちらも応援に熱が入ります。

♪カンカンカンカーン

鐘が打ち鳴らされて、最終ラップです。

先頭二人は変わらず、すぐ後を第二集団。
1分くらい遅れて大集団。

ゴールにはどうなっているんでしょうか。
テレビ観戦とは違って、ポイントでの情報しか勝利を裏付ける情報はありません。

待ちます。


待ちます。

「うわ~!!」

歓声が大きくなります。

きたきたー!

道の対岸がゴール地点。

選手がなだれ込んできます。

先頭二人、NIPPO梅丹の選手ともう一人。

いけいけいけ、行けー!!

時間が止まったかのような一瞬。

うわぁ~。。。(↓)
まわりから、ためいきのようなどよめき。

あとちょっと、本当に僅差だったのですが、ゴールスプリントを制したのはポーランドの選手でした。

続いて、大集団のゴール。
みんな拍手で迎えます。

全部の選手がゴールして、しばらくすると表彰式がスタートです。

やっぱ、前で見なくちゃと、選手が見える位置に移動します。
まずは、ステージ優勝の表彰。

連日テレビでジロデイタリアを見ていますが、表彰台で花束を渡す係りは美女。
TOJの場合は、大会委員の役員の方でした。
うーむ。
もちょっと華やかでも良いのになぁ。
さすがに、選手からキスのお返し&ダブル美女キスはありませんでした。
まー。。おっちゃんにキスは見たくないですしねぇ。。

そして、東京ステージは最終ステージなので、ステージ優勝の表彰が続きます。
Hyousyo1 総合優勝の選手は、23歳以下で構成されているサウスオーストラリアチームのマイヤー選手。
Hyousyoall チーム優勝ももちろん、サウスオーストラリア。
並ぶと、若さ炸裂、といった感じです。
かぶりつきで見てました。

表彰式が終わると、そのまま解散、な感じでばらばらと散っていきます。
勝った選手の方達も、観衆の中をそのまま歩いて移動。

ついさっき表彰台にいた選手が目の前を歩いているわけですよ。
うわ~。。。

テレビでは、この近さは味わえません。

せっかくきたんだし、と、前をよぎっていくステージ優勝のマイヤー選手に「おめでとう」を言いに行きました。

>>Congratulations !!

と、もう一押し。

>>サイン下さい!
ミーハー全開。でもいいもん。

しっかり、サインをいただいてまいりました。
わーい。

帰りはママチャリできーこきーこと陸橋を越えます。

シャー・・
ホテルに戻るらしい選手達が手を振って追い越していきました。

雨で予定が流れて、思いもよらず観戦したTOJでしたが、なんのかんのと120%楽しんできました。
プロのレースを身近で見られるのもめったにないですし、何より、ママチャリでいける距離なのもまたGoodでした。

あ~、楽しかった。
*それにしても、レース前なのに、土日まったく走ってないけど。。

Ekip

|

« 試走はぼろぼろ | トップページ | チャリ・エンジェルズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試走はぼろぼろ | トップページ | チャリ・エンジェルズ »