« 雨と豆大福 | トップページ | 世間様に復帰 »

2009年1月11日 (日)

ママチャリグランプリ-7時間耐久ママチャリ世界選手権

1月10日、今年最初のイベント、スーパーママチャリグランプリに参加してきました。
初イベントは、ロードレーサーではなく、『ママチャリ』です。

正式名称は・・・
ママチャリグランプリ2008 シリーズ最終戦
極寒チーム対抗7時間耐久ママチャリ世界選手権

チーム戦、しかも7時間耐久レースです。

ママチャリレース自体は、北海道十勝インターナショナルスピードウエイや大分オートポリス、鈴鹿でも10年前くらいから開催されていて、遠方ともあって、なんともすごいレースがあるもんだ、と思っていたのですが、2007年から富士スピードウェイでも開催されているのを知りました。
富士チャレンジで、富士スピードウェイは走ったことがありますが、何といってもマシンはママチャリです。F1が走るあのコースをママチャリで走れる、こんな機会はそうありません。

次は出てみたい!とエントリーが開始されるのをじっと待っていたのでした。

参加の前にママチャリGPルールブックを熟読しておきます。

- ママチャリの勇姿を保たねばならない

改造NGと厳しいのですが、あのお買い物ママチャリのスペックでめいっぱいがんばる、不便を楽しむくらいでないとね。

- 持ち物リスト レースクィーン2名

・・・ええっと。。
このルールブック、とことん面白く、めいっぱい真面目。
サイトの説明といい、主催側ノリノリで、ある意味ケッサクです。
この時点で、参加する気100%。

エントリー開始後、すぐに申し込みをしました。

待つこと半年、2009年の年が明けて、会社が始まり、気がついたら1週間後にせまっていました。
準備が何もできてません!!

ママチャリグランプリは参加することにも意義のある大会。
この日しか許されていない、富士スピードウェイでのBBQをとことん楽しまねばなりません!
作戦会議(飲み会)で、極寒を乗り切り、最後まで耐久レースを耐え抜くメニューが吟味され、おでんと豚汁が決まりました。

そして、FSWの入場時間が午前2時(!)までに入らないと、荷物がピット近くで降ろせないので、先発隊と後発隊で行くことになりました。

食材の買出し係なので、会社を早めに退社してまずは買出しへ。

再重要アイテムママチャリをまずGetします。
我が家のママチャリ、古すぎてブレーキも利かず、買い替えを考えていたので、この際、新車を買ってしまうことにしました。

外装6段ギアとか、早そうなシティサイクルにも心を動かされたのですが、レースだけに使うのではなく、ママチャリとして半生を終えていくものなので、ハイスペックで高価だと普段使いに神経を使います。

外装6段のママチャリは20Kg、3段変則のアルミフレームのは16Kg。
ギアか、それとも軽さか。
やっぱ、軽さでしょ。
売り場にあった中では、一番軽かった普通の3段変則のものにしました。

ジャスコの自転車売り場で、
「そういえば、レースに出るといってパンク修理キットとチューブ買っていかれる方がけっこういましたよ」

ご近所にも、ママチャリグランプリ参加者がいるようです。
みなさん、準備に余念がありません。

おでん種5人前、豚汁用肉&野菜、買ったばかりのママチャリに食材を積んで、よろよろと自宅へ戻りました。

土鍋や包丁、簡易まな板、おたま、菜箸を洗って袋に入れます。
カセットコンロと換えのカセット、ブランケットに、忘れちゃいけない、ヘルメット。
台所が袋だらけです。

ここですでに、6時。

無謀にも宴会を入れてしまったので、恵比寿まで宴会へ。
10年ぶりにあう昔の同僚・先輩。懐かしさに話が弾みます。

明日ママチャリGPに出る、といったら、
「去年、出たよ」、とのこと。

「さむいぞ、過酷だぞ~・・ オレはもう出ないぞ」
>>そ、そうですか。。。

9時にとんぼ帰りをして、東京を出発したのは夜の10時すぎ。
関東の山野部は雪予報が出ている日で、東京でも初雪。
富士の裾野はどれだけ寒いことか。
そして、雪の影響は大丈夫なのか。

御殿場を過ぎて、小山町に入ったあたりから、路肩に少し雪が残っているのが見えてきました。
>>白いですね。。
「冬だからね」 とLorisさん。

道路は問題なく走れ、問題ないようです。
後続のみなさんに、道路は大丈夫な旨をメールで知らせます。

前日の富士スピードウェイはこんな状態だったらしいのです
一日で、路面をちゃんと走れるようにしてくださったスタッフの皆様に感謝します。

FSWについたのが12時すぎくらい。
テールランプが連なり、この時点ですでに、入り口手前から渋滞が始まっています。

じりじりと車をすすめ、午前1時すぎくらいにようやくピット前に車を入れられました。

車から出ると猛烈な寒さ。
雪が降る気温ですから無理もありません。
予想してはいたものの、ぶるぶるぶる・・
ユニクロのダウンをこのために買ったのですが、上体はあったかくても足元からのぼってくる冷えは耐えられません。
用意してきた靴用のホカロンを早速投入です。

Tent まずは、BBQの場所取り。
会場を埋め尽くすテントの山。テント村状態です。
空きがない、あれ??
はなはだしく出遅れたみたいです。

あちこちとうろうろ探し、奥のほうにようやく場所を確保。
レジャーシートを広げます。

Pit

ピットにもレジャーシートを引き、ここも場所確保。

ピットの2解のクリスタルルームが開放されていて、暖房も入っているので、後続部隊が来るまではそこで仮眠することにしました。

が、、、ここもすでに、イモ洗い状態。
保温用の銀のシートをしいたり、寝袋を持ち込んですやすやとお休みになっています。
みんな、用意がいいなぁ。。
窓際に隙間を見つけて、ブランケットをかけて仮眠を取りましたが、ブランケットでは暖が取れず明け方に猛烈に冷えてあんまりよく寝れません。

Lorisさんはさっさと車に戻って寝ていたらしく、
「あったかくて良く眠れたよ」といってました。
そちらのほうが快適だったようです。

Asa_2 6時。まだ暗いです。
出走確認&受付が始まります。
みんなが起き出して少し動きがでてきました。

持ってきたおにぎりを食べて腹ごしらえ。
ご飯が冷え切って、かちかちしてます。
よく噛んでもぼそぼそしてます。

起きて、ピット前のテント村に行くと、朝の炊き出し(?)が始まっています。
マキをくべて、汁物を作っている様子。
美味しそうです。
みんな、何食分の食料を持ってきているんでしょうか。

Coffee ああ、あったかいものが欲しいな。
こちらも負けずに、Lorisさんがバーナーでお湯を沸かして入れてくださったホットコーヒーをすすります。

7時すぎ、続々と後続部隊のみなさんが到着。
ターフを張って、机やイスを出して、準備をします。

やくさんご夫妻が、かわいいレースクィーンを連れてきてくれました。Rq
持ち物リスト、カンペキです!

8時すぎ、出走前のミーティングに参加します。
第一走者はちくたくさん。
まるまる着込んでママチャリにまたがります。

ママチャリグランプリのゼッケンは大会側支給ではなく、自分たちで作ってこなくてはなりません。これも1週間前まで失念していたのですが、ちくたくさんが立派なものを作ってくれました。

Start 8時40分、出走スタートです。
エントリーは1000チーム。
いっせいにママチャリ軍団が第一コーナーに向かって疾走していきます。

ちくたくさんを見送って、炊き出しをスタートします。
ペットボトルにつめてきた水で野菜を洗い、ぐつぐつしたら、下味をつけて煮込んで、と。
寒風吹きすさぶFSW。
持ってきたカセットコンロは、火力が弱すぎて使い物になりません。

ここで自分の出走順がきたので、炊き出しを中断してピットへ向かいます。

「やくさん、2周するかもしれないから、まだ来ないかもよ」
レースディレクター(?)、ばっちゃん。

じわりじわりと冷えてきます。
ばっちゃんがウィンドブレーカーとカイロを貸してくれました。
ふぅ。

Kochi 「きたきたー!」

>>やくさん、こっちー!

Go

サドルが高い(みんな足長いよ・・)のを調整して、コースへGo!

憧れのFSWのコースをママチャリで走るときがついにやってきました!

ホームストレートを抜け、第一コーナー。
前のママチャリが急にブレーキをかけています。
おおっと。

すり抜けて進路をとって、一気に下ります。
やくさんが持ってきてくれたメーターをつけているので時速がわかります。
すでに42キロ。。ママチャリなのに。。

ハンドルがふらふらして、ちょっと怖いので、出しすぎないよう注意します。

そして、最初の、のぼり。
カチ、カチ
三段・・・しかないギア。
もうありません。

そして、さらに猛烈な向かい風(ちょっと横ぎみ)が迎え撃ちます。
自転車ごと持っていかれそうです。
が、がんばらなくっちゃ。
とのぼり始めたら、あらぁ???
「よいしょっと」
まわりの皆様のうち、8割くらいの人が自転車を降りて行きます。
「押し」ですよ。押し。

えっ!と驚いている暇はありません。
気をつけないと、前の人がいきなり降り始めました。
わわっ。

ママチャリグランプリは普通のレースとは違うのです。
自転車をスポーツとして楽しむ人ばかりが出ているわけではなく、普段、町でママチャリに乗っているのと同じ感覚で出ている人が多いので、注意が必要です。

横を抜けて、押す人たちをすり抜けながら、えっちらおっちらと上ります。
それにしても、キツイ!

ダンシング・・とんでもない。
ペダルもくっついてないし、できません。

よっこらしょ。どっこいしょ。
そんな感じです。

いくつかの早いチームがすいすいと抜けていきます。

Nanjyakupit 最初の上りをクリアすると、そこには、『軟弱男子専用休憩用ピット』。
一息入れている方たちがいっぱいいます。

一緒に混ざりたいのをぐっとこらえて、先を急ぎます。

そして、次の上りコーナー。
ここでも、続々と「押し」が入ります。

ここからは連続上り。
気がついたら、メーターは時速6キロ。
とほほほ。。。

押しはしてないものの、押しながら走っている人にも抜かれる勢い。

が、がんばらねば。

2周走る余力はないので、1周交代です。

ピットロードに入って、仲間を探します。
いきなり止まる人がいるので、ここも注意が必要です。
「わたりさん、こっちこっちー!!」

>>ちくたくさん、あとはよろしく!

BBQエリアに戻って、作りかけの豚汁に取り掛かります。

Lorisさんのバーナーを使うとあっという間に沸騰するので、ようやく出来上がりが見えてきました。豚肉を入れて、もくもく出るアクをすくって、サトイモも大根も煮あがったので、完成です!
寒さ対策のため、生姜をたっぷり削って入れました。

>>豚汁できましたよー!!

しかし、恐るべし、極寒。
食べている間にも、どんどん豚肉が冷え固まっていきます。
われらがレースクィーン(やくさん家のわんこ)もぶるぶるしています。

さて、レースは?

「今、10位らしいですよ」とイモグラブさん。

ええー!
なんと、そうでしたか。

Dsc_0061 モニタに現時点の順位が刻々と映し出されていて、途中経過がわかるのです。

このあたりから、みんな目の色が変わりました。

「もうちょっとがんばれば、一桁いけるかもしれませんよ」とbicirosaさん。

忘れていたけど、みなさん、勝負師だったんですよね。。。

みんなそこからは、ほとんどピットに入り浸りっぱなし。
BBQエリアには、その後、あんまり帰ってこなくなりました。

Oden

おーい。おでんが煮えたよ~

ふた周り目の番が来たので、コースに戻ります。
寒風と向かい風と戦って、1周して戻ってきました。

豚汁2杯目はキムチを入れたキムチ豚汁。
やくさんご夫婦と、はふはふと食べます。

ヒロさんご夫妻が応援に来てくれました。
寒い中ありがとうございます。

おーい。キムチ豚汁が煮えたよ~

あいかわらず、BBQエリアにはみんな帰ってきません。

そのあとに、お汁粉を用意するつもりでした。
が、、今お鍋に入っているものもはけてないので、これ以上何か作っても撤収のときに苦労しそうです。

ということで、炊き出しはここで終了。
残りを出さないように、お鍋の中身をヒロさんたちにも手伝ってもらい胃袋に入れました。

さて、レースは?

最終走者はbicirosaさんです。
『5・4・3・2・1 終了』
アナウンスが 7:00 7時間経過を告げます。
コースに出ていた選手が戻ってきます。

bicirosaさんのゴールの瞬間を見届けて、レース終了。
結果は、8位でした。

>>やったねー!!おつかれー!!

Mamacya みんな笑顔。
みんなでつかんだ結果です。
健闘をたたえあいます。
チーム戦はやはり、これが楽しい!

こういったイベントに一緒に出てくれる仲間がいて、結果も出て、事故も怪我もなく、みんなで楽しく出られたのもが何よりよかったです。
ご一緒していただいたみなさま、ありがとうございました。

今回、ママチャリGPは初心者だったので、参加してみて、いろいろと攻略法を学びました。

・前のりが基本。よい場所をとるには、前日22時には必着してたい。
・寝袋や毛布、仮眠にはちゃんとしたあったかいものがいる。
・寒さはやっぱり厳しい。足元、指、末端が冷える。
 防寒はしてもしすぎることはない。スキーウェアの人もいたけどある意味正解かも。
・BBQには、火を使う焼き物があるとさらに良い。
 火はやっぱあったかいです。
・フラットバータイプのママチャリのほうが、走りやすいかも。
 上位入賞チームはほとんどこれでした。
・装飾系で勝負するなら、派手に。半端なのはいけません。
・レース中、救急車が結構走ってました。
 怪我する方もいたようです。とにかく安全運転で。

ママチャリでレースをする、この冗談みたいなレースは予想通り寒くて過酷でしたが、お祭りみたいな楽しい自転車イベントでした。

Beicer

|

« 雨と豆大福 | トップページ | 世間様に復帰 »

コメント

ほんと楽しそうですね〜.
8位入賞おめでとうございます!*世界選手権*の8位ですよ(笑)!すごい(冗談抜きで1000チーム中の8位はものすごい記録な気がします).
ロード用のペダルくらい付けたのだと思ってましたが,ホントに素のママチャリだったとは!
PS. 2人目のレースクイーンはwatariさん,てことですね(笑).

投稿: sagano | 2009年1月12日 (月) 04時18分

お疲れ様でした。
違法改造の多かった上位陣の中、どノーマルで立派な成績ですよ。
次回はお汁粉を作りましょ。(え

投稿: loris | 2009年1月12日 (月) 18時12分

お疲れさまでした!
先乗り、炊き出し、ありがとうございました。
軟弱男専用ピットは肝でしたね。

投稿: tictac | 2009年1月13日 (火) 09時09分

更新、お待ちしてました。辛そうなママチャリレースですね。風邪など引かれませませんでしたか?草津、申し込みました。今年こそお会いできますように。

投稿: ささみ | 2009年1月13日 (火) 21時50分

お疲れ様でした。金曜日は超ハードスケジュールだったのですね。。。
お世話になりました。キムチ入り豚汁美味しかったです。
寒かったけど楽しかったで~す。

投稿: やく相方 | 2009年1月14日 (水) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨と豆大福 | トップページ | 世間様に復帰 »